タグ:iPod ( 5 ) タグの人気記事

新しい仲間を紹介します
今週もあっと言う間に木曜日になってしまいました。
私は書きたいブログネタがあるにもかかわらず、銀座で衝動買いしたMacBook&iPodのカスタマイズのため2、3日を費やしてしまいました。
新しいMac&iPodを買った目的の一つは「iPodで映画を見ること」。
昨年OSをアップグレードまでしてiTunesでダウンロードしたTiziano FerroのビデオやミレーヌのライブDVDをiPodに入れて持ち歩きたい!!!
別に、わざわざあんな小さな画面で見ることないじゃないか、と言われそうだけど、動画iPodって使い方によっては、いろんな楽しみ方ができそうだし、なんだかんだ言いながら私の中のオタクの血が騒いでしまうものなのです。

と言うわけで、慣れない機種に悪戦苦闘しながらも、ミレーヌ・ファルメールの"Avant Que L'Ombre... A Bercy"をiTunesに取り込むことに成功しました。←これって、あまり大っぴらに言ってはいけないことらしいんですけどね。(汗)
圧縮ファイルのmp4、思ったより画質や音の質が良くてびっくりです。


今回はPowerBook G4からMacBookにシフトしてみましたが、パソコンって日々進化してるので、このクラスでも全く遜色ないです。
以前、貝殻型のiBookがあまりにも可愛い過ぎて、「女子大生が論文書くために使う」的イメージが強くて抵抗があり、割高なPowerBookを買った自分。
PowerBookを買った理由にドラマ『Sex and The city』のキャリー・ブラッドショーがPowerBook G3で原稿を書く姿に憧れたというのもあります。
b0069502_1839878.jpg
「こんな美しいパソコンがあるなんて!」
スタイリッシュな黒いボディに白く浮かび上がるappleのマークにやられました。マックユーザーって少数派なはずなのに、マックは見た目がいいからドラマや映画の小道具としてよく登場してましたね。
"SATC"は過激でカッコいいヒロイン達の生き様がテーマだったから、斬新さと繊細さを併せ持ったPowerBook G3はキャリー・ブラッドショーという登場人物を的確に象徴していたと思います。
MacBookには、その昔のモデルを彷彿とさせる強力黒タイプもありますが、今の自分の気分はシロなので、黒マックは選びませんでした。ま、正直グレードの高いパソコンを買っても2、3年もすれば時代遅れになる、という理由の方が大きいんですけどね。
[PR]
by marikzio | 2007-04-12 20:17 | n'importe quio! | Comments(5)

私のiPod第三世代モデル
先日、東京に行った目的の一つに「iPodのバッテリー交換をしてもらう」というのがありました。
2004年のGW、銀座のMacで初めてのiPodを購入した時に、Apple Care Protectionplan(保険)も同時に購入したのですが、その理由は「2年以内なら16,000円のバッテリー交換を無料でカバーしてもらえる」ことになっていたからなのです。私が買ったモデルはバッテリー駆動時間が8時間。通勤で使うこともなく、それほどヘビーユーザーでもないので、バッテリーの消耗はそれほど激しくはないのですが、確か7千円くらいもしたApple Care もあと一ヶ月で期限切れ、有効に使わないと勿体ない!!ということで銀座までのこのこ出かけて行くことにしました。
それに、ヴィデオやデジカメで取った写真が見れる新世代モデルも気になっていたので、直接この目で見てみたかったのです。

第5世代モデルが発表になったのは2005年の秋。朝のテレビである年配のジャーナリストの方が購入されていて、「これはディスプレイで映像を見ることができるんですよ。テレビ番組を録画したものだって、そのうち持ち歩けるようになるんじゃないかな。」とコメントしたのに対し、隣にいたデーブ・スペクターさんが「こんな小さな画面に泉ピン子の顔が」と茶々を入れていました。今までのiPodは白オンリーだった(miniは別として)のに対し、黒まで登場して新鮮だなぁと思ったものです。

ちなみに私が持っている第三世代モデルは、中央のホイールの上に4つのタッチセンサー式のボタンがあるタイプです。
このモデルで初めてMac、Windows両方対応になったそうで、Dockコネクタ導入など画期的な変化のあった世代です。バックライト点灯時には写真のように4つのボタンがオレンジ色に光るのが特徴。これは他のモデルにはないので、コレクターの間では貴重とされているモデルだそうです。
b0069502_14194156.jpg


いざ、銀座に到着してアップル・ストアに行ってみると1階のロビーでは最新式のiPodたちがお出迎え。より小さく、より軽く、液晶画面もきれいで驚きました。なんと言っても驚きなのはこの薄さ!!!バッテリー駆動時間が20時間だなんて、自分が今日持ってきたiPodはすっかりアンティークなんだ〜としみじみ実感。
展示されている新型iPodを横目にジ二アスバーのある2階へと向かう。1年ぶりに来てみたら、一般用とiPod用のバーに別れてたんですね。
バーにいる人にApple Careの有効期間が近づいているので、バッテリー交換をして欲しい旨を伝えると、「本来の駆動時間の半分以下になっていないとお取り換えできない」と言われました。もちろん、それはわかってるけどさー、でも、2年も経てばさすがに劣化してるものなんだから、ダメモトで来たのです。そしたら、「こちらの方でバッテリーがどれくらい消耗してるか調査したうえでお取り換えいたします。なので、何日かください。」と言うので、自分は青森から来てるので、郵送してもらえますか?と聞きました。
すると、遠方から来ている、という理由であっさり、その場で交換してもらえました。
バッテリー交換って、本体を解体して中身を取り換えるのだと思っていたのですが、なんとiPodそのものを回収して新品と交換されたのです。
今まで2年近く愛用していた私のiPodちゃんと突然お別れすることになってちょっと寂しかったです。数日したら中身を取り換えた本体が郵送されて来るものとばかり思ってたのに、古い本体のデータは目の前で消去され、まっさらなiPodが手渡されました。「不都合な点がございましたら、90日までにご連絡ください。」と書かれた保証書と一緒に。
なんだか新品を買った気分。旧式モデルのままだったけれど。もう販売されていないハズなのに、よく在庫があったものです。

目的が果たせたところで、再び1階へ。
新型iPodをじーっと眺めたあと、近くにいた女の店員さんを呼びました。
「これはiTunesストアで購入したPV映像しか見れないんですか?」
「そうです。よくDVDのデータを転送できるのか?と聞かれるんですけど、権利の関係もあるので、これについては何とも言えません。」
「テレビ番組をこれに録画できるんですか?」
この問いについての答えは自分で聞いておきながら忘れちゃいました。iTunesに取り込んだものしか転送できないので云々、と言っていたような。自分で製作した映画なんかは見れますよ、と説明していましたが、別に自作の映画を創るようなことをしていないので、自分には無意味だと思いました。
う〜ん。映像が見れると言っても、iTunesストアで購入したものしか見れないし、それってPCでも見れるわけだしね。わざわざ持ち歩いてまで見たいとは思わない。デジカメで撮った写真についても同じ。
映画とか見れるんだったら、買う価値あるかニャーと思ったんだけど、iPodの命って多量の音楽データを持ち歩いて、どこでも聞けることなんだから、映像を見るために、わざわざ新モデルを買うまでのこともないような。
もちろん、iPod買うの初めてとか、古いiPodが壊れてしまって、とか言うんならこのモデルは"買い"だと思うけど。新品に取り換えてもらったばかりの私にはあまり有り難みがないな、と判断してお店をあとにしたのでした。

フフフ...、私も少しは大人になったものね。
[PR]
by marikzio | 2006-04-21 15:11 | n'importe quio! | Comments(0)

iPod イヤホン壊れた!?
休日の朝、布団の中でiPod(shuffleではない)でゆっくり音楽を聴こうと思ったのに、音がなんか変...。
一部の高い音が聞こえないのです。ボーカルの声が消えてしまって、カラオケ状態。昨日までは全然大丈夫だったのに。昨年の5月に購入し、ほぼ1年にして、iPodが壊れてしもぉた???

よ〜く確認してみると、どうやらiPod本体ではなくて、イヤホンコードに問題があるようです。
コードを動かして見ると、聞こえたり聞こえなかったりしました。
正確にはイヤホンコードと言うより、本体の根元からリモコン部分にかけてのケーブルです。リモコンを外して、イヤホンを直接本体につないだら、きれいに聞こえました。

保証期間は1年間だし、更に私はアップルケア・プロテクトプランに入っているので、Apple電話サポートに連絡すれば、新しいリモコン・ケーブルと交換してもらえる権利があります。と、言うわけで電話してみました。

月曜日のPM6:30にコールしたのですが、「現在、大変混雑しておりますので、順番におつなぎしています。そのままでお待ちください。」と言われて待つこと延々40分。それでも、つながることはなく、とうとう切ってしまいました。
「受付時間がPM7:00までだったから、特別込み合う時間帯だったのかも知れない。」と思い、次の日のPM3:00にかけてみました。
ところが...出ない!!!
昨日のように「そのままでお待ちください。」と言われるだけです。
と、言うわけで今日はAM9:40頃に電話してみました。
「ただいま、大変混雑しております。」

なぁにぃい〜!!!!これじゃいつまでたっても連絡できないじゃんか〜!!!(▼▼メ)
と、言うわけで銀座直営店にでも持っていかない限り対応してもらえそうにありません。

一応電話口をデスクトップ、ノート、MacでのiPod、WinでのiPod等々6つに分けたりしているらしいのですが、iPodユーザーの多さに対応しきれていないようです。

まぁ、今回の場合、iPod shuffleを持っていることだし、リモコンさえ外せば問題なく聞こえるので、それほど悲惨な状況ではないのですが、これから先本体が壊れたり、バッテリーが消耗したりした時のことを考えると先が思いやられます。

困りますね、こんな状況では。
あっぷるさん、早急に改善されることを望みます!!!

iPodとiPod shuffleをしばらく使い分けて見て...。

①音の方はやはりiPodの方がイイような気がします。
shuffleに較べて広がりがある、と言うか。iPod自体の音質が貧弱、と言う人も多いですが。そりゃあ、音源を圧縮?しているようなモノなので、CDの生の音より質が高くなるということはあり得ないわけでして。

②iPodはうたた寝しながら聴いていても、ひとりでに電源が切れる。
これはイイですね。選択したプレイリストが終わると、自然に電源がオフされるので、そのまま寝入っても安心です。
shuflleはエンドレスなので...。

それでも、shuffleは再生時間長いし、バックに入れても重くないので、やはり便利です。
あと、shuffleについてわかったことなのですが、スィッチをシャッフルではなく、ストレートモードにして、ボタンを続けて3回押すと、一番最初の曲に戻ります。これは便利!
[PR]
by marikzio | 2005-04-27 12:22 | n'importe quio! | Comments(0)

iPod shuffle
今週の月曜日にiPod shuffleの現物が我が家に届きました。黄緑色の箱に収められた超コンパクトボディのiPod shuffle、まるでおもちゃのようです。
このパッケージの薄さにもビックリ。二段重ねのiPod箱のなんと5分の1くらいなのです。
b0069502_19513570.jpg

本体を取り出してみました。本体にはUSBコネクタを保護するUSBキャップがついていますが、付属のストラップ付きのLanyardと付け替えると首からかけることができます。しかし、このストラップ付きキャップがあまりにもショボくて安っぽい。しばらく使用してるとばっちくなること請けあいです。それに首にかけるとイヤーホンのコードが長過ぎて中途半端に垂れ下がるのです。本家iPodほど長くはないけれど、やはりオデブちゃん仕様なのでしょう。ま、所詮付属品ですから、こんな物かも知れません。お洒落な人は自分流に工夫して楽しんでるでしょうね。
b0069502_2014235.jpg
それにしても、重いHDDのiPodと違ってメモリー・プレイヤーであるshuffleの何と軽やかなこと!ペンダントのようにかけても身につけているのを忘れてしまうほど快適です。やはりiPodファミリーの中でこの携帯性は大きな魅力だと思います。

さて、いよいよこのiPod shuffleを我がPower Bookに接続して見ることにしました。私はiTunesに語学学習の教材CDデータを入れ、iPodにも転送しているのですが(ほとんど利用していない)、shuffleに語学教材は入れたくなかったので、あらかじめチェックを外しておきました。加えてiTunesに入っていたけれど、今ではほとんど聴くことのないCD音源も整理したので、だいぶすっきりしました。
最初の接続は自動的にライブラリから容量いっぱいに転送されます。私のshuffleは512MGで120曲ほど入るということでしたが、実際には133曲収まりました。しかし、転送時間が思いの他長くて驚きました。1、2分くらいで終わると思ったのに、30分くらい費やしました。これが1GBだったら、1時間くらい要したのではないでしょうか。
これがiTunesの画面です。
b0069502_20222121.jpg
最初の接続が終わると、この画面で自分の好きなように設定して、オートフィルします。
ライブラリからランダム選曲でオートフィル機能を使って容量一杯にするのもいいし、お気に入りのアルバムだけをプレイリストで選んでもよし。私はお気に入りのアルバムを2、3枚分入れ、残りの容量にライブラリからランダムに詰め込むやり方が気に入っています。だけど、その時は「オートフィル時にすべての曲を置き換え」のチェックを外しておかないといけません。でないとせっかく入れたCDデータがそのまま刷新されてしまいます。
接続時はiPod shuffleのファイルが出現するので、入れたい曲をライブラリから手動で入れたり、削除することもできます。

前の記事にも書きましたがiPod shuffle購入の決め手はやはり携帯性と価格です。しかし、正直言って「本家iPodに準ずる物」、いわばセカンド・カーのような位置づけでした。でも、いざ手にしてみると、これがメインになってもおかしくない。
iPodは下手すると手持ちのCD音源全部が入ってしまう画期的な物でしたが、普通はそれほど莫大な音源データを持ち歩く必要はありません。この512GBにだって、CD9枚程度は収納できるのですから充分過ぎるほどです。音質に関しては私はうるさくないので、満足しています。
何と言ってもこのサイズと軽さ、加えてバッテリー稼働時間が12時間。海外旅行でも大活躍してくれること、間違いなしです。

やはり難点もあります。
本体の裏側にスライド式のスイッチがあって、電源のオン・オフ、曲順あるいはシャッフルで再生するかを選べるようになっているのですが、これがめちゃ使いづらい。かなり力を入れないとスィッチが動かないので、私のように雑な人間は本体を折ってしまわないか心配です。
プラスチックの白いボディというのも使い続けるうちに汚れが目立ってきそうです。(特にUSBキャップとの接続部分)
もう一つの問題は、パソコンがないと充電できないこと。そのパソコンも電源入ってないと充電されないんですよね。iPodはパソコンに電源入ってなくてもプラグがつながっていればチャージングされてました。USBポート対応の充電器もあるそうですが、わざわざ買う気にならないし。
どこかのサイトで書き込みがありましたが、「白だけじゃなく、いろんなカラー展開があったらもっと可愛いのに」という意見、なるほどと思いました。
また、「思ったより簡単に録音できて良かったです」と言うのがありました。ろ、ろくおん、って...。「転送」と言って欲しかったな。気持ちはわかるけど。

ついに入手したiPod shuffle、早速、職場にも連れて行ってます。
私は白衣で仕事をしているのですが、shuffleは白衣のポケットにすっぽり入ってしまいます。ちょっと気分転換に好きな音楽をこっそり聴けるのは幸せです。
しかし、気になるのは本家iPod。電池交換もしてくれるアップル・プロテクトプランにも入ってるので、がんがん使ってバッテリーを消耗させないと高い保険代がもったいないです。(せこっ!)
期間は2年間だから、まだまだ大丈夫だけど。
は〜、忙しい、忙しい。(笑)
[PR]
by marikzio | 2005-03-16 21:18 | n'importe quio! | Comments(2)

iPod shuffle 買っちゃった!
ちょっと前から気になっていた、iPod shuffle、本日とうとうオーダーしてしまいました。
アップルのサイトでオンラインで注文できるようになっているのですが、1ヶ月くらい前にカートに入れたまま発注しないでいました。
1GBのiPod shuffleがカートに入っていましたが、別に512MBでも充分な容量だと思いました。1GBは16,000円くらいだけど、512MBは10,000円くらいだし。
発注しようとしましたが、職場のサーバーでは接続できないようになっていたので(仕事中に買い物なんかするなっ!)、自分の携帯で電話注文することにしました。(ちゃんと仕事せいっ!)

電話口に出たお姉さんに「アップルケア・プロテクトプランはいかがですか?」と奨められました。
私は前回、初iPodを買った時にも、この2年間保証に入りました。本体や付属品のサポートの他に、16,000円くらいかかるバッテリー交換もカバーしてくれると聞いたからです。
今回もそのような交換サービスはあるのかと聞いたところ、「電池交換ではなく、iPod shuffle本体そのものの交換になります。」と、いうこと。
なるほど、とても小さなボディなので、内蔵バッテリーの交換は不可ということなんですね。
しかし、本体は1万円くらいなのに、そのプロテクト・プランや消費税なんかで結局18,000円くらいになってしまいました。ちぇ。
発送には1週間ほどかかるとか。楽しみに待とうと思います。

私のiPodデビューは2004年の5月。初めてのiPodを手にして、まだ1年も経っていないのですが、アップルはその間、iPod miniや新型iPod、iPod photoなど続々発表していきました。
私は自家用車で通勤、行動しているので、音楽生活は車の中が中心。だから、iPodはそれほど必要なかったのですが、やっぱり世間でこれだけ流行ってしまうと欲しくなるわけです。
で、いざ手にしてみると、何処にでも持ち歩きたくなってしまい、旅先はもちろん、ほんのちょっとした空き時間でも音楽が聴きたくなってしまう。iPodは私の音楽ライフに変化をもたらしたわけです。
次々と進化し、発表されるiPodファミリーには少なからず心を動かされるものの、やはり2台あっても使い途に困ってしまいます。

しかし、チューイングガムのパッケージや車のキーサイズぐらいだというiPod shuffle、付属のネックストラップで首にかけて使うというお洒落さも心躍らされるものがあります。
消費者の購買意欲を刺激する1万円台という価格設定も絶妙。アップル、ほんとに商売上手ですよね。
それに、なんだかんだと言ってもiPodはバッグに入れると結構重い。付属のイヤーホンもリモコンと繋げると、かなりの長さですぐにからまってしまいます。
「なんで不必要にケーブルが長いの?」
もともとアップル製品はアメリカの物。向こうの人は身体が大きいので、長いケーブルでなくちゃ駄目なんでしょうね。私はバックの内ポケットに本体とケーブルを収めて、他の物にからまないようにしています。
iPod shuffleはジョギングとかサイクリングとか、いろいろ活躍の場が広がりそうです。とは言っても私はジョギングもサイクリングもしないので、犬の散歩の時に愛用しようと思います。

ちなみに、現在私が所有しているiPodは第3世代のM9244Jというモデル。タッチホイールの上に4つのボタンがあって、ライトを点けるとオレンジ色に光ります。これはこのモデルだけだと言うことで、一部の人に人気があるとか。
shuffleともども大事に使っていきたいと思います。白いケーブルが黒ずんできて汚くなっていますが...。
[PR]
by marikzio | 2005-03-09 20:39 | n'importe quio! | Comments(0)


marikzio=mahのブログにようこそ。私の好きな音楽や映画を紹介しています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ブログパーツ
最新のコメント
通りすがりです。 ペイ..
by 通りすがり at 23:57
https://www...
by Two-Tribes at 01:02
https://www...
by Two-Tribes at 23:51
シリーズ恋物語 「エロス..
by りゅう at 16:21
就小说艺术的角度而言,这..
by 安全套 at 01:47
I like the h..
by Cheap Snapbacks at 07:20
Hi there ver..
by Louis Vuit at 13:44
It¡¦s in poi..
by Pandora Charms at 17:50
millefeuille..
by marikzio at 14:01
あけましておめでとうござ..
by millefeuille at 20:50
☆Link☆
タグ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧