斜陽館
多忙のため、長らくブログ更新が滞っていました。
そろそろペースを取り戻そうと思ってますが、お休みしている間に記事を書く筋肉(?)が衰えてしまってリハビリが必要です。
と、いうわけで、久々の投稿はユルめにウォーミングアップ。五所川原市金木町の観光名所、斜陽館を取り上げてみたいと思います。
b0069502_23343792.jpg

b0069502_2343349.jpg斜陽館とは、昭和を代表する文学者、太宰治の生家。純和風な建築様式の斜陽館を取り囲む煉瓦の城壁(?)。
衆議院議員であった太宰の父親、津島源右衛門は当時、地元で一番の名士。彼は明治40年6月、階下11室278坪、2階8室116坪、という大豪邸を金木町の中心に建てました。
「この父はひどく大きい家を建てたものだ。風情も何もない、ただ大きいのである」
『苦悩の年鑑』の中で太宰はこの巨大な家をこんなふうに語っています。
太宰治こと本名、津島修治はこの家で生まれ、少年時代をここで過ごしました。いかにも当時の田舎の裕福な家にありがちな、重苦しく威圧するような構え、ただっ広い屋敷の中で彼は何を見ていたのでしょうか?

b0069502_0103238.jpg
板間。ここで食事の準備がされていたのでしょうか?
ここからすぐに倉へと続いています。何と言っても倉は金持ちの象徴だったのですね。

b0069502_0123696.jpg
二階へと続く踊り場。いきなり洋風です。
当時は部分的に洋風建築を取り入れる和洋折衷な様式が流行ったのでしょうか。大正モダン、という感じです。
b0069502_0171910.jpg
二階の窓から見下ろす中庭。専属の庭師さんなんかもいたのでしょうね。

ここで2階の様子をムービーで撮影して見ました。洋間と和室が混在してます。
BGMがおフレンチのバンジャマン・ビオレーで日本男児の太宰とミスマッチなようですが、彼は『人間失格』という作品を残したり、4回も自殺に挑戦したりと超ネガティブ人間でしたので、"Négatif"という曲を選んでみました。(ほんとは単に私の好み)
「撰ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」という一節はヴェルレーヌの作品からの引用であり、生前の太宰が最も好んで口にしていたものなのだそうです。さすが、ナルシズムの権化である彼。勝手に憂いまくっております。



b0069502_041165.jpg「斜陽」とは勢威・富貴などが衰亡に向かっていくこと。
この言葉のとおり、こんな豪邸で暮らした津島家の財政は次第に傾いて行き、彼はその没落して行く様を小説「斜陽」で記しています。(と、言っても読んでないので、詳しいことはわからん)
彼の死後、この家は津島家の手を離れ、「斜陽館」として一般客が利用出来る旅館に転身。しかし、平成8年には旧金木町が買い取り、町の施設となりますが、現在はみちのく銀行の所有。ご主人なき後、こんなふうに所在が転々とし続けている斜陽館でありますが、100年の歳月を超えてなお、当時の姿を残されていることは素晴らしいことだと思います。

b0069502_0293256.jpg
...というわけで、「marikzioによる、斜陽館の旅」いかがでしたでしょうか?
いよいよヴァカンス・シーズンもこれからが本番ですが、皆様も素敵な夏をお迎えください。
[PR]
by marikzio | 2008-07-26 00:09 | n'importe quio! | Comments(2)
Commented by monami at 2008-07-28 23:42 x
marikzioさん、こんばんは~。
動画楽しませていただきました♪
建物好きとしましては、「自分の部屋にするなら…」などと妄想しつつ
渡辺篤史のごとく、ほおお~と唸りながら拝見しました。
Commented by marikzio at 2008-07-29 20:01
monamiさん、お久しぶりぶりっ♪
marikzioのお家探方、楽しんで頂けたようで何よりです。この家ほどではないですが、地方の農家の家って、新興住宅に較べたらどこも武家屋敷並みに大きいですよ。
斜陽館が旅館だった時は友人も泊まったことがあるそうですが、私は広すぎて何だかくつろげそうにないです...。
<< -LA TOURNEUSE D... TOMER G による &qu... >>


marikzio=mahのブログにようこそ。私の好きな音楽や映画を紹介しています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ブログパーツ
最新のコメント
通りすがりです。 ペイ..
by 通りすがり at 23:57
https://www...
by Two-Tribes at 01:02
https://www...
by Two-Tribes at 23:51
シリーズ恋物語 「エロス..
by りゅう at 16:21
就小说艺术的角度而言,这..
by 安全套 at 01:47
I like the h..
by Cheap Snapbacks at 07:20
Hi there ver..
by Louis Vuit at 13:44
It¡¦s in poi..
by Pandora Charms at 17:50
millefeuille..
by marikzio at 14:01
あけましておめでとうござ..
by millefeuille at 20:50
☆Link☆
タグ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧