Helena Noguerra "Bang! -dillinger girl and baby face nelson "
随分長ったらしいタイトルですが、これは2006年リリースのHelena Noguerraの4作目アルバム。
タイトルの意味はよくわからんのですが、"Dillinger"とは1934年、アメリカでFBIとの銃撃戦で倒れたギャングの名前らしいです。凶悪犯として名を残しているとか。
このジャケのお二人、指名手配犯の顔写真とも言えなくもない。ちょっとジーナ・ローランズを意識してる?って思っちゃいました。

b0069502_23484862.jpg1. Stop
2. Stranger
3. Share
4. Changes
5. Hit
6. Love
7. Believe
8. Dillinger Girl
9. Move
10. Puke
11. Smile
12. Miss
13. Work
14. Super Believe


全編英語のタイトルと歌詞で歌ってます。1曲目の"Stop"は男性とのデュエットからなるアカペラなんですが、パンチの効いた強烈なボーカル、ドラマチックなサビ展開でこれまでにない野性的なエレナちゃんを見せてくれます。かっこいいです。ハードボイルドです。そしてそれに続く"Stranger"がまるでウェスタン映画の音楽みたいで、まさに気分はアリゾナ?
私のお気に入りは "Share" と" Believe"。アコースティック・ギターだけのシンプルな背景に映えるクールで乾いた声がたまりません。エレナちゃんの声といえば、ハスキーでありながらもウエット感のあるボーカルなんですが、本作品ではやや高めでドライな感じがしました。編集でも声を全面に出していますね。荒野に佇む女の色香とでも言いましょうか、エレナちゃんは極めてクールでワイルドなのに、それによってより一層、彼女の女性性というものが強調されている感じなのです。そうかと思えば、"Smile"では珍しくドスの効いた年増女のような歌唱を披露して、ちょいワル女風?
b0069502_20474578.jpg
"Changes"のビデオクリップ。
Daily Motion HELENA NOGUERRA - CHANGES

ヨーロッパ女であるはずの彼女が英語で歌い、アメリカのロード・ムーヴィ的なイメージになってます。エレナちゃん自身も映画の中のキャラクターのように、このアルバムの中で与えられた役どころを楽しんでいるという感じ。結局、イイ女は何をやっても様になるということでしょうか?

ところで、ほぼ全編彼女とコラボしている、この謎のスキンヘッド男性は誰なのでしょ?なかなか渋い味出してますね。
b0069502_20482573.jpg
彼の正体は Federico Pellegrini というミュージシャン。
The Little Rabbits という英語で歌うフランスのバンドのギターリストなのだそうです。そして、エレナちゃんの元パートナー、カトリーヌのバックで演奏していたそうなので、その繋がりらしいです。(ワンダー獅子狗さん情報
このバンド、どうやら今は活動してないみたいなのですが(どこかのブログで英語で書いてた)、フレデリックさんはヴァネッサ・パラディの映画『エイリアンVSヴァネッサ・パラディ』で音楽担当をしていたそうです。
b0069502_2052374.jpg

b0069502_20525511.jpg歌手であり女優でもある他に作家として執筆活動もしているエレナちゃん。これまでに小説2作を発表しています。その中で新しい方の 「Et je me suis mis a table」はRimbeauさん情報 によると、心理描写などが非常に難解で読み辛かったそうなんですが、体重130kgのヒロインが家族を殺し、最後に自分も死んでしまうというショッキングな内容なのだそうで。華やかなイメージの彼女がそんな救いようのないお話を書く、というギャップに惹かれて、amazon.frで、8月末に解禁となるミレーヌの"Point de suture"と一緒にポチッとオーダーしてしまいました。
何年も前に購入したアメリ・ノトンのペーパーバックだって途中で放置してるのに。ミレーヌの謎の絵本も最初のところしかページをめくってないのに。どうするんだ、私?
とは言え、ミレーヌと一緒に手元に届くのが楽しみであります。
[PR]
by marikzio | 2008-08-07 20:49 | French Music | Comments(2)
Commented by Rimbeau at 2008-08-08 06:21 x
marikzioさん、こんにちは。

LNAな日々ですねぇ~♪
なんだかウレしいです!

ところで例の本、ポチったのですね!!!
ホント難しかったワ。
1作目の途中まで読んでるんですが、こちらも難解。
こちらはセクシィーなフレーズがずらずら。。。

そういえば、ミレ様の絵本はよくわかんなくて最後まで読みきれませんでした。

LNAちゃんってアルバムごとにいろんな面を見せてくれますよね。
私はボッサな面とヴァニラな面が好きです♪
Commented by marikzio at 2008-08-08 10:12
Rimbeauさん、梵ずぅ~る♪
そう、LNA 2連発やってみちゃいました。ボッサやヴァニラなエレナも好きですが、インディーな彼女もニクいです。次回作はどう出るのでしょ?

そうニャの、例の本、ポチしてしまったワン。
1作目は「お家で憂鬱」という感じなのでせうか。それにしても前作にも手をつけてしまうなんて、お主も虜になってますのぅ。
<< 柳に罪はないけれど... Helena Noguerra... >>


marikzio=mahのブログにようこそ。私の好きな音楽や映画を紹介しています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ブログパーツ
最新のコメント
通りすがりです。 ペイ..
by 通りすがり at 23:57
https://www...
by Two-Tribes at 01:02
https://www...
by Two-Tribes at 23:51
シリーズ恋物語 「エロス..
by りゅう at 16:21
就小说艺术的角度而言,这..
by 安全套 at 01:47
I like the h..
by Cheap Snapbacks at 07:20
Hi there ver..
by Louis Vuit at 13:44
It¡¦s in poi..
by Pandora Charms at 17:50
millefeuille..
by marikzio at 14:01
あけましておめでとうござ..
by millefeuille at 20:50
☆Link☆
タグ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧