遂に活動開始! -Mylene Farmer-
2004年12月、ヴァリエテ・フランセーズ界の大御所中の大御所、ミレーヌ・ファルメールが2005年の3月に新作アルバム"Avant que L'ombre''をリリースすると発表。(あれ?『リリース』って「発表」という意味だよね?)
そして、第1弾シングル"Aime''がアルバムに先行して発売される予定だそうです。

b0069502_218336.jpgミレーヌ・ファルメールはデビューから20年近く経った現在もフランスの音楽シーンの中で女王の座に君臨し続けている国民的大スター。
突き抜けるようなハイトーン・ボイス(単に裏声とも言いますが)が特徴。主にローラン・ブトナが紡ぎ出す甘美で神秘的なメロディに、自作の詞をのせて歌っていますが、最近は作曲も手がけています。
彼女が表現する歌はダークでエロチックで時に倒錯っぽかったりするのですが、その暗さには心を浄化するような何かがあります。暗いんだけど、骨の髄まで浸かってしまうようなミレーヌ&ブトナ・ワールド。彼らの音楽をプログレだと言う人もいるほどです。


ミレーヌは"innamorament''(1999)以来、オリジナル・アルバムは出していませんでした。アリゼちゃんを発掘してプロデュースしたり、ベスト盤やリミックス・アルバムのリリース、自作の小説出版などもありましたが、やはり一番ファンが待ち焦がれていたのは新作アルバムとツアー開始のニュースでしょう。
そして待ちに待った新作アルバム&新曲がまだ出回ってもいないのに、2006年の1月にツアー「Avant Que L'ombre」がパリの巨大スタジアム、Bercyで行われることが決定しており、何とチケットも12月中から発売されてしまいました。
b0069502_22104682.jpg
まだ年も明けないうちから再来年のチケットを売り出すなんて、よっぽど自信があるんでしょうね。これではコンサートに行くという実感すら湧かないのに、気持ちだけが焦ってしまいます。この作戦にまんまとハマって、marikzio、チケットを買ってしまいました!購入したミレチケは初日の1月13日。夢にまでみたミレーヌの生ライヴです。

b0069502_22411589.jpg私がミレーヌ・ファルメールという歌手の存在を知ったのは大学生の時。出会いはなんと弘前市立図書館!CDを聴くことができるオーディオ・コーナーがあって、そこでミレーヌの"L'autre''を何とはなしに手に取りました。
1曲目のイントロで雷に打たれたような衝撃が体を走りました。「私はこういう音楽を求めていたのでは?」こんなふうに確信したことを憶えています。
「ミレーヌ・ファルメールって一体誰?」もう私の頭の中は彼女の音楽でいっぱい。
次の日、駅前のレンタル屋に行きました。"L'autre''、そして"ainsi soit je''を見つけることができました。この"ainsi soit je''の出来がまた、信じられないくらいに素晴らしい。
「聴けば聴くほど私はこの人にのめり込んでいくみたい」心の底から私はそう思いました。
当時はインターネットもなかったし、ミレーヌに関する情報をほとんど得ることもなく、身近にミレーヌ・ファルメールのことを話せる人もいませんでした。(今でもそうなんですが。私は青森県ではただ一人のミレーヌファンではないかと未だにそういう気がしています)
それでもフランス本国では彼女はカリスマ的存在であること、そしてまさに短編映画
と呼べるほどお金がかかってそうな凝りに凝ったヴィデオ・クリップでも有名だということは聞いていました。日本盤のビデオが出ていることも知っていて、是非とも見てみたいと思いましたが、レコード店でそれを見つけることはありませんでした。

そうやって月日ばかりが流れて行ったのですが、私もインターネットを利用するようになって、ある日、日本のミレーヌ・ファンよるサイトを見つけてしまいました。
-N-さんが運営するHP。確か、当時は「Japanese Mylene Fan」とか言うサイト名だったと思うのですが、現在は「Filament de Lune ~MYLENE FARMER~」というサイト名で活動されています。そこには全国からミレーヌ・ファンがたくさん集まってきて中身の濃い情報交換がされていました。私はうれしくなって、BBSに書き込みするようになりました。

b0069502_23212659.jpgそうしているうちに過去や最近のビデオ・クリップが収録されているDVDが発売されていること、そしてライヴDVDも入手することができるという情報も得ることができました。日本盤のDVDとヨーロッパ盤のDVDはリージョンコードは同じ2ですが、NTSCとPALという規格の違いがあるので、普通のDVDプレーヤーでは見ることができません。しかし、NTSCにもPALにも対応している日本のメーカーの機種もある、という紹介もされていて、長年の夢だったミレーヌ映像に出会うことができました。

b0069502_2329768.jpgしかし、ヴィデオ・クリップ以上にライヴが本当に鳥肌が立つくらい衝撃を受けます。"LIVE A BERCY''と"MYLENIUM TOUR''は何度も何度も何度も繰り返し見たのに、見る度にその素晴らしさを発見してしまうほど。こんなステージを一度でいいからこの目で見たいと思っていました。
まさに、宇宙飛行士になるとか億万長者と結婚するとか実現しそうにない夢を漠然と抱いていたような状態だったのが急に現実味を帯びてしまいました。
実は来年度の職場の年間行事予定表を見たら、1月13日に限って微妙な日であることがわかりました。(汗)それ前後なら大丈夫なのに。ここで詳しく説明することはできませんが。
しかし、これが最初で最後ではと思われるチャンス、やっと手にすることができたのですから何とか無駄になることがありませんように!

MYLENE FARMER 公式サイト 
-N-さんの運営するサイト「Filament de Lune ~MYLENE FARMER~」
[PR]
by marikzio | 2005-01-06 23:07 | Mylene Farmer | Comments(6)
Commented by image2004 at 2005-01-07 11:33
おお~ なんか異国の香りがして良いなぁ・・・。
marikzioさん、昨日はご訪問ありがとうございました。
30日には岩木山、春には弘前へ撮影に出かけます。
また覗きにいらしてね?         
                           isaotti
Commented by marikzio at 2005-01-07 15:36
isaottiさん、こちらこそご訪問ありがとうございます。
外国かぶれのワタクシでございますが、岩木山や春の弘前の写真、楽しみにしております。ふるさと再発見!?
またお伺いいたします。
Commented by -N- at 2005-01-07 20:13 x
marikzioさん、熱過ぎ!! (ToT)←嬉し泣き
もう心の中では勝手に兄弟の契りを交わしています(笑)。自分も動くミレーヌに辿り着くには難儀しました。同じくビデオクリップ以上にライブは何度も何度も観ています。やっぱり趣味で共感出来るって良いですね。そして反応出来るBlogも素晴らしい。先の話ですが帰還報告心待ちにしています。まだ出ていない新曲の他にどんな曲をやるか考えるだけでもワクワクします。きっとC'est Une Belle Journeeのダンス、生で観れるのでしょうね。いいなぁ〜。

Aimeのシングルを買うにあたり、Blogを拝見してエレーヌ・セガラのベストも注文しようと思ってます。チャリティーコンサートのエレーヌの歌いっぷりと以前のmarikzioさんの書込みを読みずっと気になっていたのです。長くなりましたが、うちのHPまで紹介して頂きありがとうございます。では。
Commented by marikzio at 2005-01-07 22:36
見れたとしても、親指ぐらいの大きさなんでしょうね。スタジアム級の会場は経験したことないので、ピンと来ないです。
生ミレーヌそのものを見ると言うより、会場の熱気を浴びに行く、と言うほうが正しいのかも知れません。
セガラのベスト盤、いいですよ。ノートル・ダムのテーマ曲とか他者とのコラボレートとかおいしい所を詰め込んでると思います。
Commented by anche-io at 2005-01-12 01:57
これ読んでから、私の頭の中では"親指ミレーヌ・ファルメール"になっちゃいましたよ〜(^◇^;)。
でも親指はでかいです。ホントに豆くらいだと思ってた方が良いと思いました。私がマイケル・ジャクソンとか、セリエAを観た時は、みんな豆でしたもの。
Commented by marikzio at 2005-01-12 17:00
しぇ〜っ!親指どころか豆粒ぐらいにしか見えないなんて。(TOT)
これじゃ、数日前から張り込んで『かぶりつき最前列』を狙うしかないわっ!(体壊すし、危ないってば)
やはり、DVDの中で前列を陣取っていたニューハーフ風味なお兄さん達をかき分けてまで前に行く勇気はありません。

しかし、マイケル・ジャクソンを観に行ったとは知りませんでした。
<< ニューヨーカーの足、メトロ Museum Of Sex >>


marikzio=mahのブログにようこそ。私の好きな音楽や映画を紹介しています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ブログパーツ
最新のコメント
通りすがりです。 ペイ..
by 通りすがり at 23:57
https://www...
by Two-Tribes at 01:02
https://www...
by Two-Tribes at 23:51
シリーズ恋物語 「エロス..
by りゅう at 16:21
就小说艺术的角度而言,这..
by 安全套 at 01:47
I like the h..
by Cheap Snapbacks at 07:20
Hi there ver..
by Louis Vuit at 13:44
It¡¦s in poi..
by Pandora Charms at 17:50
millefeuille..
by marikzio at 14:01
あけましておめでとうござ..
by millefeuille at 20:50
☆Link☆
タグ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧