<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

-2:37- by Murali K. Thalluri
午後2時37分、昼下がりのハイスクール。
閉め切った部屋に異変を感じた女子高生が必死にドアを叩く。「誰かいるんでしょ?お願い開けて!」
蜂の巣をつついたようにドアの前に群がる生徒を制する教師。ドアの隙間から流れ出る大量の血。
そこにいるのは誰?

邦題 『明日、君がいない』
監督 ムラーリ・K・タルリ
出演 テレサ・パルマー、フランク・スウィート、サム・ハリス、ジョエル・マッケンジー

b0069502_14211051.jpg

マーカス(フランク・スウィート)とメロディー(テレサ・パルマー)は兄妹で同じ高校に通っています。父親が弁護士で裕福。自宅は豪奢な大邸宅。
その日の朝、メロディーは部屋で泣きじゃくっていました。大写しにされる彼女の腹部。ちょうど両親が不在だったので、マーカスが車を運転して学校まで行くのです。
昔から、メロディーの心は満たされることがない。子どもの頃、海外の難民の子どもを救う募金活動に内緒で参加しているのを兄に告げ口され、父親に「ムダなことに金を使うな」となじられます。メロディーはピアノやダンスで才能を伸ばしかけますが、ある程度上達すると、いつも父親にやめさせられてしまう。彼女の将来の夢は教師になって、多くの子ども達を救うこと。しかし、父親は自分のすることに必ず反対する。自分は家族にとって疎ましい存在なのではないかと思うことがある。

兄のマーカスは成績優秀。将来は父親と同じように、やり手の弁護士になること。彼は常に自分の5年後を想定して行動しているので、勉強もまともにせず、日々面白おかしく過ごしているだけの級友たちを冷ややかに見つめています。学校に行く前、彼はピアノを弾いて、右手には包帯をしていました。その包帯には血が滲んでいて、傷の生々しさを物語っています。
彼は自作の小説を学校で発表したばかりでした。
「あなたの小説を読んだわ」彼の友人、ケリーが言う。「ねぇ、あれって、実在のモデルがいるの?...ひょっとして、自分の体験を基に書いてる?」
小説を発表して以来、いろんな人が同じような質問をマーカスにぶつけてきました。そして、ある教師もまた、彼の小説の内容が非常に気になるようです。
「ひとつ、聞いていいかな?あの小説には、エロチックな部分もある。あれは自分の体験を書いてるのか?」
「あれはただのラブストーリーです。モデルがいるとか、自分の体験とかは関係ありません。」
「もし仮に、登場人物が校内で射撃する内容の作品を書いた者がいたら、自分は迷うことなく、調査する。君の描写は生々しいところがある。このことを君のお父さんに話してもいいか?」
「やめてください!父にだけは絶対話さないで欲しい!」
公共で発表しておきながら、今更父親には言わないで、とは腰抜けな。しかし、マーカスにとっても、父親は専制的な存在であるらしい。優等生で何の問題もなさそうな彼もまた、何らかのしがらみを抱えているらしいのです。
幼い頃、彼は両親のあの場面を目撃していました。それもちょっと強姦に近いような形の。その時の光景が彼の創作に影響を及ぼしているのかも知れません。
b0069502_14212311.jpg

ルーク(サム・ハリス)はスポーツマンだが、ちょっと不良で問題児。ゲイのショーンや障害のあるスティーブンを友人達と一緒にからかっている。
そのルークにサラ(マルニ・スパイレン)は夢中。サラはキャリア・ウーマンになるよりも、早く結婚することに憧れています。そして、運命の王子様、ルークに出会った。しかし、ルークは女たらしで、幼馴染みだというメロディーと仲が良いのが気にかかります。
「サラのおケツに入れてみたいゼ」とルークは言う。「お前、そんな趣味があったのかよ〜」と引いてる友人に向かって「フン!童貞はこれだから嫌ダゼ」

自分がゲイであることをカミング・アウトしたばかりのショーン(ジョエル・マッケンジー)。しかし、それ以来、家族との関係はギクシャクしてしまい、学校でも異端者扱い。ルーク達には卑猥な言葉を浴びせられ、物笑いの種にされています。行き場のない自分の怒りを隠れてマリファナを吸うことで紛らわせているという不毛な日々。

スティーブン(チャールズ・ベアード)は3年前に家族とともに、イギリスからオーストラリアに移住して来ました。彼の脚は生まれつき左右の長さが違うので、歩行する時、片足を引きずるような格好になってしまいます。そのうえ尿道が2つあるので、自分でも気付かないうちに尿をもらしてしまうという悩みを抱えています。学校でスティーブンはいじめられっ子。しかし、愛する家族に心配をかけたくないので、いじめられていることを言えないでいる。
「大人になれば、皆あなたを理解してくれるようになる」と母は言う。高校卒業まであと3ヶ月。しかし、その3ヶ月が自分にとっては茨の道であり、一生続くのではないかと思えるほどに長い。
b0069502_1421353.jpg

メロディーの不安は的中しました。妊娠検査シートで陽性と出たのです。絶望し、途方に暮れるメロディーは運の悪いことに、その妊娠検査シートをサラの友人に見られてしまいます。
「あのメロディーが妊娠している」と告げられたサラ。「お腹の子どもはルークの子どもよ。私にはわかるの!」
しかしその後、衝撃的な事実が明らかになります。それはマーカスの右手の包帯の謎にも通じる事実。彼の傷は、メロディーをレイプした時に、妹の口をふさごうとして噛まれた傷だったのです。

ルークとショーンがトイレでキスしている場面に遭遇したスティーブンは、ルークに顔を殴られ、鼻血を流して歩いているところをケリーに声をかけられます。
ティッシュを差し出し、「大丈夫?」とスティーブンを案じる心優しきケリー。しかし、彼女もまた、心に問題を抱えていました。彼女はその思いを友人のマーカスに打ち明けようとしましたが、マーカスは自分のことで頭がいっぱいで友のSOSにまるで気付かない。
ケリーは虚ろな目をして校内を歩く。マーカス、メロディー兄妹が言い争い、兄が妹の腹を殴っている横を通り過ぎ、何度も振り返るものの、止めようともしない。
友達なのに、何故?そして、キャンパスの眩しい日差しの中へと消えて行く。
新緑の葉が揺れ、爽やかな風が吹き抜ける。いつも笑い声や奇声でざわついているロッカーやグランド。そんないつも通りの2:37、悲鳴が上がり、教師の罵声が響いた 。

b0069502_14215137.jpg結局、その自殺者の決定的な理由は明らかにされることなく、観客は消化できない謎をひとつ残して劇場を去ることになります。ああいう終わり方はちょっとずるい、というような気もするけどこの映画はミステリーものではありません。劇中の人物がお決まりのように「まさかあの人が死ぬとは思わなかった」と言い、「せめて自分に一言でも相談してくれたら」なんてコメントが空々しく見えたりする。それが凄いリアリズム。
これはカンヌ映画祭2006のオープニング作品。制作者のムラーリ・K・タルリはなんと19歳。親友が自殺から半年後、自分も自殺未遂をしたという経験をもつ。
「自殺を図ったのは誰?」というミステリー仕立ての展開の中に、6人のティーン・エイジャーに焦点を当て、「誰にも話せない秘密」というものを浮き彫りにしていく手法は見事。しかも、所々に伏線を張り巡らせて、後に次々とその実態が明らかにされていくので、観る者の中で最初に見た場面がフラッシュ・バックする。通り過ぎた場面が別の人物から見た視点で繰り返し再現されるなど、演出が凝ってます。
映像もまたスタイリッシュで、素人くさい野暮ったさがほとんどないのにも感心しました。この作品が描いている世界は果てのなし地獄絵図なのに、どこか詩的でキラキラした美しさがあって、見ているだけで切なくなってしまいます。
ソフィア・コッポラの初監督作品『ヴァージン・スーサイズ』は手が届かない憧れの美少女姉妹達が次々と自殺するという、ファンタジックな悲劇でしたが、これは世界中のティーン・エイジャー達が日々直面している現実。もちろん、マーカス兄妹やルークとショーンの関係など、いかにも映画的な設定だし、この映画が「自殺防止キャンペーン」とかなんとか言って、全校生徒を講堂に集めて鑑賞させるのに適した映画とはとても言えません。(終わったあと、気まずい雰囲気が流れそう...)
私がこの映画を好きな点は、この手の映画にありがちな、「だから死ぬな、希望を捨てるな」的押しつけがましい、道徳くさい内容でないところでしょうか。
親友の死、自らも自殺を企てたことのある制作者が「この映画の完成によって、自分は救われた」と語っているように、この作品のもたらすカタルシスが悩める若者の心を癒してくれるのではないかと思います。私が一番印象に残った場面は登校する前のメロディーの悲痛な表情でしょうか。彼女の涙にそんな恐ろしい秘密が隠されてるとは思わなかったし、絶望的な事実を目の前にしても決して希望を捨てようとしない力強さに救われます。
この映画の出演者はメロディー役のテレサ・パルマー以外はほとんど無名の新人さんのようで、この出演をきっかけにメジャーになった人もいます。特にスティーブン役のチャールズ・ベアードはモールで買い物をしているところを同世代の監督にスカウトされ、「自分が映画に出ることになるとは思ってもみなかった」そうです。これを機会に映画制作方面に興味を持ちだしているとか。

OFFICIAL SITE 2:37

日本語公式サイト 『明日、君がいない』
[PR]
by marikzio | 2007-07-30 14:21 | Movie | Comments(0)

ROXANNE
今日、何とはなしに Soffia Essaidi が聞きたくなって運転中、iPodで流していました。
"Mon Cabaret"の中で自分が一番好きなのは、第1弾シングルにもなった"Roxane"
彼女の年頃にしては、かなり大人びたバラードなのですが、エキゾチックな美貌と歌唱力が売りのソフィアなので、これが結構いけます。

これは、TV出演で歌った時のもの。口パクみたいですが、アルバム中のアレンジと近いので、ちょっと聞いて見てくださいな。

YOU TUBE "Roxanne" live TV - Sofia Essaidi

そして、これはStar Academy 関連のイベントでのステージ。
スパニッシュ調にアレンジされ、大勢のバックダンサー、アクロバットな振り付けで圧巻するソフィアちゃん。見ているこっちが息切れしそう。
b0069502_21415727.jpg
DAILY MOTION ROXANNE "SOFIA ESSAIDI"

この"ROXANNE"はオリジナルではなく、カバー曲だったようです。(歌詞が英語なんだから、気づけよ、自分)
なんと、"あのお方"もカバーしていらっしゃいました!
こちらはソフィアちゃんのエロエロ路線に負けず劣らず、イヤラシムード満点。こんな感じのお姉様方(?)がいっぱい登場します。アレンジはジャジー風味。
ご本人がビデオ・クリップに出て来ないのが残念。ここまでやっておいて、もう...。
b0069502_21475576.jpg
DAILY MOTION GEORGE MICHAEL - ROXANNE

この"ROXANNE"は、この映画の中でも使われていました。
おぢさんのドラ声が炸裂するタンゴ・アルゼンチーノ風。ソフィアのパフォーマンスはこの映画の影響を受けているのかも知れませんね。
b0069502_2255521.jpg
DAILY MOTION ROXANNE IN MOULIN ROUGE

と、まあ、情熱的に、官能的に、退廃的に歌われているこの"ROXANNE"なんですが、オリジナルはこの人たちです。23年振りに活動を再開した The Police。
2007年のグラミー賞授賞式のオープニングで、本家本元"ROXANNE"をプレイしてくれました。
b0069502_22155343.jpg
DAILY MOTION The Police - Roxanne Live grammy awards

でも、こうして聞いてみると、ふつーの曲じゃないですか。(笑)
歌詞がそういう感じなのかも知れませんが。(ちゃんと調べればいいのに、そんな手間までかける気のない自分)
でも、これは名曲。
さて、あなたはどの"ROXANNE"が お・好・き?
[PR]
by marikzio | 2007-07-26 21:56 | Other Music | Comments(4)

Vanessa & -M- "POURTANT"
昨日、ヴァネッサ・パラディが新作アルバムをリリースすることを記事に書きましたが、そのプロデューサーである -M- が彼女のライブ(2001年、ZENITH)に特別ゲストとして登場、"POURTANY"をプレイしていました。
そのパフォーマンスはDVDにも収録されており、そのビデオが DAILY MOTION でアップされています。

誰だ!そんな著作権に触れるようなことをする奴は!?

この私だっ☆ σ(^◇^;)
b0069502_23185363.jpg

b0069502_2319856.jpg

b0069502_23192352.jpg

DAILY MOTION VANESSAANDM
(ファイル名を適当につけたら、そのままタイトルになってしまいました)

誰かに通報されて削除されないうちに、お早めにご覧になってくださいませ。
私はこのDVDで、初めて-M-の存在を知ったのですが、彼がギターリストとしてカリスマ的な存在であることよりも、この鉄腕アトムのような風貌に度肝を抜かれました。でも、こうして見ると、-M-の腕前は確かですよ。

ヴァネッサって、ただの可愛い子ちゃんアイドルだとばかり思っていましたが、日本でも大ヒットした"ビー・マイ・ベイビー"を聴いた時はたまげてしまいました。
「この声は恐るべし!」と思ったものです。一見、子どものように舌足らずで甘ったるい声のようにも聞こえますが、手練手管に長けた中年女のように肝が据わったような図太さというか、妙ないやらしさがある。幼女ならぬ妖女の声に鳥肌が立ったことを覚えています。
DVD "VANESS PARADIS AU ZENITH" の中の彼女はアイホール全体に濃いシャドーを入れ、激しく体を揺らしながら歌い踊るなど、アイドル時代の彼女とは別人。
"ビー・マイ・ベイビー"の頃のイメージを期待していた友人は明らかに引いてました。「もうちょっと、おとなしく歌うのかと思ったのに...」
自分は、妖艶でワイルドなヴァネッサもイケると思ったので、「なかなかやるじゃん♪」と思ったんですけどね。
[PR]
by marikzio | 2007-07-24 23:28 | French Music | Comments(10)

Paola がソロデビューしてた!
イタリアのセクシー・デュオ、Paola & Chiara
b0069502_19472911.jpg

b0069502_19493816.jpg姉のキアラ(ブロンドの方)がソロ・デビューしてたのは知ってたけど、いつのまにかパオラもシングル出して、MY SPACE も作ってたんですね〜。
早速、フレンドリクエスト送りました♪

Paola の MY SPACE

このサイトでは彼女の記念すべきデビュー・シングル"ALONE"が聴けます。
これは必殺メロメロ・バラード。
マドンナを意識したかのような姉キアラのダンス・ミュージック路線とは異なりますが、彼女同様、アメリカなど英語圏のマーケット進出を狙ってるらしく英語で歌っております。

アタシの色香で世界を悩殺よ〜ん
b0069502_2013192.jpg
b0069502_2011947.jpg

さて、Paola & Chiaraとしての活動は?といいますと、NEWシングル"SECOND LIFE"をリリースしたばかり。当然、新作アルバムも予定されているみたいなんですが、お互いのソロ活動の影響もあってか、いつ発売なのかは、まだ公表されておりません。
パオキャと言えば、ナツ女。ヴァカンス・シーズンに向けて新作を出す傾向があるのですが、もう夏になっちゃいましたね。新作には"あのお方"もゲスト参加している、という情報もありますから、気長に待つとしましょ♪

Paola & Chiara の MY SPACE

Chiara の MY SPACE
[PR]
by marikzio | 2007-07-24 20:10 | Italian Music | Comments(4)

VANESSA PARADISの"DIVINE IDYLLE"
投稿も久しぶりだけど、音楽ネタもご無沙汰してたわん。
世界中の腐女子いや、婦女子の憧れ、ジョニー・デップ様のパートナーであるヴァネッサ・パラディの新作アルバムが今年9月リリース予定。
アルバムタイトルにもなっている"DIVINE IDYLLE"、シングルとして、すでに先行発売。

YAHOO!MUSIC VANESSA PARADIS

久々に見るヴァネッサちゃん。きれいというより、ちょっとホラーちっくです。
b0069502_15232318.jpg

b0069502_15253967.jpg

前作"BLISS"に続き、-M-こと Matthieu Chedid がプロデュース。
それ以外にも、 Patrice Renson, Albin de la Simone, Jérôme Goldet 、Olivier Lude などが参加している模様。
私は『ブリス』はちゃんと聴いてないのですが、2002年のライブDVDを見た限りでは、ちょっとジャジー・テイストな楽曲もあって、デップも制作にかかわっていたような気が。はっきり言って、ジャジー系の曲はつまんなかったです。今回、デップはノー・タッチなのかな?

情報元 NRJ Vanessa Paradis - Divine Idylle

[PR]
by marikzio | 2007-07-23 15:18 | French Music | Comments(11)

SEAN LAMONT
さて、本日登場するのは、Dievx Dv Stade 2007 で古代ローマの騎士姿が衝撃的だった
ショーン・ラモント。
b0069502_19295766.jpg

本名 Sean Fergus Lamont
1981年1月15日生まれ。スコットランド、パース出身。
スコットランド、ラグビー協会の選手として現在、Northampton Saints と Scotlandでwingを務めている。
身長188cm、体重100kgとラガーマンとしては申し分なしの体格ですね。
2000年に Rotherham に所属し、2001年には club’s under-21 のキャプテンに就任。その後もめきめきと頭角を現し、今やスコットランドのラグビー界でのキーマン的存在。
また、1999年から2002年までSheffield Hallam Universityでスポーツ科学を専攻しています。
彼の詳しい経歴については こちら をご覧下さい。
b0069502_19442732.jpg
YOU TUBE Lamont Breaks De Villers

フランスの有名なカレンダーに彼が参加したのは2007年度版。
お尻がステキ過ぎます。
b0069502_19482644.jpg
正式に公開されているphotoはこれ以外に2枚あるのですが、さすがにここではお見せできないものでした。(^◇^;)
代わりにこんな物で勘弁してください。
b0069502_19521369.jpg

b0069502_19532025.jpg

メイキング映像もDaily Motionでアップされていたのですが、アダルト指定扱いで、会員登録してログインしなければ見られない状態でした。今日確認したところ、そのビデオ自体が削除されてしまったようです。
とは言うものの、あるゲイブログでアップされているところがありました。しかし、そのアドレスをブックマークしておかなかったので、ここにリンクすることが出来ません。ご覧になりたい方は、いろいろ検索して見ると発掘できると思います。
なんでこんなに不親切なのかというと、かなり過激な内容だったりするので、リンクする側も見る側もそれなりの覚悟がいるからなんですね。ここまでやってくれた人は、Dievx 史上なかったのではないでしょうか。しかも彼、フランス人じゃないんですよ!(←それがどうした?)

彼の弟Rory もまた有名なラグビー選手だそうです。
2008年度はラモント兄弟がそろってカレンダーに参加してくれないかなぁ。
b0069502_2024380.jpg

[PR]
by marikzio | 2007-07-19 19:58 | 競技場の神たち | Comments(5)

-Science of sleep- by Michel Gondry
夢と現実の狭間に生きる妄想族の青年ステファン。
そんな彼が隣に住む女の子に恋をした。「せめて夢の中だけでも恋人同士でいたい」
恋愛睡眠の力は縦横無尽。次第に彼は夢の中の出来事を現実と混同するようになって行く...。

邦題 『恋愛睡眠のすすめ』
監督 ミシェル・ゴンドリー
出演 ガエル・ガルシア・ベルナル、シャルロット・ゲンズブール
b0069502_16405996.jpg

父親を失ったばかりの青年ステファン(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、メキシコを離れ、母クリスチーヌ(ミウ=ミウ)が住むパリへとやって来ます。母が経営するアパートに住み、母が紹介してくれた仕事について新生活を始めるステファン。しかし、彼に与えられた仕事は自分が望んでいたクリエイティブなものとはかけ離れたもの。同僚にも恵まれず、結局、彼は空想の世界に逃げ込むことになってしまいます。
b0069502_16412230.jpg

彼の心の拠り所は、脳内スタジオ"ステファンTV"。
段ボール箱を継ぎ接ぎしたようなセットの中で、料理番組のようにあらゆる材料を投げ込み自分好みの夢を調理。この夢世界というのがまた、いろんなオブジェやアニメーションを切り貼りしていて、コラージュっぽい。監督のミシェル・ゴンドリーはビョークなどのビデオ・クリップを作っていることで有名な人なので、イメージを洪水のように増殖させていく手法はまさにミュージック・ビデオ人の面目躍如と言った感じです。

b0069502_16414272.jpg映像以外にも、ステファンが人類史上に残る過去の大惨事をモチーフにしたカレンダーを考案したりなど、ブラックジョークが炸裂。
「こんなビザールな映画にあのシャルロットが登場するのか?」
ワタクシ、疑心暗鬼に陥りかけました。
しかし、ついに我らがしゃる坊の登場。
ステファンの前に現れた隣人ステファニー(シャルロット・ゲンズブール)。
ステファニーのピアノを運んでいた運搬人のミスで怪我を負ったステファンは、彼女の部屋で手当を受けることに。知的で可憐なステファニーに一目で心を奪われるステファン。しかし、引きこもり気質で世慣れてない彼をステファンの友人ゾーイがからかう。
顔見知りとなるものの、あまりに内気なステファンは自分は彼女の向かいの部屋に住んでいることさえ言い出せません。何でそんなことを隠す必要があるのか自分にとっては意味不明でした。
彼女を好きになったものの、結果的に失恋したステファン。その一方、二人の間に友情が芽生え、信頼関係を育んで行く。ステファニーは彼の脳内スタジオにも顔を出すようになります。
そこでの彼女は出演者として、ステファンが理想とする心優しき女をプレイする。二人の関係は理想的なだけでなく、時にカミソリのように辛辣な言葉が飛び交ったりして実にリアル。自分は二人の仲がどこまでが現実で、どこからが空想なのかわからなくなりました。途中、ステファンのママが同居することになったり、彼が会社をクビになったり、上司に恋の相談をしに行ったりして、ますます混乱。
ハッピーエンドを暗示するようなラストシーンも彼の夢の中の出来事でしかないのだ、と考えると切なくなります。しかし、それを言ったら、映画や小説なんてほどんどは虚構の世界。それに一喜一憂している私たちもまた、ステファン・ワールドの住人なのです。
b0069502_16421698.jpg
この映画、主演のお二方の他にも個性的なキャスティングで豪華です。
母親役にベテラン女優のミウ=ミウ。ステファニーの友人役ゾーイに『ママン』で大胆演技を披露したエマ・ドゥ・コーヌ。冴えない同僚セルジュにサーシャ・ブルドー。この人、歌手ロベールとデュエットしてビデオ・クリップにも出演してます。

b0069502_16422978.jpgそれにしても特筆すべきは、ラテン系セクシー俳優のベルナルが不器用なオタク系青年を演じきってること。彼の新たな一面を見せてくれたというか。ゴンドリー曰く、「ステファンは自分自身のことだ」というそうですが、ベルナルじゃちょっと、いい男過ぎませんか。(笑)
自分的にはベルナルの危ない魅力爆発の『Bad Education』が大好きなのですが、この作品でもサービスショットがほんの一瞬あります。この映画をご覧になったことはおわかりだと思いますが、ステファンが全裸で部屋から出て来たところをステファニーが魚眼から目撃してしまうところですよね。「あら、んまぁ♥」という感じでした。彼、下手するとシャルロットより背が低く見えたりしますが、それはそれで魅力的。
元モデルで女優の母、叔父が俳優兼演出家という芸能一家に生まれ育ったベルナル。幼い頃から子役として舞台に立ち、映画でも活躍しますが、より本格的な演技を学ぶため、19歳でロンドンに留学。そして、『アモーレス・ペロス』で世界的に大ブレイク。
「メキシコ人なのにきれいな英語を喋るなぁ」と思ってましたが、ロンドンで学んでいたのですね。映画の中では母がフランス人、父親がメキシコ人という設定で、仏語はそこそこしか話せない、でも英語は堪能という役柄でした。映画全体の言語は英語とフランス語のチャンポンという感じでしたね。

「恋愛睡眠のすすめ」 公式サイト
[PR]
by marikzio | 2007-07-17 16:42 | Movie | Comments(4)

もっと えいご漬け
このソフトを始めて、ちょうど一ヶ月が経ちました。
松嶋菜々子さんのCMでお馴染みだと思いますが、耳で聴いた英文を書き取って行くディクテーション作業によって、英語耳、英語頭を作って行こうというコンセプトのDSソフト。
ほんとは仏語をやりたいけれど、英語も何とかしたいと思っていたので、挑戦して見ることにしました。
b0069502_1942983.jpg
ニンテンドー 「英語が苦手な大人のための DS トレーニング もっと えいご漬け 」

これは大ヒットした「えいご漬け」に続く第2段。
自分は「えいご漬け」は持ってないんですが、前作が教科書のテキストを読み上げているような内容だったのに較べ、「もっと〜」は収録されている英文が全部会話。トレーニングはレベル1〜レベル7まで設定されていて、400以上もの場面をカバー。
例えば

「新しく入って来た秘書がすごい美人なんだ」
「君には若すぎる。デートになんか誘うんじゃないよ」
「どうしてだい?ひょっとしたら、彼女は俺と出かけたいと思うかもしれないぜ」
「夢の中でだったらね。自分と同世代の女性にしておけよ」


というように、カジュアルでそのまま使えそうなものばかりです。
b0069502_19444128.jpg
これって、エイゴが喋れるようになるのぉ?

トレーニングしたあとは、「英語力判定テスト」で自分のリスニング力がどの程度なのかを判定してくれます。このテストは一日に1回しか受けられない、というのもミソ。
自分は判定Fからスタートしました。Fは「アルファベットが判るレベル」なのだそうで、トホホでした。
ちなみに、
Eは「身振り手振りで判るレベル」
Dは「YES、NOで伝えられるレベル」
Cは 「団体旅行で苦労しないレベル」
Bは「英語で挨拶ができるレベル」
Aは「外国人に道を聞かれて何とかわかるレベル」
AAは「ショッピングで不自由しないレベル」
AAAは「日常会話に支障がないレベル」

始めてから1週間はずっとE判定でしたが、ある日突然、Cにランクアップ。CランクからAに飛び級して、AA、AAAを彷徨い続ける日々。未だに最高値のS判定は出していません。
しかし、この「実力判定テスト」は結局、トレーニングから出題されているため、AAAを取っても、自分の場合、日常会話には大いに支障あります。(苦笑)
S判定を取ったとしても、英語がペラペラと口をついて出てくる、というわけではないみたいです。
このソフトはおまけ特典もいっぱいついていて、各国の"なまり英語"までトレーニングできちゃいます。フランスなまり、ドイツなまりやインド系、中国系など幅広い地域を網羅。オーストラリアなまりやアメリカ南部なまり、全然わっかりません。通常のトレーニングの中にもなまり英語を喋る人が出て来ることがあって手がこんでます。

「書き取り世界一周」や「海外生活力トレーニング」などゲーム感覚で楽しめるお楽しみコンテンツも揃っているのですが、困ったちゃんなキャラも登場します。
呼んでもいないのに、勝手に出て来るバーバラ。しかも頻繁に。
b0069502_195724100.jpg

「Hi、アンタ、最近英語に自信があるそうじゃない。勘違いしているようだから、本当の英語ってものを聴かせてあげるわ!」

これが、サイレンや競技場の歓声など騒音が邪魔なうえに、合成音のようなくぐもった声だったり、早口だったりして、ほとんど聞き取れません。

「もっと普通に喋ってくれって?これが現実ってもんよ!」
b0069502_19574361.jpg
くぅ〜〜っ


このソフトには、音声認識機能もあって、自分の発音を聴くことが出来たり合格が不合格かの判定もしてもらえます。
小さい箱に向かって、一人で下手な英語を喋っている姿は人に見られたくありませんが、マズいながらも、必死で発音している自分の声がどこか健気で涙を誘います。しかし所詮、人間の耳でなく、機械の認識なので、合格点をもらっても、ほんとうに正しい発音なのかどうかは怪しいです。mixiコミュでは「うんこ!」と叫んで合格点をもらった、という書き込みもありましたし。下手にネイティブ・イングリッシュを真似するより、律儀なジャパングリッシュの方が合格点もらいやすい気もする...。
でも"better"は"べらー"、"ready"は"れりぃ"、"little"は"りるぅ"と言った方が点数高く取れました。

それにしても「やってもやっても、まだあるまだある」というぐらいのボリューム。これに収録されてる英文、丸暗記したら結構喋れるようになるだろうとは思うのだけど、単純に耳で聴いた単語を書き取るだけでは、なかなか覚えられるものではないということがわかって来ました。それとも、1ヶ月では、まだまだ漬かり方が甘いのかしら?
何と言ってもDSの利点は、紙も鉛筆もテキストも音楽プレイヤーも要らず、ちょっとした空き時間を利用できて続けやすい、ということでしょう。
是非とも、このシリーズで「フランス語漬け」というものを出して欲しいです。
b0069502_1958382.jpg
なんかどうでもよくなってきたニャ。zzzz...

[PR]
by marikzio | 2007-07-12 19:58 | n'importe quio! | Comments(11)

-TITUS- by Julie Taymor
これは、血で血を洗う、復讐と愛憎の物語。
シェイクスピア作品の中で最も残酷と言われる衝撃作を劇場の魔術師、ジュリー・ティモアがアンソニー・ホプキンスを迎えて映像化した、まさに三位一体的作品。
憎しみとは激情。これは目も眩むほどに美しい、究極の地獄絵図なのです。

b0069502_223362.jpg

邦題 『タイタス』 (1999)
原作 ウィリアム・シェイクスピア 「タイタス・アンドロ二カス」
監督 ジュリー・ティモア
出演 アンソニー・ホプキンス、ジェシカ・ラング、アラン・カミング

古代ローマの主将タイタス(アンソニー・ホプキンス)はゴート族の女王とその息子達を生け捕りにします。女王タモラ(ジェシカ・ラング)の捨て身の命乞いにも耳をかさず、その長男を全身切り刻んで焼き殺してしまったタイタス。その非道ぶりにタモラは、必ず復讐してやると心に誓うのです。
ローマでは皇帝が崩御し、皇太子サター・ナイナス(アラン・カミング)が次代皇帝に着任。タイタスは自分の娘ラヴィニア(ローラ・フレイザー)を皇太子の妃として嫁がせることを承諾しますが、彼女はサターナイナスの弟バシアナスと愛を誓いあっていたのでした。
ラヴィニアはサターナイナスとの結婚を拒否して、愛するバシアナスとともに逃亡してしまいます。皇帝の手前、ラヴィニアを庇おうとした息子の一人を斬り殺すことまでしますが、彼に恥をかかせてしまったという大失態でタイタスは窮地に立たされてしまうのです。
事の発端は彼自身の大きな選択ミス。新しい皇帝に長男のサターナイナスか国民の支持が高いバシアナスかを決める選択権がタイタスの手に委ねられた時に、彼はなぜかバカ殿キャラのサターナイナスを指名してしまったのです。バシアナスに決めていれば、ラヴィニアもめでたくお妃に収まり、皇帝に恥をかかすこともなかったのに。それ以前に、タモラの懇願に応じて、長男の命を奪わないでおけば、これから始まる惨劇のドラマも生まれなかったはずなのに。

サターナイナスはゴートの女王タモラを一目で気に入ってしまいます。
「タイタスの娘なんかより遥かに美しい!」と大絶賛のサターナイナス。自分よりずっと年上で二人の息子を連れているタモラが好みだなんて、この皇太子、倒錯してます。誰がどう見たってラヴィニアの方がいいと思うのですが、ひょっとしたら王子はマザコンなのかも知れません。タモラは捕虜の身から一転、ローマ皇帝の妃の身分となりました。
恥をかかされた、という怒りが鎮まらず、タイタスを処罰しようとするサターナイナスをタモラは言葉巧みに留まらせ、タイタスは命拾いをします。しかし、息子を生贄にした男を女王がそんな簡単に許すはずがありません。今や復讐の鬼と化したタモラ。その腹黒さでの中で恐ろしい計画が着々と整えられていたのです。
b0069502_17315492.jpg

残されたタモラの息子はカイロン(ジョナサン・リース・マイヤーズ)とディミトリアス(マシュー・リース)。これまた、しょうもないドラ息子たちで、「ああ、ラヴィニアと○りてぇえええええ!」と絶叫するようなおバカっぷり。(兄弟同士でシュミレーションする場面が私は好きです)
タモラはムーア人のアーロン(ハリー・レニックス)と愛人関係にありました。森の中で姦淫している場面にラヴィニアとバシアナスが遭遇。
ラヴィニアから「汚らわしい女!」と誹謗されたのに腹を立て、二人のバカ息子に、バシアナスを殺害させたついでに、ラヴィニアをレイプさせてしまうのです。
ラヴィニアが発見された時、彼女は変わり果てた姿になっていました。舌を切断され、両手首を切り落とされた姿で、ラヴィニアは荒野で佇んでいました。
「誰が彼女を犯したか?誰が彼女をこんな姿にしたのか?」
しかし、彼女はその名を口にすることも書いて知らせることも出来ないのです。
b0069502_225311.jpg

そして、次々と悲劇がタイタス一家を襲うことになります。
森の中でバシアナスの死体を発見したタイタスの息子のうちの二人がその殺害容疑をかけられる羽目になってしまいました。
「タイタス家の誰かの手を皇帝に献上すれば、息子の命を助けてやる」という嘘に騙され、自らの手首を切り落とすタイタス。しかし、彼の元に戻ったのは、息子達の生首でした。娘をレイプされ、息子を殺されてしまったタイタス。彼がこれまでに築き上げて来た地位も名声もいまや地に落ちたと言っていい。
彼に残された最後の頼みの綱は唯一生き残った長男ルーシャス。そして壮絶な復讐劇の第2幕が上がろうとしていました。

b0069502_2264851.jpg月日は流れ、古い屋敷で静かに暮らすタイタスとラヴィニア。
「私が自分で口に出来るのは涙だけ」と身振り手振りで語る娘に、タイタスは絶妙な自虐的ジョークだと笑うしか出来ません。しかし、ある日を境に流れは変わります。ラヴィニアは棒切れを口にくわえて、地面に文字を書くことを思いついたのです。
「娘をレイプしたのはタモラの息子二人だった!」という新事実が明らかになり、タイタスはタモラへの復讐のシナリオを急速に練り上げて行く。
「頭がおかしくなった」と思わせるために、奇行に見せかけるような振る舞いをし、皇帝夫妻を食事会にまで招待。
王妃が口にしたミートパイ。まさにこれこそが、復讐レシピのメインディシュだったのです。


この映画のことは全然知らなかったのですが、何気に地元の映画館のHPを覗いたら、ちょうど明日が最終日ということで、次の日は劇場に飛んで行きました。
現代風の男の子がおもちゃの兵隊をぐちゃぐちゃにして遊んでいる場面が最初に登場し、突然窓から古代ローマ時代の軍人みたいなのが入って来て、少年をかっさらって行く。
「あれ?自分は観る映画を間違えちゃったかなぁ」
一瞬、混乱しましたが、舞台は一気に戦国時代へとワープ。現代人スタイルの男の子は古代人達には見えていないようで、彼が目の前で展開される世界を蚊帳の外で傍観しているというか、物語の狂言回し的役どころとでも言いましょうか。しかし、後半になるとタイタスやラヴィ二アの家族の一員として暮らしていました。結末のところで、彼がタイタス一族の末裔であることが暗示されます。
この映画には最初から最後まで度肝を抜かされ続けました。プロットも激烈ですが、演出が型破りで何でもありなのです。
アラン・カミング扮する皇太子がナチス風。黒革のロングコートをひるがえし、戦闘車が走りまわっている。これって、古代ローマ時代のお話だったのでは???
プールサイドでの乱痴気騒ぎやタモラの息子達がジューク・ボックスのある地下のクラブでビリヤードしてたり、あらゆる時代が混在している設定が斬新。ジュリー・ティモアはブロード・ウェイ・ミュージカル「ライオン・キング」の制作者。そのイマジネーションの奔放さたるや想像を絶します。映像も美しく、シーンの一つ一つがインパクトあるものばかりです。

『タイタス』の予告編をここで見ることができます。
この映画の絢爛たる世界を感じてみてくださいな。

YOU TUBE Titus Trailer B

シェイクスピア作品とは言え、人によっては醜悪でしかない物語。だけど、ホプキンスの円熟した演技には泣けます。タイタスがタモラの息子二人を逆さに吊して、喉を搔き切る場面は、レクター博士がしっかり降臨してました。コック姿もお茶目でキュート。これは原作にはない演出かな、と思ってましたが、本の中でサターナイナスに「なんだその格好は?」と言われる場面がちゃんとありました。
アラン・カミングのバカ殿っぷりはハマり過ぎ!いい具合にキモイし。しかし、アラン様、色白過ぎます。タモラ役のジェシカ・ラングより白いのは異様な感じがしました。
彼のデビュー作「プラハ」を観ましたが、私的には「ハイ、つまりません」という出来。正直、美形とは言い難いし。しかし、キャリアを重ねるごとに、どんどん個性的な役をプレイするようになり、このサターナイナスは自分の中で大ブレイクでした。

次のクリップはタイタスを処刑しようとしたサターナイナスをジェシカ・ラング演じるタモラが説得する場面。ピエロ顔のアラン様、笑えます。

Titus

原作である「タイタス・アンドロ二カス」はシェイクスピアの初期の作品だと言われています。この手の残酷ものは大衆に人気があったようで、まだ無名であっただろうシェイクスピアが手っとり早く客を集めるのに役立ったのかも知れません。元ネタとなったエピソードもあったのではないでしょうか。
それにしても、復讐ものって昔から定番ですよね。一昔前のカンフー映画はほどんどが親の仇討ち、という設定でしたし。「仕返したところでそれが何になる。悲しいことはさっさと忘れて、もっと建設的なことにエネルギーを使った方がいい」という考え方が正論とされる一方、「憎んでも憎み切れない思いは経験したものでないとわからない」というのも本当だと思います。
復讐に燃える登場人物に人は共感を覚え、それが果たされた瞬間、カタルシスを味わう。例えそれが、壊滅的な結末であっても、それこそが、復讐劇の醍醐味。
"愛憎"という言葉にあるとおり、"愛"と"憎しみ"は背中合わせなもの。人間の最も原始的な姿を描いている、という点において、『タイタス』はヒューマニズムの極限なのかも知れません。

日本語サイト 『タイタス』
[PR]
by marikzio | 2007-07-10 22:03 | Movie | Comments(11)

Julien Arias
Julien Arias(じゅりあん・ありあす)
1982年10月26日、マルセイユ生まれ。身長178cm、体重82kg。
2004年からスタッド・フランセ・パリでプレーしている花形選手。
まずは、スタジアムでの彼の勇姿をご覧になっていただきましょう。

You Tube Julien Arias - Essai
b0069502_22243364.jpg

そんな彼も、カメラの前ではこんなsensualな雰囲気に。これはエロ過ぎます。
b0069502_22395139.jpg

b0069502_22521692.jpgDievx DV Stade には2005年版から登場。2006年版メイキングDVDでは彼のインタビューが特典映像として収録されていました。初めて撮影に参加した時は、それはもうナーバスになったそうですが、回を重ねるごとにリラックスできるようになったそうな。
そして、2007年ではついに表紙を飾ることになりますが、私は2006年度版のJuan Martin Hernandez の方が好きでした。
彼の顔ってどこかアンバランスですよね。垂れ目で下唇が異様に厚くて美形とは言い難い。そういう完璧でないところ、正統派じゃないところがセクシーだ、という意見もあると思いますが、個人的には苦手な顔でした。でも、メイキングを見てると、全身から匂い立つフェロモンというか、妙な色気があります。これでまだ20代前半とは恐るべし、ジュリアン。


これは2006年のものですね。絶妙な表情だと思います。
メイキング映像がありましたので、ちょっとご覧くださいな。

You Tube Julien Arias
b0069502_23223778.jpg

それにしても、Dievx DV Stade に参加している選手って、スタジアムでプレーしている時とは表情がガラリと変わってしまいますね。ほとんど別人と言っていいぐらい。
「裸だけど嫌らしさがない」という健全さから、ここぞとばかりにセクシャルな面をぶつけて来る危なげな傾向が年々強まって来ているような気がします。
まあ、私的には大歓迎ですが。(笑)
[PR]
by marikzio | 2007-07-04 22:46 | 競技場の神たち | Comments(9)


marikzio=mahのブログにようこそ。私の好きな音楽や映画を紹介しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
最新のコメント
通りすがりです。 ペイ..
by 通りすがり at 23:57
https://www...
by Two-Tribes at 01:02
https://www...
by Two-Tribes at 23:51
シリーズ恋物語 「エロス..
by りゅう at 16:21
就小说艺术的角度而言,这..
by 安全套 at 01:47
I like the h..
by Cheap Snapbacks at 07:20
Hi there ver..
by Louis Vuit at 13:44
It¡¦s in poi..
by Pandora Charms at 17:50
millefeuille..
by marikzio at 14:01
あけましておめでとうござ..
by millefeuille at 20:50
☆Link☆
タグ
以前の記事
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧