地震のこと、原発のこと
2011年3月11日、14時46分に北日本、特に北陸沿岸地域を襲った東北地方太平洋沖地震から早2ヶ月が経とうとしています。
日本国内観測史上最大とも言われる地震の規模に加え、町ごと呑み込んで民家を押し流す津波の地獄絵図のような光景、そして、未だに収束を見ない福島第一原発での爆発事故...。
多くの方々が命を奪われ、多くの人々が家や家族や友人やペットや愛するものを失い、未だに先が見えない状況。真っ暗闇のトンネルの中を手探り状態で進むしかない状況には心が痛みますが、今の自分に何ができるでしょうか?
地震直後、東北地方で大地震が起こった、ということで、「marikzioさんのところは大丈夫ですか?」というメールを何件か頂きました。心配してくださって、有り難いことです。
ツィッターを通して、ちょこちょこ報告はしていたものの、ブログとしては、何をどう書いたらいいのかわからず、しばらく放置状態にしてしまいました...。
地震があってから、1ヶ月くらいは私の気持ちもふさぎ込んで、あらゆる面で停滞していたような気がします。GWを迎えた時期になって、ようやく以前のペースが戻りつつあるような。
しかし、時間が経っても災害が残した爪痕は未だに生々しく、海岸に残る瓦礫の山を取り除くのに、3年はかかりそうだとも言われています。それどころか、風評被害や経済の停滞など、地震の被害がさほど大きくなかった地域にも影響を及ぼし続けています。現に、青森では災害の余波で地元の百貨店が突如、閉店に追い込まれました。
地震と津波に続く、今回の原発事故。一部では水素爆発ではなく、核爆発だったのでは?という声もありますが、放射性物質という目には見えない存在のものが、じわじわと我々国民を脅かし続けています。
結局は、「もう以前のような平和で豊かな日本には戻れないのかも?」そういう思いを日々実感している毎日です。
この大地震、津波で尊い命を犠牲にされた方、ほんとうに怖かっただろうし、無念だったろうと思います。一時も早くその魂が癒されますように。
また、今も物資が充分とは言えない環境で避難生活を続けている被災者の方々、健康を損なうことなく、1日も早く笑顔と生活を取り戻すことができますように、祈り続けたいと思います。そして、可能な範囲での義援金寄付にも御協力させて頂きます。


地震発生時、私は職場にいました。職場の建物はかなりしっかり目に耐震構造になっているので、身の危険を感じるほどの揺れはなかったのですが、メダカの水槽の水が結構激しく揺れていたし、時間も長かったです。しかし、その場ですぐに停電。停電なので、テレビもつけられないし、インターネットのサーバーも止まってしまったので、何が起こったのか確認も出来ません。すぐ母に電話してみましたが、回線が混み合ってつながらない。
結局、仕事にならない、ということで定時より早い帰宅となりましたが、車の中のワンセグテレビは事の深刻さを伝えるレポーターや、映画の特撮シーンみたいな津波の映像が流れっぱなし。
「今、この国ではとんでもない事が起こってるんだなぁ」と思いつつも、「今夜は寒くて真っ暗闇の中で過ごさなければいけない」という事以外は、非常事態が起こっている、という実感が沸きませんでした。

幸い、停電は次の日の夕方前には回復しましたが、ガソリンスタンドがどこ行ってもクローズしている状況には参りました。停電した日、自分の愛車には半分ほどガソリンが入っていたし、停電も長くは続かないだろうから、そんな慌てることもないだろう、という認識は後で泣かされました。
電気は回復しても、道路が破壊されてしまったので、ガソリンやその他の物資が運ばれるルートが全てシャットアウト。運良く営業してるスタンドを見つけても、そこは万里の長城並みの長蛇の列で(並んでるから営業していることがわかる)、何十分も待たされても売ってくれるのは10リットル。それでも、10リットル入っただけで、2、3日は持つんですから、充分有り難かったです。10リットルでも、20リットルでも、とその1週間はガソリン補充に奔走しました。とある場所で2時間近く待って、満タンでいいですよ、と言われた時は従業員さんが天使に見えました!


震災以来、備蓄を意識するようになったのは言うまでもありません。
食糧も生活用品も、これまではほとんど買い置きはしませんでしたが、パスタ、レトルト、インスタントラーメン、缶詰、ミネラルウォーターの2リットル、トイレットペーパーや生理用品などは、毎回少しずつ買い足してやや多めにストックするようにしています。(買い占めは迷惑なので)
今まで飲んだことすらなかった青汁まで取り寄せてしまいました。野菜や果物は備蓄が効かないし、また何かあって手に入りずらくなった時に、青汁があれば、食物繊維とビタミンを補給することができます。
ガソリンも、半分くらいになったら、早めに入れるようにしてます。


地震直後の政府の発表では、「原発関連の施設では、特に事故の報告はないのでご安心ください」と言っていたのに、ほどなくして福島第一原発で爆発があったことが発覚。衝撃で外壁がなくなるほどの大事故で、世界中のメディアが「チェルノブイリ並みの原発事故か?」と報道。
しかし、日本政府は暫定評価をレベル4と発表。しかし、原子炉内で漏水など様々なトラブルが発生し、放射性物質で汚染された水を海外諸国の許可も得ずに勝手に海水に流し、国際的にも顰蹙を買いました。そして、1ヶ月ほど経ってから「実は最悪のレベル7だった」と発表。
事故が起こった直後に米国や仏国の専門的な技術機関から救いの手がさしのべられたのに、日本はそれを拒否。「原発を辞めること」が交換条件として出されたから、今の段階では即決出来なかった、というのが理由みたいになっていましたが、事故がかなり重篤であったのがバレバレになってしまうのを避けたかったのでしょうか?

六カ所の原然、下北の東通原発、そして現在建設中の大間原発と、県内に3つも原発関連施設を構えている青森県にいながら、私は原子力について全くの無知で、今の今まで関心すら持ったことがありませんでした、恥ずかしながら。もちろん、原子力がいかに危険なものかは百も承知ですし、20数年前、核然が導入されることになった時は反対派でした。
でも、どんなに県民が反対運動を展開したって、地元の村民が結局受け入れてしまった。なんで???と思いましたよ。当時、私も幼かったので、大人の事情はわかりませんでした。
原然が来れば、地域の雇用促進になるし、かなりの額の補助金が入ること。町がそれで潤うこと。しかも、テレビには原子力がいかにクリーンで効率のいいエネルギーか、我々は絶対的に安全を約束します、というPRキャンペーンが流れだし、「確かに怖いけど、頑丈に守られている以上、自分達にふりかかってくる事はないし、それに日本は資源がないし、石油石炭は限りがあるし、地球温暖化のことを考えたら、これはこれで仕方がないんだろうなぁ」ぐらいに思うようになりました。結局、原子力は必要不可欠、と洗脳されて行ったのだと思います。
もちろん、『原然』、『原発』と聞けば、心にモヤモヤしたものがよぎります。でも、そのモヤモヤを直視しようとはしなかった。それは、「癌に罹ってるかもしれないけど、精密検査を受けて宣告されるのが怖いから、ずっと放置している」人のような心境に似ています。真実を知るのが怖かったんでしょうね、心のどこかで。

福島原発の事故直後、このサイトを紹介しているところがあって、初めて、原発がどういうものなのかを知れました。私はとてもショックでした。
皆さんの中には、もう読まれた方もいらっしゃるかも知れませんし、今回の事で、もう何十年にもわたって隠蔽されていたことが徐々に明るみになっているので、今更驚かれないかも知れません。
この手記は20年間に渡って原発現場で働いて来た元技術者さんが、10年以上も前に書かれたものです。古いものと言えど、現状は今もさほど変わっていなかったかも知れません。この方は97年に癌で他界されています。


『原発がどんなものか知って欲しい』

「原発のことはよくわからんから、専門家におまかせしよう」
私もそう考えて来たうちの一人です。でも、原発関係者や電力会社、そして政府はあまりにも多くのことを隠して来て、「日本の技術は高いから絶対に安全」と国民を思いこませて来ました。
過剰に不安を抱いて恐れたりするのもよくないですが、はっきり言って、政府やマスコミの言うことはあまり鵜呑みにできないなぁ、というのが私の今の認識です。


私はこのブログを毎日チェックしています。

武田邦彦(中部大学)さんのブログ


そうそう、体内に取り込んでしまった放射性物質の毒素をなるべく早く体外に出してあげるには、玄米、豆、豆製品、味噌、コンブなどの海草類、塩などが言いそうですよ。あと、麹とか。
お砂糖はダメだそうですので、甘いものは控えてくださいね~。
[PR]
by marikzio | 2011-05-06 11:58 | Comments(4)
Commented by millefeuille at 2011-05-07 20:43 x
marikizioさんこんにちは。
ブログ更新されるの待ってましたよ~!!

Commented by marikzio at 2011-05-11 10:56
millefeuille さん、お待ち頂きましてありがとうございます。
なかなか暇ではないので、完全復活、とまではいきませんが、ぼちぼち書いて行きたいと思います。
Commented by Koto at 2011-05-14 20:44 x
marikizioさん、こんばんは。
まだまだ不安な日々で被災された方、現地で活動される方々の大変さを思うと心が沈みます。でも経済を回す為にも少しずつ好きなことにも没頭していきましょうね。
Depeの記事見逃していましたが、私も大好きです。おととしロンドンに行く時期にデイヴがガンだと知ってライブに行きたいと思ったのですが叶わず、でも手術成功した様で良かったです。アランがチャリティで一曲参加した動画を観てウルウルしてしまいました。私も「Strange love」好きですよ(´∀`*)MVではみんなで仲良く笑っていたのになぁ。
では、日本の復興・原発問題の終息を願って…
Commented by marikzio at 2011-05-15 22:27
kotoさん、コメントありがとうございます。
もう2ヶ月経ちましたが、未だに「いつ地震が来るか?」と言う恐怖心はあります。食中毒のニュースにも驚かされ、これまでの価値観では通用しないなーという漠然とした思いもあります。
でも、何でもないことに夢中になったり、何処かにバカンスに行くことも大切ですよね。

最近、無性にライアンが聴きたくなって、地味に聴き込んでます。ロイヤルウェディングも素敵だったし、そろそろロンドン行きたいかも~!
<< Scissor Sisters... 最近ちょっと気になった Cla... >>


marikzio=mahのブログにようこそ。私の好きな音楽や映画を紹介しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
最新のコメント
通りすがりです。 ペイ..
by 通りすがり at 23:57
https://www...
by Two-Tribes at 01:02
https://www...
by Two-Tribes at 23:51
シリーズ恋物語 「エロス..
by りゅう at 16:21
就小说艺术的角度而言,这..
by 安全套 at 01:47
I like the h..
by Cheap Snapbacks at 07:20
Hi there ver..
by Louis Vuit at 13:44
It¡¦s in poi..
by Pandora Charms at 17:50
millefeuille..
by marikzio at 14:01
あけましておめでとうござ..
by millefeuille at 20:50
☆Link☆
タグ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧