タグ:RoBERT ( 26 ) タグの人気記事

RoBERTのコンサートに行って来ました。
今日、無事にパリから帰国しました。
前回でもお知らせしたとおり、この度の渡仏の目的は歌手RoBERTを生で拝むこと。
ライブ会場は、バスティーユにあるCafe de la danseにて、1月11日(金)と12日(土)の2日間。
Mylene Farmerのコンサートほど大掛かりで豪華ではありませんが、閉じられた空間の中いっぱいに繰り広げられる表現者RoBERTの妖美な世界。
地味でシンプルながらも、一人芝居のように語り、時に笑いを湧かせる場の作り方はお見事。でも、私のフランス語力が不十分なので、彼女が何を喋ってるのか、そしてなんでみんな笑っているのかがわからなくて、それが歯がゆかったです。

しかも、カメラはiPhoneしか持って行かなかったので、ズームすると画質が荒くなってしまい、ほとんど良い写真を撮れませんでした。
こんなボヤっとした画像しかなくて、申し訳ありませんです。
少しでも雰囲気が伝わると良いのですが...。

b0069502_17285271.jpg

b0069502_17301912.jpg


そして、このコンサートにおいての大きな収穫の一つは、アラン・ドロンの息子こと、アンソニー・ドロンが、2日間に渡ってゲスト出演してくれたこと。
b0069502_17384327.jpg

いやぁ、生アンソニー、この世のモノとは思えんくらいかっこ良かったです。確か50歳近くだと思うんですけど、中年男性の体つきではありません。ロベールと並ぶと、これまたとんでもなく背が大きくて、20代のモデルさんかと思っちゃうほど立ち姿が麗しいです。
それでいて、全身から匂い立つ色香と言いますか、父親ゆずりの美意識の高さに圧倒されてしまい、パリの街中を歩いていても、私の頭の中はアンソニーで一杯でした。(笑)

これもiPhoneで撮った動画なので、クオリティー的にはいまいちなんですが、アコースティックなアレンジが思った以上に良く、現場の臨場感を少しでも感じて頂けたら、と思います。



今日は帰国したばっかりで疲れているので、このへんで。
RoBERTのコンサートについては、また日を改めてじっくり語りたいと思いますので、よろしかったら、お付き合いくださいませ。
[PR]
by marikzio | 2013-01-14 17:50 | French Music | Comments(2)

謹賀新年、そしてParis
年末年始の挨拶もないうえ、2013年が明けてから、すでに1週間以上経過しているのに、『謹賀新年』もあるかいな...。ブログ無精にもほどがあるっ。

このていたらくなんですが、とりあえずは、今年最初のブログ投稿、ということで...。


皆さま

新年あけましておめでとうございます!

一昨年の大震災や国内経済の停滞など、

まだまだ不安材料てんこ盛りの昨今ではありますが

私にとっても、皆さまにとっても、

幸多き、飛躍の1年でありますように。  



私も、今与えられている、ささやかな幸せに感謝しつつ、一歩一歩少しでもエスカルゴのように目的に向かって進んで行きたいと思います。
年々、放置っぷりが加速している当ブログではありますが、それでも、「これを伝えたい、これを語りたい」というネタを皆さんに提供して、独自の世界観を作って行きたいと思いますので、今後ともmarikzioとこの拙いブログをよろしくお願いいたします。040.gif


さて、新年早々なんですが、いきなりパリに行って参ります。(昨年の夏、バルセロナついでに立ち寄ったというのに...)
なんでまた、そんな無計画なことをっ?と思われている方もいらっしゃるかも知れません。ハイ、私もそう思います。

でも、このフェイスブックで、このお知らせに目が止まってしまいました。

b0069502_12151452.jpg


私が学生の頃から、ずっと応援し続けているフレンチな歌姫RoBERTが、パリ、バスティーユにあるLe cafe de la danseで公演!
RoBERTはインディ系、アングラ系でありながらも、コアなファン層をつかみ、10枚近くのスタジオアルバムやパリ市内のあちこちの劇場で地道にライブ活動を続けています。
b0069502_12203781.jpg

大御所ミレーヌ・ファルメールのコンサートには2度もご縁を頂いた私ですが、ロベールに関しては、日程が合ったことがなく、これは縁がないものと思っておりました。
今回のお知らせも「ふ~ん、またライブやるんだ~」ぐらいに漠然とスルーしてたんですが、スケジュールが不可能ではない、ということに気づいてしまって...。
高価なミレーヌのチケットとは違い、ロベールのチケットはお手頃価格であることもあって、「とりあえず入手してみるか?」とFnacで決済、プリントアウトしてしまいました。

2013年のMyleneのTimelessツアーは断念した私(もう2回も行ってしまったので十分)、その代わり、というように、これまで縁がなかったRoBERT嬢が目の前に現れて、これを逃したら、もう一生、生RoBERTを見ることはないでしょう、とばかりに、渡仏行きを決めました。

でもでもでもっ!
生ロベール以上(?)に大きな楽しみが出て来ました!
ビデオクリップ"SKYPE"にゲスト出演している、アントニー・ドロンがステージにも登場するらしい。
b0069502_12334060.jpg

アントニー・ドロンは日本でもお馴染みの仏俳優アラン・ドロンの息子さんです。
甘いマスクのアラン・ドロンは特に日本ではファンが多く、出演作も多数ですが、ご子息のアンソニーさんは、俳優業では、お父様ほど成功せず...。でも、私は彼の出演作『予告された殺人の記録』は観ています。

私はアラン・ドロン好きでもないし、マイナーなアントニーさんのファンでもないんですが、"SKYPE"でロベールとコラボしてる彼、結構色っぽくてドキドキしますよ053.gif

b0069502_1332491.jpg




妖しくミステリアスな歌姫ロベール、一体どんな世界観を広げてくれるでしょうか?
そして、つかの間のパリもお腹いっぱい満喫して来ようと思います♪
[PR]
by marikzio | 2013-01-08 13:09 | French Music | Comments(4)

RoBERT "Ange et Démon à l'Olympia"届いた!
週末、家を空けて昨日帰宅したら、おフランスからお荷物が届いておりました。
先月、RoBRTのオフィシャルショップの RoBERT et Légendes からオーダーした、"Coffret Concert Olympia 2010"が。

b0069502_9312990.jpg



これは、2010年3月27日、オリンピア劇場でのコンサートを収録した"Ange"(DVD+CD)と、当日のプログラム、そして未発表曲収録のCDがセットになった、RoBERT et Légendes のみで買える限定版。

大手ショップではデジパック版の"Ange"(DVD+CD)と通常クリスタル版"Démon"(DVDのみ)を販売しています。

b0069502_1026216.jpg


b0069502_12224180.jpg

ちなみに、この黒写真は"Ange "のパッケージを開くと、CD(ピクチャーディスク)やその他の部分に使われていました。


オフィシャルサイトでオーダーしたはいいんですが、郵送料ケチって普通便でオーダーしたばっかりに無事に届くんだろか?きっと船便でものすごく時間かかるんだろなー、と不安だったのですが、意外にあっさり届いちゃいました(笑)。
まだ、ちゃんと観ていませんが、CD盤を今朝の出勤途中に車の中で聴いてみたら、サウンドもアレンジもなかなか力入ってます。
ブックレットの写真も綺麗だし、中身もボリューム満点のようです。

芸能活動20年を記念しての、このライブ、この豪華ライブ盤。
細々ながらも息の長い活動を続けて来た彼女とそのパートナーに感謝したいです。
[PR]
by marikzio | 2010-10-27 09:50 | French Music | Comments(0)

黒RoBERT
来る10月18日に発売となる、アングラ歌姫RoBERTのライブ盤、"Ange et Démon à l'Olympia"。

DVDとCDの2枚組デジパック"Ange"のビジュアルは 先日の記事 でも紹介いたしましたが、この2枚組版の他に、DVDのみのクリスタル版(通常版?)のビジュアルがつい先日、公式face book でもアナウンスされてました。

b0069502_12224180.jpg
デジパックバージョン"ANGE"が白いイメージに対し、DVDのみの"Démon" が黒のイメージ。
なかなかやりますね。普通、2枚組デジパック買っちゃったら、クリスタル版なんていらないもの。それがジャケ違い、という手法でこちらの購買意欲もそそっちゃおう、ってんだから。

まぁ、普通、DVD盤見ちゃったら、CD盤なんてほとんど聞かないし、結局、通常版が一番使いでがあるんですよね。
パンフレット付きの限定版、オフィシャル・ブティックから買うの、ちょい不安だし、18日まで待てば、fnacでもamazonでも買えるんだしー、って思う人もいるでしょうし。

個人的には黒のジャケットが好みです。
あー、でもやっぱり白も捨てがたいかな?いや、でも、黒が...(笑)。
[PR]
by marikzio | 2010-09-28 12:33 | French Music | Comments(0)

RoBERT "Ange et Démon à l'Olympia"
もうすぐリリースになるみたいですねー。
RoBERT の新しいライブDVD。(まだブルーレイ盤は出ないのか...)
b0069502_1026216.jpg





これは、CD+DVDの限定版コフレのパッケージ。公式通販サイトから買えます♪
店頭で入手できるのは10月から?
RoBERT La Boutique

情報元はコチラ♪
face book RoBERT

恐らく、日本の某フレンチ専門店でも扱ってくれると思いますが...。
ファンなら是非ともコフレ盤が欲しいところ。日々要チェキ!


余談になりますが、この9月に発売になるZAZIEさんの ZA7ZIE もオーダーいたしました。
11月にもっととんでもないモノが出るみたいですが、とりあえず...。
[PR]
by marikzio | 2010-09-02 10:27 | French Music | Comments(2)

RoBERT のリミックスアルバム、iTunesで!
久々のRoBERT情報なんですが、彼女の初リミックスアルバム"Free Dub -Volume 1-"が、7月5日から、iTunes, VirginMega, Fnac.com, などでダウンロード配信されるそうです。
b0069502_2018485.jpg
Free Dub -Volume 1- 2009 (DEA)
Album au format maxi CD
Tracklisting :
1- De Puta
2- Sore
3- Cherry
4- Dynamite
5- Démoniak
6- Hiroko
7- Rouge Sang
8- L'Idole
9- Les Jupes (dub edit)
10- Attention
11- 1.2.3. Soleil
12- Chuchoter
13- Elle se prémix
14- Rien
Remixes réalisés par Mathieu Saladin sauf
(3) réalisé par Mickael Akira (http://myspace.com/mickaelakira)
(4) réalisé par Kristov et Salomon Braque
(9) réalisé par Olag Zalcman
Illustration : Driian (http://driian.free.fr)
Design : Sylvain Gatelais


リリースは2009年なんですね。全然知らなかった...。トラックリスト見ても「?」のタイトル多いし...。CD盤が欲しい人は、公式販売サイトから購入できます。

RoBERT La Boutique

あと、日本ではこちらからお取り寄せできます。

M...in France


どうせなら、CD盤欲しいですけど。
日本のiTunes storeで買えなかったら、そっちにしてみようかな。
[PR]
by marikzio | 2010-06-24 20:32 | French Music | Comments(0)

RoBERT 親子の共演!
もう一ヶ月ぐらい経ってしまいましたが、RoBERTが2008年に地方巡業した時の模様を収めたDVD "LE TOUR DE FRANCE" をM...INさんで見つけて購入。

RoBERT -ロベール- Le tour de France - Live a Toulouse 2008
b0069502_2155211.jpg

大手fnacやamazonはおろかオフィシャルサイトや公式MYSPACEにも告示がないのになんで日本のフレンチ専門店のリストに?と思いましたが、自主制作版だそうであまり出回っていないみたいです。貴重な品薄盤を思いがけなく手に入れることが出来て、まさにM...inさん様々ですね。
本編はトゥールズでのライブ "Concert de Toulouse"(1h04min)、そしてボーナストラックにフランス各地のツアーのドキュメント "Dans les coulisses de la tournee"(56min)、テスターなどを収録。
ライブはいつもながら手作り感のある衣装、舞台装置、そしてアングラな空気が何とも言えず良い感じです。ちょっと不満なのは最新作の "Sourde et Aveugle" からのものが2曲しかないこと。これじゃ、いつのコンサートかわかんない。まあ、アルバムがリリースされたのが2008年11月だったので時期的に無理があったんですね。ツアーは2008年3月。
それにしても、彼女って、一部のコアなファンに愛されてる、というイメージがあるので、フランス国土を行脚するまでになってたのは驚きでした。しかもかなり同行スタッフが多くて、大型キャンピングカーで移動してます。若い人が多くてみんな楽しそうでした。物販コーナー作るところとか、皆でワイワイ。実は学生アルバイトとかだったりして。リハーサルでロベール姫はすっぴん顔でカメラに収まってます。なかなか貴重な資料です。と、思いきや、更にドッキリなネタが用意されてました!

体型的には年相応になって来た感のある彼女ですが(失礼!)、それでもまだまだ年齢不詳オーラを放ってます。幼馴染みであり公私ともにパートナーであるマチュー・サラダンとは長いことご夫婦であらせられますが、二人の間に子供がいるのかどうかは謎でした。少なくとも私には。本国の筋金入りのファン達の間では知られていたのかも知れませんが。
"Dans les coulisses de la tournee"の終盤近くになって、20歳前後(?)の若くて可愛らしい女の子が " L'Hymne À La Mort" をリハーサル。なんと、「NATASHA,La Fille de RoBERT云々」というテロップが。ななんあなんなんあななんとロベールの娘!?
いやね、もちろん結婚してるんですから、お子さんがいたって不思議はないんですけどね、まさかこんな大きな娘さんがいるなんて思いもしませんでした。しかも、母親に負けず劣らずの美人さんです。



知ってる人は知ってたかも知れませんが、ロベールに子どもがいるって、あまり大々的に言われていなかったと思います。今回が初めてじゃないのかなぁ?
あんなに精力的に音楽活動してたのに、どうやって母親業を両立させてたのでしょ?そう言えば、大手レーベルから出していたデビュー・アルバム "Sine"の後、2ndの"Princess de Rien" まで7、8年ぐらいブランクありますから、そのあたりだったのかも知れません。それにしても素敵なママンですよねぇ。ナターシャちゃんが羨ますぃ。(その美貌も...)
[PR]
by marikzio | 2009-06-12 21:57 | French Music | Comments(4)

RoBERT "Sourde et Aveugle"
これが今年最後の投稿となりそうです。
2008年のn'importe quoi!を締めくくるのは RoBERTの新作アルバム "Sourde et Aveugle" 。結構前からこれが出る出る、と記事に取り上げていたんですが、肝心のレビューが遅れてしまいました。
彼女にとっては7枚目(ベストアルバムと英語版アルバムを含む)のスタジオ盤のタイトルは「盲聾女」という意味だそうです。目を覆い耳を塞いでいるロベール。このアルバムのコンセプトはいかに!?
b0069502_222571.jpg
いかにも閉塞的なタイトルとジャケットとは裏腹に一通り聴いた自分の感じでは「随分、風通しが良くなったな」ということでしょうか。ロベール嬢と言えば、"裏ミレーヌ・ファルメール"の異名にふさわしいエレクトリック・サウンドと室内楽風のクラシカルなサウンド、という一見相反するような音楽要素を融合させて独自の世界観を展開させるのをお家芸としておりますが、本作でも相変わらずそのスタイルは貫き通しています。

b0069502_22253976.jpgが、しかしですね、これまでのアルバムに較べると格段に聴きやすくなっているのですよ。1曲1曲が繊細でありながらも軽やかで甘美なメロディー。このとっつき易さって、1st の"Sine"に通じるような...。80年代的なエレクトリック・サウンドを基調とした彼女のデビュー作"Sine"は内向的で浮き世離れした印象を与えつつも、万華鏡のように煌めくような小世界がありました。ある意味、日本人好みの音楽と言えます。
それから長い空白の年月を経てリリースされた2nd "Princess de rien"はガラリと趣向を変え、地味な管弦楽をベースにしたエレガント路線。引きこもり度がはるかに進んでいて、「この人大丈夫?」と戸惑うほどのものだったんですが、聴き込むほどに毒がまわってきて、あっという間に中毒になってしまいました。彼女は亜流ミレーヌからアングラの歌姫へと進化していたのです。
"Princess〜"以来ずっと、彼女の音楽は室内楽風ポップが主体になっていると思うんですが、これは"Sine"に較べると好き嫌いがはっきり分かれると思います。これが今回の"Sourde et Aveugle"は、彼女の音楽にアレルギー反応を起こしていた人でも、すんなり入れそうな楽曲がいくつかあります。
私が聴きやすいと思った曲は"A mes copines"、"Tout est calme"、"Comme un dieu"、"Le tour de France"あたりでしょうか。サビがドラマチックで映画かなんかに使えそうなものもあります。
本作では自作(作詞がロベールで曲が夫のマチュー・サラダン)の他にジョニー・アリデー(Ma gueule)やドアーズ(The end)の楽曲をカバーしています。"The end"は作風がガラリと違うので納得なんですが、"Ma gueule"はロベールの持ち歌にしか聞こえません。オリジナルを聴いてみればいいのでしょうが、アリデーにあまり興味がないので捜しに行くのも何だか手間で。ブロガーの風上にもおけない私です。

しかし、この作品の目玉と言えば、新人歌手オースティンとのコラボ、"Le jardin des roses "でしょう。DVDつき限定盤の中に第1段シングル"Tout est calme"と一緒にビデオ・クリップが収録されている、しかも、そのストーリーボードまで公開されているとあれば、その力の入れようは言うまでもありません。
しかし、最初この曲、というより彼の声を聴いた時、親父ロッカーのようなダミ声で違和感を覚えました。煙草くさいオッさんの息の臭さがプンプン匂ってくるような幻滅感、サウンドもちょっとカビの生えた古典的なブルースという印象を受けました。
でも、ビデオクリップはもの凄くいいです!ビジュアル的に自分のツボでした。

LE JARDIN DES ROSES (ROBERT ET AUSTYN)
b0069502_22272725.jpg
オースティンさん、こんな声して、まだ20代前半なんじゃないかと思うぐらい若いです。で、ちょっと男前。(笑)
映像もロベールも綺麗だし、なんだかとても退廃的で耽美な出来映えが素晴らしい。オースティンさんもなかなかハマってまして、役者としても結構イケるんじゃないかと思いました。この世界に魅せられて、何度も見入ってしまいました。こうして聴いてるととなかなか美しい曲です。透明感溢れる姫のボイスと荒くれ男の哀愁漂う歌声のハーモニーが絶妙。ストーリーボードの画も芸術作品のような美しさで短編映画として観たいと思いました。

Le clip- TOUT EST CALME
MY SPACE RoBERT
Site officiel la chanteuse RoBERT

b0069502_22282842.jpgこの謎の新人歌手、Austin は現在、デビューアルバムを準備中のようです。契約しているレコード・レーベルはRoBERTと同じDEA。"Le jardin des roses"の作詞作曲はAustinが手がけており、これが彼にとっての本格的なデビュー曲と言っていいでしょう。
来年1月からライブ予定が決まっていて、その中にはLa Cigal でのRoBERTのコンサートでのゲスト出演が入っています。
公式MY SPACEでは彼の曲を試聴出来ます。最初はおじさんくさい声&演歌みたいな歌唱だと思いましたが、じっくり聴いてると、ワイルドでセクシーな声かも053.gif
フレンドリクエストを送ったところ、承認と同時にコメントまでくれました。Merci!
b0069502_22292286.jpg

画像元 MY SPACE Austin

と、いうわけで本日をもちまして2008年のブログ納めにしたいと思います。
今年はいろいろと忙しくなって更新ペースが落ちてしまい、4周年を迎えていたことも忘れてしまっていましたが、いろんな方に訪れて頂き、コメントや交流を持てたので充実したブログ生活を送ることが出来ました。
来年もまた、音楽や映画、その他の話題について語り、盛り上げて行けたらと思っております。どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。
2009年のブログ初めは1月4日になる予定です。さあ、明日は頑張って賀状書くぞ。
皆さんもよい年末年始をお迎えください!

[PR]
by marikzio | 2008-12-27 00:52 | French Music | Comments(2)

RoBERT "Tout est calme"
11月17日にリリース予定されている RoBERT の "Sourde et Aveugle"(盲聾者)からのシングル第1段 "Tout est calme"
公式MY SPACE で視聴出来るようになりました。
そして、ビデオクリップまでアップされてます。
b0069502_21163092.jpg
ROBERT -TOUT EST CALME-

デビュー作の"Sine"を思わせるような冷たい感触のテクノ・サウンド。これまたデビュー当時から死守しているお姫様ロングヘアを振り乱し踊り狂う姿とか原点回帰的なものを感じました。
ミレーヌといいロベールといい昔に立ち戻ったような音作り。今、プチリバイバル風がブームなのかしらん?

そして、"Sourde et Aveugle"のトラックリストもメーリングリストで発表になりました。ところどころ文字化けしてましたので、一部不明な部分もありましたが、何とか解読してみました。

1 A mes copines
2 Le jardin des roses (duo avec Austyn) (2nd single)
3 Tout est calme (1er single)
4 Ma gueule (reprise de J. Halliday)
5 Une fille à prendre
6 Cerise
7 Comme un dieu
8 Le froid
9 L'oiseau dont j'ai révé
10 Sois courageux
11 J'ouvre pas
12 Le tour de France
13 Goûtons au ciel
14 The End (reprise des Doors)


限定盤のおまけDVDにはこの "Tout est Calme"と2ndシングル予定の"Le jardin des roses"のビデオクリップとそのストーリーボードが収録予定。Jアリディとドアーズのカバーにも挑戦しているようですね。彼女とデュエットするAustyn は新人ミュージャンだとか。もう、M...IN FRANCEさん始め、HMVでも受付始まってます。
b0069502_2158798.jpg
目力健在!!!


RoBERT official MY SPACE
[PR]
by marikzio | 2008-10-20 22:00 | French Music | Comments(2)

プチお休みする前に RoBERT の新譜情報
※ この記事は10月1日に訂正が加えられています。
9月15日投稿時には『11月3日にアルバムの発売予定』とありましたが、11月17日に延期されました。


昨日届いたRoBERT公式サイトからのメルマガを読み返していたら、やっぱり投稿したくなってしまいました。041.gif
フランスのアングラ界の歌姫RoBERT、11月17日に新作リリース!
b0069502_18114548.jpg

b0069502_20524128.jpg
"Sourde et aveugle"

『聴こえない、見えない』あるいは『聴こえない、見えない人』という意味なのでしょうか?

メルマガの一部をそのまま抜粋してみました。
Trois ans aprés "Six pieds sous terre", une tournnée en France et un concert à l'Olympia, RoBERT nous offre ce 6e opus studio intitulé "Sourde et aveugle" (DEA/Rue Stendhal).
La jeune femme y décline son univers hors du temps et atypique sur ces 14 titres (dont un duo avec le jeune chanteur Austyn (www.austyn.fr) et deux reprises, l'une de J. Halliday et l'autre des Doors). L'album sortira le 3 novembre et se déclinera sous deux formes : un version cristal 14 titres et une version double digipack contenant un CD audio (14 titres, un remix et 14 instrumentaux) et un DVD. Deux clips ont été tournés fin août, dont celui du premier single intitulé "Tout est calme".

Par ailleurs, les places à la Cigale (14 février 2009) seront mises en vente cette semaine sur fnac.com et DIGITICK (places numérotées).

これによると、「"Six pieds sous terre"から3年、フランスでのツアー、そしてオリンピア劇場でのコンサートを経て、ロベールが6枚目のスタジオアルバムを"Sourde et aveugle"というタイトルで送り出す。」
収録曲は全14曲。その中にはデュエット曲もあり、一緒に歌っているのは新人歌手の
Austyn 。そして、J.アリディとドアーズのカバー(?)が2曲。
通常盤とDVD付き限定デジパックの2バージョンがあって、限定版は本編14トラックの他に、リミックスと14インストルメンタル・バージョンが収録。DVDには8月末に撮影された2つのビデオクリップが入っています。そのうちの1つが第1段シングル"Tout est calme"(全てが沈黙?)。
そして、来年2月14日には Cigale 劇場でのコンサートがあり、チケットは来週からfnac やDIGITICK で販売が始まります。

デジパック盤、凄いですね。これは絶対限定盤が買いでしょ。楽しみです。049.gif
それにしてもRoBERTさんのコンサートっていつも2月とか3月とか中途半端な時期で私が行けないような時期を選んでやってくれてます。一生お会い出来ないんでしょうか??
しくしくしく...
b0069502_19184599.jpg

Site officiel de la Chanteuse RoBERT

RoBERT official MY SPACE
[PR]
by marikzio | 2008-10-01 20:57 | French Music | Comments(2)


marikzio=mahのブログにようこそ。私の好きな音楽や映画を紹介しています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
最新のコメント
通りすがりです。 ペイ..
by 通りすがり at 23:57
https://www...
by Two-Tribes at 01:02
https://www...
by Two-Tribes at 23:51
シリーズ恋物語 「エロス..
by りゅう at 16:21
就小说艺术的角度而言,这..
by 安全套 at 01:47
I like the h..
by Cheap Snapbacks at 07:20
Hi there ver..
by Louis Vuit at 13:44
It¡¦s in poi..
by Pandora Charms at 17:50
millefeuille..
by marikzio at 14:01
あけましておめでとうござ..
by millefeuille at 20:50
☆Link☆
タグ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧