<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

-LA TOURNEUSE DE PAGES- by Denis Dercourt
あるピアニストに夢を潰された一人の少女。
大人になった少女は、そのピアニストに近づく。愛と憎しみがないまぜになった思惑を胸に彼女が実行した復讐劇とは...。
b0069502_20115730.jpg
邦題『譜めくりの女』(2007 フランス)
監督 ドゥ二・デルクール
出演 カトリーヌ・フロー、デボラ・フランソワ 他
 

「ピアニストになる」という想いを抱いていた少女メラニー。その夢を果たすべく少女はコンセルヴァトワールの入学試験に向かいます。
「もし、試験が駄目だったとしてもレッスンは続けていいぞ」と言ってくれる父に対し、「いいえ」と答えるメラニー。彼女は固く決意していました。「これが最初で最後のチャンスであって、もう次はないのだ」と。
ピアノの実技試験の審査委員の中には有名ピアニストのアリアーヌ(カトリーヌ・フロー)がいました。メラニーにとって、アリアーヌはまさに雲の上の存在。憧れの人の前で演奏するということは、緊張と恍惚が同時に昇りつめる最高の瞬間なのです。自信満々で演奏を始めたメラニーでしたが、突然、アリアーヌのファンがサインをもらいに会場に入って来ました。試験中の会場に入って来るという非常識な行為。しかし、ピアニストはそれを咎めるどころか、相手の求めに応じてサインしてしまう。アリアーヌの行為にショックを受けたメラニーは演奏を止めてしまいます。
自分のせいでピアノが止まったとも知らず、アリアーヌは「どうしたの?続けなさい」と冷淡に言い放ちました。しかし、すっかり動揺したメラニーは演奏を再開することが出来なくなってしまいました。彼女のピアノ人生はそこであっけなく幕を閉じました。メラニーは自分に課した取り決めどおりに、ピアノに鍵をかけ、ピアニストの夢を永遠に封印するのです。

b0069502_20122431.jpg月日は流れ、女子大生になったメラニー(デボラ・フランソワ)。
弁護士ジャン・フシェクールの事務所に実習生として入ることになります。名高い弁護士、ということで希望者は殺到しましたが、短大生ながらも抜群の成績、履歴書に書いてきた応募の動機が特に素晴らしい、ということでメラニーが抜擢されたのです。その"素晴らしい動機"というのがどう書かれていたのかは最後まで知ることができなかったのですが、彼女の真の目的ははっきりしていました。メラニーの標的は弁護士ジャンの妻。それはかつて自分の夢をあきらめるきっかけを作ったピアニストだったのです。
メラニーは弁護士夫婦が期間限定で子どもの世話係を捜している、という情報を聞きつけ、直談判で自分を売り込み、まんまとフェシクール家に近づくことに成功しました。

かつての憧れのピアニストは、試験会場にいた時の彼女とは違う状況になっていました。3年前に交通事故に遭ったおかげで情緒不安定になり、これまでのように人前で緊張せずに演奏できなくなっていました。これではプロとして使い物にならない。彼女のピアニスト生命は危ぶまれていました。
メラニーが譜面を読めることを知ったアリアーヌは、演奏の時に自分の譜めくりをしてくれないか、と依頼するのです。"譜めくり"はページをめくるタイミングが演奏の出来映えに大きく影響するとも言われている重要な存在。メラニーの胸の内など全く知らないアリアーヌは彼女に大いなる信頼を寄せ、心を委ねて行きます。そして、二人の間に流れる不思議な感情に気づき戸惑う。しかし、その時にはすでにアリアーヌはその娘に心を奪われ、その存在なしにはいられないほどになっていました...。
二人の立場が完全に逆転したと確信したメラニー。これまでずっと温め続けて来た復讐のシナリオを完璧なものにするべく、最後にとった行動とは...。

この作品、登場人物が繊細過ぎるのか、自分には理解しづらいところがいくつかありました。
まずはヒロイン、メラニー。ピアノが大好きでピアニストを目指していたのに、なんで1回こっきりで諦められるんでしょ。父親が続けてもいいと言ってるのに。最初から再チャレンジは有り得ない、と決めつけていましたが、幼心にも「同じことに何度も挑戦するのは才能がない証拠」と考えていたのかも知れません。「だから私は1発勝負しかやらない」と考えてたとか。そこまで思いつめること自体、壮絶な意思だと思います。
「その人生最後の勝負に失敗したのは、あのピアニストが私に敬意を払わなかったせいだ」と自分勝手に責任転嫁し、いつか復讐しに行ってやろう、とずっと機会を窺っていたのかも知れません。かなり性分が悪い女です。
そして準ヒロインのアリアーヌ。繊細なんだか鈍くさいんだかわかんない。
コンセルヴァトワールの試験会場に到着した時にサインを頼まれた時は「後で」と断ったくせに、なんで試験の真っ最中にサインに応じてるのか。しかも、よりによって自分を破滅させようと近づいて来た女にあっさり親愛の情を寄せ、全面的に寄りかかってしまうという脳天気さ。そして、メラニーがあの時の少女であることに最後の最後まで気づかない。おまけに「私、彼女と....かも知れないわ」と親友に打ち明ける始末。でも、おいおい、そんなシーンなんてあったっけ?それに、ああた、旦那さんも子どももいて、今更、同性に惹かれちゃった、なんて、そんな。あげくの果てに、メラニー宛に書いた手紙を旦那さんに読まれた時(わざとメラニーが彼の机に置いてった)、失神して倒れるという古典悲劇の王道。これはまさに神業です。

でも、う〜ん、とまぁ。
後でいろいろと考えて見ると、アリアーヌはともかくメラニーはそうなのかも知れません。アリアーヌの頬(唇にきわめて近い)に軽くキスし、耳元で何かを囁く場面とか、息子と三人でかくれんぼした時、アリアーヌとメラニーが同じ木の陰で身を潜めるところとか、直接的でなくともニュアンスで何かを伝える部分はありましたので。
それにしても、メラニーは恐るべき女です。端正ながら無表情で冷淡な美貌、そのクールビューティとは裏腹にちょい豊満なボディ。彼女に欲情したアリアーヌの同僚(♂)に体を触られた時も表情ひとつ変えず、楽器の先を相手の足に突き刺す冷酷さ。アリアーヌに寄り添ったり、忽然と姿を消したりして、女主人の心を手玉に取る手練手管。ハリウッド映画のような派手さや復讐劇にありがちな「ドロドロした女同士の争い」的な部分がないので、見終わった時は「何だかようわからん」と思ったのですが、今こうして思い返して見ると、結構スリリングなお話ですよ。
b0069502_20123812.jpg
この2ショットはカンヌ映画祭での1コマでしょうか。
スクリーンの中で火花を散らした二人の女優がとても和気藹々に見えます。この映画の監督者、ドゥ二・デルクールは映画業もこなす傍ら、ヴィオラ奏者であり、ストラスブール国立音楽院の教授としても活動しています。これは本物の音楽家が創った映画。
人物の描かれ方に多少無理があるような気もしてましたが、彼の経歴を見て納得しました。登場人物の描き方、音楽の使い方、映像、あらゆるものがエレガントな作品だと思います。

『譜めくりの女』公式サイト
[PR]
by marikzio | 2008-07-29 20:12 | Movie | Comments(0)

斜陽館
多忙のため、長らくブログ更新が滞っていました。
そろそろペースを取り戻そうと思ってますが、お休みしている間に記事を書く筋肉(?)が衰えてしまってリハビリが必要です。
と、いうわけで、久々の投稿はユルめにウォーミングアップ。五所川原市金木町の観光名所、斜陽館を取り上げてみたいと思います。
b0069502_23343792.jpg

b0069502_2343349.jpg斜陽館とは、昭和を代表する文学者、太宰治の生家。純和風な建築様式の斜陽館を取り囲む煉瓦の城壁(?)。
衆議院議員であった太宰の父親、津島源右衛門は当時、地元で一番の名士。彼は明治40年6月、階下11室278坪、2階8室116坪、という大豪邸を金木町の中心に建てました。
「この父はひどく大きい家を建てたものだ。風情も何もない、ただ大きいのである」
『苦悩の年鑑』の中で太宰はこの巨大な家をこんなふうに語っています。
太宰治こと本名、津島修治はこの家で生まれ、少年時代をここで過ごしました。いかにも当時の田舎の裕福な家にありがちな、重苦しく威圧するような構え、ただっ広い屋敷の中で彼は何を見ていたのでしょうか?

b0069502_0103238.jpg
板間。ここで食事の準備がされていたのでしょうか?
ここからすぐに倉へと続いています。何と言っても倉は金持ちの象徴だったのですね。

b0069502_0123696.jpg
二階へと続く踊り場。いきなり洋風です。
当時は部分的に洋風建築を取り入れる和洋折衷な様式が流行ったのでしょうか。大正モダン、という感じです。
b0069502_0171910.jpg
二階の窓から見下ろす中庭。専属の庭師さんなんかもいたのでしょうね。

ここで2階の様子をムービーで撮影して見ました。洋間と和室が混在してます。
BGMがおフレンチのバンジャマン・ビオレーで日本男児の太宰とミスマッチなようですが、彼は『人間失格』という作品を残したり、4回も自殺に挑戦したりと超ネガティブ人間でしたので、"Négatif"という曲を選んでみました。(ほんとは単に私の好み)
「撰ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」という一節はヴェルレーヌの作品からの引用であり、生前の太宰が最も好んで口にしていたものなのだそうです。さすが、ナルシズムの権化である彼。勝手に憂いまくっております。



b0069502_041165.jpg「斜陽」とは勢威・富貴などが衰亡に向かっていくこと。
この言葉のとおり、こんな豪邸で暮らした津島家の財政は次第に傾いて行き、彼はその没落して行く様を小説「斜陽」で記しています。(と、言っても読んでないので、詳しいことはわからん)
彼の死後、この家は津島家の手を離れ、「斜陽館」として一般客が利用出来る旅館に転身。しかし、平成8年には旧金木町が買い取り、町の施設となりますが、現在はみちのく銀行の所有。ご主人なき後、こんなふうに所在が転々とし続けている斜陽館でありますが、100年の歳月を超えてなお、当時の姿を残されていることは素晴らしいことだと思います。

b0069502_0293256.jpg
...というわけで、「marikzioによる、斜陽館の旅」いかがでしたでしょうか?
いよいよヴァカンス・シーズンもこれからが本番ですが、皆様も素敵な夏をお迎えください。
[PR]
by marikzio | 2008-07-26 00:09 | n'importe quio! | Comments(2)

TOMER G による "Dégénération"
このマッチョマン 066.gif はテクノ・ミュージック界の雄TOMER G
これまでにもいろいろな人の曲のリミックスを手がけている人で、その筋では有名な人らしい。
b0069502_22215891.jpg
ミレーヌの最新シングル "Dégénération" はすでにリミックス・バージョンがいくつかあり、かなり有名なアーチストが手がけているということで、ファン・サイトのフォーラムでも話題になっているのですが、この TOMER G がその内の一人というわけです。
MYSPACE のプロフを開くとすぐに音楽が流れるので、聞いたことがある人もいるかも知れませんね。この人、イスラエル出身みたいです。

公式MY SPACE Myspace.com TOMER G

そして、これが彼による"Dégénération" Remix。
オリジナルより2倍近く長いので、ビデオ・クリップも新たなシーンが入ってるのかも、と期待しましたが、コラージュ的に編集されてるだけでした。でも、より生々しい感じが増してて何とも言えない出来映え。とりあえず、TOMER サウンドの感触を楽しんで頂きましょ070.gif

You Tube Dégénération (Tomer G Sexy Club Mix)

TOMERとエッフェル塔。
ワイルド過ぎ〜071.gif
b0069502_22405613.jpg

[PR]
by marikzio | 2008-07-17 22:44 | Mylene Farmer | Comments(0)

酒池肉林 Dégénération
ついに解禁となった "Dégénération" のビデオクリップ。
こぼれビデオや写真では「ミレーヌっぽいけど、代役でしょ」と思ってた人はミレーヌご本人でした。
ちょっと若作りし過ぎてリアリティがないな、とは思いましたが、やっぱり可愛い053.gif
b0069502_23195849.jpg
この設定の彼女は美しきな謎のクリチャーということで、敢えてアンドロイドっぽくしたのかも知れないし。
この異星人ミレーヌ、実は恐るべき力を持っていて、ラボの中は大変なことに....。
前回の記事で「彼女はありえないぐらい肌をさらしているらしい」と書きましたが、脱いでるのは彼女ではなく周りにいる方々。
b0069502_23252885.jpg

確かに"les corps"と複数形で書かれていたけれど("corps"は元々複数形で書く)、まさかあんな展開になるとは...。
「これまで見たことがないようなミレーヌ」ってある意味そうですね。
4回ぐらい続けて見てしまいました。結構気に入ってます。
さて、来年のツアーでは是非ともこの魔性光線で信者たちを狂わせて欲しいです。あ、でも、近くにいるのが脂ぎったオッさんだったら、巻き込まれたくないかも....。
b0069502_23404967.jpg

ここで完全版が見られます↓
MYLENE FARMER SFR MUSIC
[PR]
by marikzio | 2008-07-10 23:43 | Mylene Farmer | Comments(2)

-Factory Girl- by George Hickenlooper
アンディ・ウォーホールやボブ・デュランのミューズであり、60年代のファッション・アイコンでもあった伝説の女性、イーディ・セジウィック。
彼女のことは知らなかったし、アンディ・ウォーホールにもボブ・ディランにも特別な思い入れはなかったのですが、ポップカルチャー全盛だった70年代前後の独特の雰囲気に自分は興味があって、あの Chelsea Hotel も出てくるかも知れないという仄かな期待を抱いてこの映画を見ることにしました。
b0069502_21541762.jpg
邦題「ファクトリー・ガール」
監督 ジョージ・ヒッケンルーパー
出演 シエナ・ミラー、ガイ・ピアース、ヘイデン・クリステンセン


1965年、ニューヨーク。
サンタ・バーバラから画家をめざして上京した一人の少女。彼女の名はイーディ・セジウィック(シエナ・ミラー)。名門セジウィック家出身のお嬢様。ケンブリッジ美術学校を退学した彼女は知り合いのチャックを頼ってNYへ。
ある日、チャックとともに、とある画廊のパーティーに現れたイーディ。パーティーに来た目的は、あのアンディ・ウォーホルと知り合いになること。
類い希なる美貌の持ち主、イーディはそのモダンな雰囲気で周囲の注目を集めます。彼女に注がれる視線の中に一際熱くて鋭い眼差しがありました。その視線の主こそが泣く子も黙るアンディ・ウォーホル(ガイ・ピアース)。
「おお、何て素晴らしい娘なんだ...」
二つの人生が交差した、まさに世紀の瞬間。

アンディ・ウォーホル(1928年〜1987)は20世紀に誕生したポップアートの教祖。
『コカ・コーラの瓶』や『マリリン・モンロー』など、チープで庶民的なモチーフや奇抜なコラージュ、派手な色彩などを用いてアメリカの大衆文化を象徴するような作品を発表。これまでの『芸術作品』と呼ばれて来たものとは対極にあるような斬新でポップな画風で商業的な大成功を収めてしまう。まさに彼は20世紀カルチャーのテロリストであり革命児なのです。イラストレーションや写真の他に映画制作やロックバンドのプロデュースなどマルチに活動。そしてシンボルマークの金髪のカツラを被り、毎晩パーティ三昧の日々を送ったことでも有名。
まさに時代の寵児であったウォーホル。数々の有名人たちと親交があり、野心を抱く者たちはこぞって彼とお近づきになろうとしたのですね。人の心を巧みに操る術に長けていたという彼は人を自分の都合のいいように利用することもあったようです。それでも当時の若者たちにとってウォーホルは神に近い存在であり、彼の放つオーラたるや相当なものだったのでしょうね。

最初、イーディに目を止めた時、ウォーホルは何よりもまず、彼女の実家が大富豪であることに着目していました。
「僕の映画に出て見ないか?」
ウォーホルの作る映画は超実験的でポルノまがいと評されるような代物。彼は出会う人誰にでも言っていたと言いますが、無垢で世間知らずなイーディはこの言葉を真に受けカメラテストを受けるのです。
そしてこれが全ての始まり。ウォーホールのスクリーンに現れた妖精は瞬く間に反響を呼びます。前衛芸術家といつも連れ立っている謎の美少女をマスコミが放っておくはずがありません。行く先々でイーディーはカメラに取り囲まれ、その圧倒的な美しさと奔放な発言で話題を呼び、ヴォーグ誌のカヴァーを飾るなど露出が増えて行きます。
「ウォーホルの人気はイーディに支えられているのだ」という声まで飛び出します。
b0069502_2211765.jpg
ウォーホールを盲目的に崇拝するイーディはいつも彼と行動を共にし、唯一無二の親友のような間柄となります。しかし、映画を見る限り、二人の間に性的な関係はなかったらしい。ウォーホールがヘテロでなかったからでしょうか?
イーディは古い友人から一人の有名ミュージシャンを紹介されます。そのロックスターとはボブ・ディラン(ヘイデン・クリステンセン)。有名人という有名人は数多く見ていたイーディでしたがボブ・ディランとの出会いは衝撃的なものでした。二人は恋に落ち、一緒の写真が出回るようになってからウォーホルとの関係は次第にぎくしゃくしたものへとなって行くのです。
常に取り巻き連中や有名人に囲まれ、ご機嫌を取られ、尊大な性格のウォーホル。しかも、数々の映画を撮っておきながら、イーディには一切出演料を払わないという非道ぶり。イーディは何度もギャラを払うよう訴えるのですが、それに対して彼は何の誠意も見せません。
ウォーホルはイーディに対して複雑な思いを抱いていたのだと思います。チェコスロバキア系移民で父は炭坑夫という労働者階級の家庭に育ったウォーホル。母親にはあばた顔のことを常に言われ、貧弱体型のオタク的青年だったウォーホル。上流階級育ちで完璧な美貌のイーディは生まれながらにして彼にないものを持っていました。イーディを自分の被写体にすることで、ウォーホルは本来なるべき自分の姿を彼女に投影させていたのかも知れません。そして、同時に屈折した感情もそこにはあった。
イーディと熱愛中のボブ・ディランがある日、ウォーホルの聖地"ファクトリー"(アトリエ)を奇襲。自分にカメラを回してみろとウォールに要求するエピソードがあります。ロック・スターにトゲのある辛辣な言葉まで吐かれ、イーディの見ている前でウォーホルは何も言い返すことが出来ない。ここでの彼は世界的に有名で商業的に大成功しているセレブではなく、ただの怯えた気弱な少年になってしまいます。
恋人がウォーホルに搾取されていると思ったボブ・ディランはファクトリーからイーディを連れ出そうとするのですが、イーディはこれを断固として拒否。
「彼を見捨てられるわけないじゃない」と泣きながらディランに言い放つイーディ。彼女にとってウォーホルは精神的一卵双生児のような存在だったのかも知れません。
b0069502_22113322.jpg
何不自由のない裕福な家庭に育ったと思われているイーディですが、実は父親から性的虐待を受け、兄が自殺しています。写真映えするスリムなボディも実は拒食症と入退院を繰り返していた結果なのでした。ある夜のパーティでイーディは面白半分に薬を打たれてしまい、麻薬と酒に溺れるようになります。
高級マンションに住み、欲しい物は何でも手に入った輝かしい狂乱の日々はあっという間に通り過ぎようとしていました。ウォーホルは相変わらずギャラを払ってくれないし、実家からの仕送りも止められてしまいました。収入があるとすぐ使ってしまう浪費癖も災いしてイーディはたちまち困窮状態に。そんな状況にいる時でさえウォーホルはイーディを見て見ぬフリ。そればかりか、新しいミューズを見つけて来ては、そそくさと肩入れにいそしむ。人気も落ち目になり、イーディは今や過去の人となっていました。そして、自分を救おうとしたボブ・ディランさえ彼女の元を立ち去り、彼が他の女性と結婚したことを新聞記事で知るのです...。
手相を見た占い師が生命線が切れているのに驚いた、というわずか28年の刹那的な人生。壮絶なわりにはあまり重さを感じさせない作品でした。主演女優のせいでしょうか?でも、ガイ・ピアース扮するアンディ・ウォーホルの鼻持ちならないエゴイストぶりや繊細な一面が良く出ていて結構楽しめました。

タイトル『ファクトリー・ガール』にある"Factory"とは、ウォーホルやその仲間たちが創作活動したり入り浸ったりした工房。時代精神が渦巻くカオスな場所だったのですね。チェルシー・ホテルは後半に出て来ました。なんかこのホテルに滞在する人で幸せな人ってあまりいないような気がします。そう言えば、ここの住民でもあったウォーホルは、後にある女の人に銃撃されてますね。瀕死の重傷を追い何とか命は取り留めたのですが、その事件後、かつてのオーラが弱まって、存在そのものに輝きがなくなってしまった、と何かの本で読んだことがあります。
タイムマシンがあったら、60〜70年代 のNYに行って見たいです。

公式サイト(日本語) 「ファクトリー・ガール」
[PR]
by marikzio | 2008-07-03 22:07 | Movie | Comments(0)

"Dégénération" 裏話、今日のパリ・マッチで
全編オンエアまであと数日...。
ミレーヌ・ファルメールのビデオクリップ "Dégénération"についての記事が本日発売のParis Match誌に掲載されているようです。
監督は Bruno Aveillan。
「一度も見たこともないようなミレーヌ!」 なんて大きな見出しが躍ってますね。
ブルーノ監督が明かす撮影秘話、ってところでしょうか?
b0069502_13254496.jpg

記事本文では「スリラー」でミュージックビデオに革命を起こしたマイケル・ジャクソンのように、ミレーヌ・ファルメールは短編映画のような画期的クリップでフランス音楽界のスターとなったと書かれています。相方ロラン・ブトナがメガホンを取り、見るからにお金がかかっているようなスケールの大きな作品を発表して来たミレーヌ。Luc BessonやAbel Ferrara のような本物の映画人が手がけたクリップもあります。今回のBruno Aveillan もは数々のCMを作っている人のようです。

舞台は軍事機密の研究室。そこで横たわる一人の美しい女性。この独裁国家が進める秘密計画とは...!?という感じなのでしょうか。
漏洩写真や流出ビデオを見た限りでは「美容整形に走る女たちの果てなき欲望?」っぽいものを勝手に想像してたんですが、ちょっいSFチックでシュールなストーリーみたいです。
撮影はプラハで俳優30人とCave Canem団のダンサーたちが参加。本編4分30秒のクリップは約1週間かけて撮影されています。私の読解に誤りがなければ、ミレーヌはかなりぎりぎりまで身体をさらけ出してくれてる、とか...。きゃー、どうなんでしょ?またまたやってくれますねぇ。
ちなみに記事に使われている写真はClaude Gassian 撮影によるもの。

現在、インターネット配信だけの "Dégénération"。しかし、すでにダウンロード件数4,998でオンライン売り上げ1位をマーク。また、来年のスタッド・ド・フランスでのコンサートチケットが2日分で80,000枚のセールスというのも新記録なのだそうな。

情報元 MYLENE.NET
[PR]
by marikzio | 2008-07-03 14:27 | Mylene Farmer | Comments(2)


marikzio=mahのブログにようこそ。私の好きな音楽や映画を紹介しています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
最新のコメント
通りすがりです。 ペイ..
by 通りすがり at 23:57
https://www...
by Two-Tribes at 01:02
https://www...
by Two-Tribes at 23:51
シリーズ恋物語 「エロス..
by りゅう at 16:21
就小说艺术的角度而言,这..
by 安全套 at 01:47
I like the h..
by Cheap Snapbacks at 07:20
Hi there ver..
by Louis Vuit at 13:44
It¡¦s in poi..
by Pandora Charms at 17:50
millefeuille..
by marikzio at 14:01
あけましておめでとうござ..
by millefeuille at 20:50
☆Link☆
タグ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧