<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Anne Pigalle "Every thing could be so perfect..."
輝ける80年代。四半世紀後の現代に今もなお、強烈な影を刻みつけている当時のイギリスの音楽シーンの中でとりわけアイコン的存在だったレコード・レーベル、ZTT。そのZTTブランドから1985年、フランス出身の新星として世に送り出された女性歌手、アン・ピガール。
ノスタルジックなシャンソンがZTTらしく絢爛豪華にアレンジされ、フランス語訛の強い英語との絡みが絶妙。アンニュイさと官能、まさに聴く者を異世界へと誘う魅惑的な作品です。

b0069502_1855631.jpg1 Why Does It Have To Be This Way
2 Via Vagabond
3 Looking For Love
4 He! Stranger
5 Intermission (The Gods Are Bored)
6 Souvenir D'Un Paris
7 A Crack In The Ocean
8 The 1000 Colours Waltz
9 He! Stranger ? One
10 He! Stranger ? Two
11 Stranger (Than Fiction)
12 Johnny
13 Why Does It Have To Be This Way (Single Version)
14 Faut - Il Vraiment Que Ce Soit Comme Ca
15 Why Does It Have To Be This Way (Piano Version)
16 Like We Do


この人、一般的にはアン・ピガールで通ってますけど、ほんとはアンヌじゃないのかなぁ?Pigalleと言うのも、本名ではないのではないでしょうか。
私はこのアルバムをリアルタイムで聴いたわけではありません。日本でも話題になって、来日&テレビ出演も果たしていますが、名前だけは知ってる、という程度でした。当時は英米に憧れはあってもフランスは小洒落た嫌みなイメージがあって、興味なかったんですね。
かなり後になってから、偶然に『青春の彷徨』(邦題)を聴いたのですが、その音世界の豊かさに全身に衝撃が走りました。
特にびっくりしたのが、この曲です。そうです、CMに使われてましたよね。何のCMだったかは記憶にありませんでしたけど。『異邦人』という邦題がついていました。


パリの駅(恐らく北駅?)に降り立った一人のフランス女。"ジャン"という彼と話すべく電話をかけますが、生憎彼は不在のよう。このシチュエーションがいかにもベタなんですよね。もう20年以上も前と言えど、イギリス人もフランス人についてこんなシチュエーションを想定してるもんなんだ〜、と妙に笑えたりして。
そして、女はいつしかパリ随一の歓楽街ピガールへと迷い込む。"Anne Pigalle"のピガールって、この有名な街の名前とかけてたんでしょうかね。ほら、パリと言えばピガールでしょ、わかりやすいでしょ、みたいな。ならば、アン・ブローニュとか何か森にちなんだ名前でも良さそうな気がしますが、それじゃ、あまりにもコア過ぎますかね。
とにかく古い映画のような1シーンから一転、猥雑な覗き部屋へと舞台は移るのですが、結末はあまりにも安易なような...。まぁ、いいんです、いいんです。ビデオ・クリップなんてストーリーよりイメージが勝負ですから。

とにかく、私が初めてこのアルバムを聴いた時はすでに廃盤になっていて、入手困難でした。しかも、これを見つけたのが市立図書館の視聴コーナーでしたので、ダビングしたくてもさせてもらえなかったのですね。しょうがなく、何度か通って聴くしかありませんでした。それから長らく『青春の彷徨』は自分にとって幻の名盤だったのですが、今年に入り、枚数限定の復刻盤が発売された、という情報をもらいました。(jasouyouquiさんmerci!)
オリジナル盤の収録曲は8トラックなのですが、日本の復刻盤は8トラック追加されています。これは"He! stranger"と"Why Does it have To Be This Way..."の12インチシングルに収録されていたリミックスものと新曲。同じ曲が延々と続くので後半は冗漫な感じがしました。でも、リマスターされた綺麗な音質で復活したのは感激です。
自分は何と言っても "Via Vagabond"。最初聴いた時は鳥肌ものでした。"Souvenir D'un Paris"とかフランス語で歌ってるものはやはりいいですね。当時は未知の世界のページをめくってるような新鮮さがありましたけど、冷静に聴いてみると、メロディー・ラインは典型的な古いシャンソンですよね。そして、歌がさほど巧いわけではない(爆)。ちょっと投げやりで乱暴な歌い方です。「20世紀のエディット・ピアフ」が当時のコンセプトだったそうですから、意図的な部分もあったのでしょうけど、それにしても力不足は否めません。しかしながら聴く者を一瞬にして魅了し、虜にしてしまうような力があるのですから、極めて完成度の高いアルバムと言えるでしょう。今も色褪せない輝きを持ってると思います。ところが、この"Every thing..."というタイトルとは裏腹にセカンドがリリースされることはなく、アンはアメリカに渡り、音楽シーンからは遠ざかってしまいました。
b0069502_1875284.jpg

b0069502_18234820.jpgこの度の日本盤リイシューがまことに秀逸で、音楽ジャーナリストのイアン・ピールのインタビュー(原文&翻訳文)と高橋健太郎氏のライナー・ノーツを読むことが出来ます。そこから一発屋で終わってしまった謎の女性アン・ピガールのその後の経歴と現在、そして彼女が当時を振り返って「あの頃は私も若くて何もわかってなかった」と語るなど、生身の人物としての触感が感じ取れるようになっていて、実に興味深いです。音楽にすっかり興味を失ってしまった彼女が米国で知り合った男性と「一緒に映画を創ろう」ということになったのに、その彼はアンが母国に帰省している間に自殺してしまうなど、ZTT時代以上に数奇な運命が彼女に起こったそうです。
さて、恐らく齢50前後になっているかと思われるアン・ピガールですが、写真家、画家、官能詩人として幅広い芸術活動をされているそうです。今はロンドンと故郷パリを行き来しているような生活でしょうか。
上の写真は2006年に撮影されたようですから、25年前とあまり変わってないですね。そう言えば、ZTTレーベルで同じような時期に活動していたフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの元ボーカル、ホリー・ジョンソンも画家として活動してますね。
彼女のアートの主題はほとんどがエロティシズムのよう。ピガール広場のエロティシズム博物館に陳列されそうな作品ですね。この表現者として追求し続ける姿勢、やはり興味深い女性なのだと確信しました。

b0069502_18322629.jpg

そして、何と彼女は音楽活動も再開してます。
新作"Amerotica"はオフィシャル・サイトのみで販売。MY SPACEでは一部視聴も出来ます。
Pigalleさんだけに相変わらずピガール街が登場します...。昔の妖しい短編映画みたい。



Anne Pigalle site officiel

Anne Pigalle MY SPACE
[PR]
by marikzio | 2009-02-28 18:08 | Other Music | Comments(0)

フランス映画祭2009 の来日ゲスト
公式サイトでは相変わらず「coming soon」のままなんですが、一応は決定してるみたいなんですね。

『Festival du Film Français 2009 /フランス映画祭2009 来日予定ゲスト
(2月13日現在)

情報元 フランス語教室 フランスネット シネマ案内

団長のジュリエット・ビノシュは当然、オープニング・セレモニーで顔を出すでしょうけど、他のゲスト陣も同日なのでしょうか?
ほとんど知らない人ばっかりですね。
やっぱり「伯爵夫人」ことJulie Delpy さんはいらっしゃらないのですね...。
[PR]
by marikzio | 2009-02-27 09:02 | Movie | Comments(0)

ジュリー・デルピーによる「伯爵夫人」
「鏡よ鏡、この世で最も美しいのはだーれ?」
b0069502_23453614.jpg
そんな声が聞こえてきそうなこのビジュアル。
今や女優、歌手、映画監督として幅広い活躍を広げるジュリー・デルピーの「2Days in paris」に続く監督作第2弾は日本でも「血の伯爵夫人」として有名なハンガリーのエリザベート・バートリが題材の『La comtess』。
国中の若い娘(処女)をさらっては城に幽閉し、自分の快楽を満たす為に拷問や殺戮を続けたという伝説のヒロイン。若さを保つために、少女達の生き血を吸い、血のお風呂に入ったりした、というエピソードから『吸血鬼』のモデルになったとされる。
私も以前、この女性をモデルにした小説を読んだこともありましたが、どうやらそういう事実があった、という証拠はないそうで。今や、殺戮エピソードは近隣諸国がハンガリー王国を陥れるために流したデマだったという陰謀説が有力みたいです。

wikipedia バートリ・エルジェベート

とは言え、やはりエリザベート・バートリーは謎に包まれた女性ではなかったのでしょうか?
雪のように白い肌を持つジュリー・デルピーがどんな怪演を見せてくれるか楽しみです。ジュリーの狂気、どう炸裂するか!?
イーサン・ホーク、ウィリアム・ハート、ヴィンセント・ギャロなどの豪華共演陣も見所。これは期待するな、と言われても無理です。

来るフランス映画祭2009の出品作品にもなってるんですけどね、プログラムが13日金曜日のナイト、ということで、自分の都合には合わせられませんでした。
大手配給で公開して欲しい〜〜。
b0069502_034154.jpg

b0069502_044625.jpg

[PR]
by marikzio | 2009-02-23 00:08 | Movie | Comments(0)

ご本人....じゃないですよね???
ブロンド女性の背中一面に横たわるタトゥ...。
よ~く見ると、この入れ墨、フランスのシンガー・ソングライターのCLARIKAさんじゃあ~りませんか!
b0069502_10263827.jpg

これは、彼女の新作アルバム "MOI EN MIEUX" のジャケ写なのですね。
特に買う予定はないのですが、あまりに強烈なビジュアルだったので、ここに紹介させて頂きました。

"MOI EN MIEUX" は3月16日発売どぇ~す056.gif 

Le MY SPACE Officiel de CLARICA
[PR]
by marikzio | 2009-02-19 10:35 | French Music | Comments(2)

Coralie Clément "Toystore"
今夜、初めてこのブログに登場するのは、Coralie Clément。
2001年、"Salle des pas Perdus" でデビューして以来、愛らしいルックスと小粋なウィスパーボイスで日本でもファンが多いコラリー・クレモンなのですが、自分は彼女のアルバムを聴いたことはありませんでした。
私にとって初クレモンとなる本作 "Toystore" は彼女の3作目となるスタジオ盤。
b0069502_18473261.jpg
"Toystore"
L'effet Jokari
C'est la vie
Share the day
Le baiser permanent
Je ne sens plus ton amour
(feat. Etienne Daho)
Sono io
On était bien
Houlala
La reine des pommes
Paris, dix heures du soir
So long babyline
Tu seras à moi


b0069502_18491351.jpg全12トラック、34分。短い収録時間ながら、ウクレレやメロディーボックス、オルゴールなどあらゆる楽器が登場し、カラフルな音色を奏でてます。まさにおもちゃ箱をひっくり返したかのよう。何度も聴き込んでると、メロディー展開が多様で計算しつくされたプログラミングであることがわかるのですが、全体的にシンプルなアコースティック調に徹してます。土臭さとかそういう野暮ったさとは無縁の巧みに処理された楽曲。バランスが取れたアルバムですね。最初はフレンチ風味のボッサで始まり、歌うというより語るという感じのクレマンのボーカル。歌唱力で勝負、というタイプではありませんが、自然体でほどよい脱力感が素敵。自分の中では、か細い声でフェミニンに歌っているのを予想してたのですが、思ったよりしっかり歌ってますね。すでにデビューから7年の歳月が経っているのですから、歌い方も少し大人になってるのかも知れません。
本作ではエティエンヌ・ダオとのコラボ("Je ne sens plus ton amour")やリオのカバー"La reine des pommes" にも挑戦。

b0069502_1982735.jpgコラリー・クレモン、と言えば、あのお方の存在を忘れてはいけません。
実兄であり、彼女のこれまでのアルバムをプロデュースしてきたバンジャマン・ビオレー。
Benjamin Biolay(1973年1月20日-)は売れっ子音楽プロデューサー。アンリ・サルバドールやケレン・アンなど数多くの歌手のプロデュースに携わり話題作を提供してきた他に自らも歌手としてアルバムをリリース。
歌うというより呟くような野太いダミ声、ケレン・アンとの恋愛関係と破局、元妻キアラ・マストロヤンニとの間にカトリーヌ・ドヌーヴの孫娘が誕生するなど、その音楽スタイルや生き様から「21世紀のセルジュ・ゲンズブール」とも言われています。
彼自身による作品は懲りすぎてついていけない感じなのですが、それに反してコラボ作品はライトで親しみやすい楽曲が多いような気がします。彼は恋仲になった女性をミューズとして歌わせることが多いですね。しかも、総じてみんな「声に頼らない歌唱法」というか、率直に言うと、そんなに歌が上手いわけではなく、可愛らしく歌っている、というパターン。ある意味、女性として素の部分を魅力的に引き出そうとする手法なのでしょうか。そういうところもまたセルジュ的といいましょうか。ゲンズブールよりずっとハンサムで彼ほど生臭さやスキャンダラス性がないところが21世紀っぽいですね。

話がお兄様方面にそれてしまいましたが、閑話休題。
自分のお気に入りは "C'est la vie"、"La reine des pommes"、"So long babyline"。もちろんその他の曲も良いですよ。少女時代、オルゴールを開いた時のようなときめき感がこのアルバムには詰まってます。
ちょっと前に ワンダー獅子狗さんのレビュー を読んだ時に、その中で「クレスプキュール時代のキャシー・クラレみたいです」と書かれてあって、「ふうん。ちょっと聴いてみたいかも」と思ったんですよね。そう思いつつ、忘れてしまってたんですが、この度ワンダーさんのお気遣いで堪能することができました☆
これもまたうれしいシンクロ。ありがとうございます♪

出会いと別れを繰り返すビオレーにとって、コラリーこそが真の意味での永遠のミューズ。さすが兄妹だけあって、顔立ちが似てますよね。それとも、いつかコラリーも大人になって、兄の傘下を出る日がやってくるのでしょうか?


b0069502_18494758.jpg

Coralie Clément MY SPACE
[PR]
by marikzio | 2009-02-16 18:49 | French Music | Comments(6)

Anne Pigalle のリイシュー
1985年、当時は泣く子も黙るZTTからリリースされたアン・ピガールの "Every things could be so perfect..."(邦題『青春の彷徨』)
そのアルバムからのシングル"Hé! Stranger"(邦題『異邦人』)が自動車のCMソングに起用され、日本でも話題となりました。
トレバー・ホーンによる緻密な音環境のもと、フランス訛の英語(時にフランス語で歌っている)と異国情緒あふれるミステリアスなメロディーが見事にハマって、英国で大成功を収めましたが、このアルバム1枚で彼女は音楽シーンから姿を消すことに。
以来、入手困難な幻の1枚だったのですが、つい最近枚数限定盤として復刻されました。iTunes storeでもDL出来るようになってます。
b0069502_22123169.jpg

で、ワタクシも早速入手いたしまして、この「青春の彷徨」を聴いてるのですが、レビューはもう少しじっくり聴き込んでから投稿することにします。
とりあえず、再発されたことを知らない人もいると思うので、早くお知らせした方がいいんじゃないか、ということでここに走り書きしております。

アン・ピガールが来日した当時、私は彼女の音楽をまだ聴いてなかったのですが、彼女の世界に夢中になっていた友達が「アン・ピガールが今夜テレビ出演するの!」と喜んでいた時がありました。
「きっとすごく美しい人だと思う」
で、その翌日、私は彼女に聞きました。「どう、アン・ピガールって綺麗だった?」
「う〜〜〜ん...。私のイメージしてたより...、は、鼻が大き過ぎるような」
ま、確かに立派なお花、いやお鼻をしてますけどね、でも年齢不詳で妖艶なお方だと思いますよ。

b0069502_22255785.jpg
デカ鼻なんて失礼な!


曲が日本のCMに使われていた彼女ですが、ご自身がこんなCMに出てたのですね。



それでは、レビューは改めてまた、後日。
[PR]
by marikzio | 2009-02-12 22:31 | Other Music | Comments(2)

Festival du film Francais au japon
今年も、もうすぐフランス映画祭 au japon が開催されます!
b0069502_8534971.jpg
フランス映画祭2009 TOHO シネマ六本木ヒルズ


上映予定作品のラインナップはコチラ!
2009 上映作品

私が観たいと思う作品は、

『美しい人 LA BELLE PERSONNE』

『西のエデン EDEN A L'OUEST 』 

『サガン ─悲しみよ こんにちは─ SAGAN』

『ベルサイユの子 VERSAILLES 』

『ホーム・パーティー FAIS COMME CHEZ TOI』


そして...
ジュリー・デルピーの
『伯爵夫人 LA COMTESSE』
b0069502_903389.jpg

あたりでしょうか?

でも、私がその期間中、東京に滞在するのはたった2日間だし、そのうちの1日はすでに予定が埋まっています。1本でも観られればもうけもの、とでも言うべきでしょう。
おフランスな文化の空気だけでも感じさせてもらいたいところです。
[PR]
by marikzio | 2009-02-09 09:06 | Comments(0)

Tiziano Ferro "Il regalo più grande" のビデオクリップ
人生初のDVDコ*ーに悪戦苦闘している間に、You TubeにTiziano Ferro の新しいビデオクリップが流れてたんですねー。
jasouyouquiさんに教えてもらうまでノー・チェックでした。公式サイトでさわりみたいなのが流れて「あ、舞台はNYなんだ」と思ってはいたんですけどね。私としたことがヌカったわ...。
b0069502_20325044.jpg

miharuさんによると、「君に贈り物をしたい」というような内容の歌だそうですので、どうせ美女モデルとTiziが甘い言葉を囁きあう、みたいな映像なのかと思ったら、いい意味で裏切られました。
大好きな人になけなしのお小遣いで贈り物をしようと考える男の子と女の子。この二人は最後に意外なところでシンクロします。



高層ビルの屋上に佇むTizi、タイムズスクエアの雑踏の中のTizi、ブルックリン橋を渡るTizi。欧羅巴男子なのに、マンハッタンがサマになってます。
私は前々からティチアーノは絶対NYが似合うはずだ!と思ってました。彼はロンドンにいるよりニューヨーカーって雰囲気です。
そう言えば、私が何気にTiziの"Rosso Relativo"を見つけてジャケ買いしたのもタイムズ・スクエアにあるヴァージン・メガストアでした。
[PR]
by marikzio | 2009-02-04 20:49 | Italian Music | Comments(4)


marikzio=mahのブログにようこそ。私の好きな音楽や映画を紹介しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
ブログパーツ
最新のコメント
通りすがりです。 ペイ..
by 通りすがり at 23:57
https://www...
by Two-Tribes at 01:02
https://www...
by Two-Tribes at 23:51
シリーズ恋物語 「エロス..
by りゅう at 16:21
就小说艺术的角度而言,这..
by 安全套 at 01:47
I like the h..
by Cheap Snapbacks at 07:20
Hi there ver..
by Louis Vuit at 13:44
It¡¦s in poi..
by Pandora Charms at 17:50
millefeuille..
by marikzio at 14:01
あけましておめでとうござ..
by millefeuille at 20:50
☆Link☆
タグ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧