<   2012年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

"Duetti" Philippe Jaroussky & Max Emanuel Cencic with William Christie
久々の投稿ですが、音楽の新規開拓です。それも、何と!今まで話題に出たこともなかったクラッシック。
前回の記事でも触れたように、最近、私はわけあって、声楽曲の"Lascia ch'io pianga"、そして、"Voi che sapete"(オペラ『フィガロの結婚』劇中のアリア)の動画を探しておりました。
で、"Lascia ch'io pianga"で人気カウンターテナーのPhilippe Jarousskyを見つけ、そして、"Voi che sapete"で、コレを見つけてしまいました。



この人もカウンターテナーですね。
シルクハットと帽子にスパンコールの入ったシャツ。お洒落なんだけど、クラシック系の歌手らしからぬ不思議な出で立ち。でも、彼の演奏を聞いているうちに全身に漂う雰囲気と親しみやすい笑顔に引きつけられてしまい、この人が激しく気になってしまいました。

b0069502_16433026.jpg彼の名は、Max Emanuel cencic(まっくす・えまぬえる・ つぇんちっち)。クロアチア人でヨーロッパで活躍するカウンターテナー。指揮者の父と声楽家の母の元に生まれたサラブレット。ウィーン少年合唱団に在籍中はボーイ・ソプラノを務め、1992年にソロ活動を始める。1996年までソプラノとして活動し、2001年まで活動停止後、カウンターテナーとして再デビュー。
35歳の現在、円熟期を迎え、バロックやオペラの舞台など、着実にキャリアを積んでいる実力者、という感じでしょうか。

iTunes storeで彼の作品を検索したところ、何とPhilippe Jarousskyとのコラボ作を発見!何という偶然か。これは、私に買えと言わんばかりの企画モノでしょう。

b0069502_16435525.jpg
1. Duetto: 'Pietoso Nume arcier'
2. Recitativo: 'Consolati'
3. Duetto: 'Se l'idolo che adoro'
4. Aria: 'Quanto mai saria pi bello'
5. Recitativo: 'Irene, che ne dici'
6. Aria: 'La costanza nell'amore
7. Francesco Bartolomeo Conti: Aria 'Quando veggo un'usignolo'
8. Duetto: 'Chi d'Amor'
9. Duetto: 'Bella si ma crudel'
10. Sinfonia
11. Recitativo 'Ecco che il primo albore'
12. Aria 'La pecorella contenta'
13. Recitativo 'Pastor gentil'
14. Aria 'Se andr senza il Pastore'
15. Recitativo 'Chiaro, e limpido fonte'
16. Aria 'Al partir della fronte serena'
17. Recitativo 'Voi pur leggiere aurette'
18. Aria 'Un solo respiro'
19. Recitativo 'Mirtillo, a che si cerca'
20. Duetto 'Dunque voi cristalli erranti'
21. Recitativo 'M, che pianger Mirtillo?'
22. Duetto 'La nobile luce'
23. Duetto No.1: 'Veggio Fille/Parlo a Clori'
24. Alessandro Scarlatti: 'Nel cor del cor mio'





"Voi che..."のビデオでは「イケメンなのに髪の毛が残念なことになっちゃったんだなぁ。でも、これはこれで中性的な妖しさがあるから許す」などと思ってましたが、"Duetti"では奇麗な髪が復活してましたね。あるじゃん、髪。スキンヘッドの時代があったのは、作風のイメージの為だったのかなぁ。
超美形だけど、どこか堅さが残るJarousskyに対し、Cencicは適度にこなれていて洗練された大人の余裕があります。お洒落度高し。
しかし、どちらも女声のようなカウンターテナー、ってことで音だけ聴いてるとどっちがどっちの声なのかわかりません。元々、クラッシック曲に対するリテラシーのない私、収録されてる曲もみんな同じ楽曲に聞こえてしまうのですが、不思議と何度も聞き込んでしまいます。カストラートのような美声に癒されているのでしょうか?
トラック6の"Aria: 'La costanza nell'amore"が一番気に入ってます。レチタティーボも出色。本当に映画音楽のようなドラマ性のある歌曲で演奏がまた超一流というか超絶なんです。ストイックな女声なのに聞き込むほどに、じわじわと滲む色香。なんかヤバいかも...。
ある意味危険です。

b0069502_16485145.jpg


このCencicがオペラ作品に出演しているのも発見!
Aribert Reimannの『Media』(2010)。現代的な演出と解釈、そしてCenicのコスチューム・プレイにやられ、amazonでこの作品のブルーレイがあったので、思わずオーダーしてしまいました。
まさか、この期に及んでクラッシック歌手にハマるとは...。


[PR]
by marikzio | 2012-07-01 16:49 | Other Music | Comments(0)


marikzio=mahのブログにようこそ。私の好きな音楽や映画を紹介しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
最新のコメント
通りすがりです。 ペイ..
by 通りすがり at 23:57
https://www...
by Two-Tribes at 01:02
https://www...
by Two-Tribes at 23:51
シリーズ恋物語 「エロス..
by りゅう at 16:21
就小说艺术的角度而言,这..
by 安全套 at 01:47
I like the h..
by Cheap Snapbacks at 07:20
Hi there ver..
by Louis Vuit at 13:44
It¡¦s in poi..
by Pandora Charms at 17:50
millefeuille..
by marikzio at 14:01
あけましておめでとうござ..
by millefeuille at 20:50
☆Link☆
タグ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧