<   2005年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

breastの大問題(フランス篇)
ファッションや芸術の国、イタリアとフランス。あまり語られることはないけれど、実は女性下着に関しても、この二大国家に太刀打ちできる国はないと言っていいくらいです。
デザイン性の高さは言うまでもなく、いかに女性の身体を美しく見せるか緻密に計算されて作られています。日本の大手メーカーがどんなに開発や改良を重ねても、イタリアやフランス製のブラジャーの足下にも及びません。
どちらの国にも織物やレースの名産地があり、平面的な着物文化の日本と違って、立体的なドレス文化であり、そして何よりも女性に敬意を払い、賛美するなど根本的な違いがあるからなのかも知れません。

イタリア製とフランス製、どちらも完成度の高い素晴らしいものを作るけれど、産み出される物は対象的であったりもします。下着ひとつにも国民性が出ているのかな?
...と言うわけで、今回はその"違い”をテーマに選んでみることにしました。

フランス産の下着メーカーと言えば、レジャビー、オゥバドゥ、リズ・シャルメル、ラヴァージなどが有名。
レースや色使いも華やかで見た目も麗しいけれど、女性にとって一番うれしいのは、補整力があって高さが出る、脇をすっきりさせて「ウェストがほっそりと痩せて見える」目の錯覚を起こしてくれる効果があります。

「女の身体の愛しいところ」龍多美子著によると、「正面から見た時のバスト脇の膨らみが、どれくらい身体の幅からはみ出しているかが、あなたの"オバサン度"を物語ってしまう。」とあります。
薄着全盛の今、女性にとってはある意味憂うつなシーズンだったりするけれど、フランス製のブラジャーはそんな私たちにとってまさに救世主的存在となってくれるかも、です。
「フランスは、まず型ありき。理想的な形の中に身体をデフォルメしたうえで、より美しく見せるというのが基本理念としてある。だからサイズの刻みもカップの刻みも実に細かくて、その中から自分に合う形を探し出し、そこにはめこむという考え方なのだ。」(同著)

龍さんが究極のブラジャーと評してはばからない「シバリス」。
彼女曰く、この"シバリス"を身につけるとバストが美しく立ち上がり、乳房の下半分のシャープさと上半分の丸い盛り上がりのコントラストがなんとも言えず官能的な曲線を作るのだとか。
「1個1個が手作りなので、職人さんによって癖があり、同じサイズでも一つとして同じ物がないんですよ。」
Rue de Ryuに行った時、私はご本人からそう説明を受けました。
シバリスはバストの前半分のように絶対に動かしてはいけないところと、締めつけてはいけないところがちゃんと計算されて作られているので、美しいフォルムを生み出し、それでいて快適さを与える。そして着け続けることによって、胸が理想の形に変わっていくのだそうです。

でもねぇ...、私にはキツイんですよ、シバリス。特に背中のパワーネットなんて長時間着用してると、身体が疲れてしまいます。
私にとってシバリスは"鉄の処女"(悪名高き拷問道具)とか女囚の女監視人(何という表現なんだ)という感じ。
しかし、人によってはすごく快適に感じる人もいるようで、要するに相性なんですね。「着ける人を選ぶ」ブラジャーでもあります。
でも、腕の付け根に流れていた、ぽっこりお肉がなくなったし、背中につきはじめていた脂肪も消えました。実際、「痩せた?」なんて言われたし。
時おり、背中のお肉にブラジャーのアンダーが食い込んでいるのがわかる女性を見かけますが、シバリスはこういう現象を防止してくれる心強いアイテムになってくれるかも知れまっせん。

シバリスは元々マイナーなブランドだったのに、龍さんの功績により一部の日本女性の間に"シバリス信仰"をもたらしました。今ではRue de Ryu以外にもシバリスを置く下着専門店が増えているようです。やっぱり需要があるんですね。
しかし、本国フランスではどのくらいニーズがあるのかなぁ?
あんなコルセットの末裔みたいな下着を我慢して着け続けるフランス女性って、ちょっとイメージ浮かばないんですが。
"修業好きのニッポン"だからこそ、こんなにシバリスが支持されているのではないか、と思うのは私だけでしょうか?

これに対してメイド・イン・イタリーはコンセプトが大きく違います。
あくまでも「ありのままのあながた美しい」というスタンスのイタリア。次回はイタリアの下着について語りたいと思います。

イタリア篇
[PR]
by marikzio | 2005-06-30 20:48 | n'importe quio! | Comments(0)

銃士戦隊 フランス・ファイブ
フランスでこんなモノが作られてたんですねー。
「Shin kenjushi FRANCE FIVE」
b0069502_21244594.jpg

宇宙制覇を狙う悪の帝王、グル・マン・シュウはすでに全ての星を支配下に置き、残る地球の征服を狙っています。しかし、地球はエッフェル塔から放出される鎧で守られているため、侵略者達は地球に長くとどまることができません。
あの手この手でエッフェル塔の破壊を仕掛ける敵に地球防衛軍はフランス・ファイブに全てを託します。
5人の勇士とブルゴンド博士はエッフェル塔を守り抜くことができるでしょうか...?
戦え!愛の戦士たち、フランス・ファイブ!

昭和生まれの日本人にとってはどこかノスタルジックなキャラクター達。エッフェル塔が地球を守っている、という設定もステチです。
最近の日本の子ども向け実写モノって、やたら今どきの若者文化に迎合し過ぎちゃってて、軽薄な感じがしますけど、この「フランス・ファイブ」は古き良き昭和のかほりが残っている気がしませんか?

2000年にエピソード1が制作され、すでにエピソード4が発表されています。(2004年)
情報元のパリノルールblogによると、5月末にNHK BSで紹介されていたんですね。
思いの外、脚本も撮影技術もクオリティーが高くて、評判も上々だったようです。
うわー、めっちゃ気になる!見たかったなぁ。
b0069502_20553741.jpg

画像元  日本語公式サイト
ダウンロードしてサンプル映像を見ることもできるようですが、私のReal one playerでは見れませんでした。グレードアップが必要なようです。
[PR]
by marikzio | 2005-06-29 21:16 | Television | Comments(3)

イローナちゃんの新シングル
"Un Monde Parfait"の力が衰えず、いまだにチャート1位を独走している、Ilona Mitrecey。
しかし、6月20日にニュー・シングルがリリースされてしまいました。
だって、タイトルが"C'est les vacances"(ヴァカンスなのよっ!)。ボヤボヤしてたら、ヴァカンスシーズンが終わってしまいますからね。

"Un Monde〜"のヒロイン、ヴァカンスはなんとイタリアに行くみたいです。
うらやましひ...。
b0069502_151479.jpg

"C'est les vacances"は公式サイト。で聴けます。
これまた、フランス人泣かせのポルカちっくなユーロビートと言うか、テクノポップと言うか。
イローナちゃんの歌って、個人より、保育園とか小学校で需要がありそうな気がします。
[PR]
by marikzio | 2005-06-25 15:05 | French Music | Comments(5)

-DARKNESS FALLS-    by Jonathan Libeswan
2003年、アメリカ。邦題「黒の怨」
抜けた乳歯と引き換えに子どもに金貨をくれる歯の妖精、"トゥース・フェアリー"。米国に伝わる伝説をモチーフにしたホラー映画です。

小さな港町、ダークネス・フォールズ。灯台の美しい、この町ではある恐ろしい伝説が語り継がれていました。
乳歯を持ってきた子どもたちに金貨をくれる心優しい女性マチルダは、家の火事が元で、顔に火傷を負い、二目と見れない姿になってしまいます。
傷のために、皮膚が光に過敏になってしまい、陶器製の仮面をつけ、日中は出歩かないようになってしまいました。
二人の子どもが行方不明になり、罪をきせられたマチルダは、人々の前で仮面を砕かれ火炙りの刑に。次の日、子どもたちは無事に保護されたのですが、マチルダのことはもみ消しにされてしまいました。
町に呪いをかけたマチルダが最後の乳歯が抜けた子どもの前に現れ、その姿を見てしまった者は容赦なく殺されてしまうという。

最後に乳歯が抜けた日の夜、そのゴーストを見てしまったカイル(チェイニー・クレイ)は、彼女が光に弱いと言うことを知っていて、明かりのついたバスルームに逃げ込みますが、母親をゴーストに殺されてしまいます。
少年は母親殺しの疑いをかけられ、施設に送られ、精神病院で過ごし、12年間の月日が経ちました。

カイルと幼なじみのケイトリン(エマ・コールフィールド)は自分の幼い弟マイケル(リー・コーミー)が、夜驚症でひどい睡眠障害になってしまい、同じような経験をしたカイルに連絡を取ります。
実はあの恐怖の一夜が未だに尾を引き、精神安定剤が手放せないカイル。マイケルもトゥース・フェアリーを見てしまったに違いない、と思った彼はマイケルを助けるべく、長らく足を踏み入れなかった、忌まわしい想い出の残るダークネス・フォールズに向かう決意をします。
カイルの過去を知る者と森の中で乱闘になってしまうカイル。しかし、暗闇の中で、相手の男は何者かに殺されてしまいました。
再び殺人事件の容疑者にされてしまうカイル。しかし、彼は見たのです。暗闇の中でおぞましい形相の老婆のゴーストを...。

自分の歯はいつの間にか生え変わっていたので、最後に乳歯が抜けた時のことを覚えていません。
私が小さい頃は乳歯が抜けると「丈夫な歯が生えてくるように、ネズミにあげよう」ということで、家の軒下とかにぽん、と放り投げていたような。
アメリカではおこずかいをくれる妖精のお話なんですね。ぐらつく乳歯を自分で抜くのは、結構大きい試練だったことを思い出しました。

映画の中で幼いケイトリンがカイルの乳歯を見て、「もう子どもじゃないのね」というシーンがあって印象に残りました。
典型的ホラー映画ですが、「子どもが大人になってしまうことの不安感」みたいなものを出してくれたら、もっと映画に深みが出たのにな、と思いましたが、なかなかそんなふうにもいかないか。

私事ですが、最近右側の上の歯がズキズキ痛んだので、歯医者に行ったら、自分ではわかりにくいような場所に虫歯ができていました。それもかなり進行していて、神経を抜き、「かぶせ」る処置をしなくてはなりませんでした。
その「かぶせ」に3万円もかかって、痛いなぁ、と思っていたのに、今日、もっと大きな虫歯が発見されて、これで6万...。
しかも、上左側もなんか怪しくて、来週調べてもらうことになっていますが、これも進行していたら、10万超えるかも...。
私にとっては、この映画なんかより、自分の身に現実に起こっていることの方がコワイです。(号泣)

「黒の怨」公式サイト
[PR]
by marikzio | 2005-06-25 14:48 | Movie | Comments(0)

うちの母がParisに!
b0069502_11195460.jpg昨日からmarikzioの母が職場の慰安旅行でロンドン・パリ6日間の旅に出かけています。
数年前に韓国に行ったことはあるものの、ヨーロッパは初めての母。私が海外旅行に行く時は「ふん、ヨーロッパなんてちっとも行ってみたいと思わない」なんて言っていたくせに、結局チャンスがあれば行くんじゃねーかっ!
やっぱり皆行きたい、夢のヨーロッパ。今頃はロンドンに着き、市内観光をしている頃でしょうか?

母には二人の姉がいるのですが、どちらも海外旅行に行ったことがなく、「自分が外国に行く」ということを知ったら、てんやわんやの大騒ぎになるので、ずっと秘密にしていました。「パリからハガキを出してやる」ということを言っていたのですが、郵便局に入ったってどうすればいいかわからないんじゃないでしょうか?一体どーなることやら。

浪費家の私と違い、母はとにかくケチ。現金もそこそこしか持たず(私的にはかなり心配なのですが)、先日のクレジットカードの個人情報漏洩事件のニュースにすっかり脅えて、ますます財布の紐が固くなっています。
ま、お土産はあまりあてにしていないので、みやげ話をいっぱい聞かせてくれたら、と思います。

b0069502_11271169.jpg私の実家は職場まで車で1時間弱のところにあるので、普段は職場の近くにアパートを借りて、親と離れて暮らしているのですが、母の旅行期間中は実家から通勤しています。
と、言うのも実家には飼い犬のシロがいて、父が今年の2月に他界しているので、私が面倒をみなくてはいけません。
いつもは起床6時半なのに、今朝は5時に起きました。そんなに早く起きる必要もないのですが、私の体は暖機運転が必要みたいで、起きがけにさっさと行動できないのです。とにかくスロー、とにかくマイペース。
「人間の体はおやすみモードから活動モードに切り替わるのに、ウォーミングアップが必要なんだから、この方が体に優しいんだよ。」と言い訳しています。(^-^;ゞ
朝はシロの運動とか花壇の水やりとか、やることがいっぱいです。
明日はお休みだから思いっきりゆっくり過ごしてやる。

あ〜、それにしても、いいなぁ、パリ。
私もどっか海外旅行行きたいよぉ。
[PR]
by marikzio | 2005-06-24 11:48 | 小さな目で見たParis | Comments(2)

emilie simon "LA MARCHE DE L'EMPEREUR"
続けて、エミリー・シモン嬢の登場です。
b0069502_10561985.jpg2ndアルバム"La Marche de L'Empereur"(皇帝ペンギンの行進)はフランスで大ヒットしたドキュメンタリー映画「皇帝ペンギン」(リュック・ジャケ監督作品)のサウンドトラック。
アルバム2枚目にして、映画音楽を担当するという大役。若く才能溢れる彼女にとって、この経験は大変興味深く、豊かなものになったそうです。
ちょうど次のアルバムのための"ice Girl"に取り組んでいたところに、映画プロデューサーから、この仕事の話を持ちかけられたそうで、自分がやろうとしていたことと、求められていたものがタイミングよく合致し、この作品が産み出されました。

1曲目の"The Frozen World"はクリアでとても美しい歌。続くハミングだけで歌われる"Antarctic"もひんやりした感触の神秘的な楽曲で、映画の場面が目に浮かぶようです。
サウンドトラックとあって、ボーカルのない、しかも2分程度の曲が多くて車を運転しながら聞くと、つい聞き流してしまいがちなんですが、いきなり「ジリジリ」というか「ジャリジャリ」というような「ふしぎ触感」の音が飛び出したり、オーケストラがドラマチックに盛り上げるなど、やはり映画のために作られた作品だ、と改めて噛みしめてしまいます。ペンギンが水をはじくような効果音も快感です。
"Song Of The storm"。アルバムの中で毛色の違う際立った曲。同じような曲ばかりで単調な作りになっていないところも素晴らしいです。
でも、やっぱり、これは部屋や車の中よりも、劇場で聴きたい音楽だなぁ、と感じました。

エミリーはフランスのアーチストであり、手がけた映画もフランス映画なんですが、ボーカルのある曲で歌われるのはほとんど英語。
でも、さほど異和感はありません。むしろウェットな仏語よりも、クールな響きの英語の方がしっくり来ると思います。
なんと言っても映画で描かれるのは南極世界だから。

b0069502_11242193.jpg

画像元 映画「皇帝ペンギンの公式サイト」
[PR]
by marikzio | 2005-06-23 11:31 | French Music | Comments(1)

emilie simon
b0069502_18152098.jpg「今どきこれかい?」なんて意地悪なこと言わないでーっ。
私だって、彼女が2年前に話題になっていたことや、このインパクトあるジャケット写真を知らなかったわけではないけれど、何故だか触手が動かなかったのです。
しかしながら、フランスで話題になった映画「皇帝ペンギン」の音楽をシモンが担当したのが大きく評価され、そのサントラ盤ともいうべき2ndアルバム"La Marche de L'Empreur"を聴いてみようと思い、ついでに前からちょっとだけ気になっていた本作も購入してみました。

今年27歳になる、エミリー・シモン嬢。父は音響技師、母は音楽家という、音楽一家に生まれ、自らも詞、音楽、プログラミング、アレンジなど全て一人でこなすという天才肌。
冷たい感触のサウンドにキュートな歌声、メロディー・ラインの美しさなど、日本人の萌え心をくすぐらないはずはありません。(実はそれが私を遠ざけた要因でもあったのですが)

しかし、音に対して実に不思議な触覚を持っている人で、緻密に仕掛けられた打ち込みやサンプリングで透明感のある世界を表現。回を重ねて聴く毎に新しい発見があります。この若さでこれだけの音環境を作るとは、やはり、このお嬢さんは並ではありません。
当時24歳の時に制作した、このデビューアルバムはフランスのグラミー賞とも言われる、2004年ヴィクトワール賞のエレクトロニック・ミュージック部門で受賞しています。
b0069502_19101594.jpg

いかにも室内で作業しているようなエレクトロニック・サウンドやアニメのヴィデオ・クリップ("flowers")と言うとRoBERTを想起させますが、ロベール嬢のようなオドロオドロしさはなく、涼やかで茶目っ気さえ感じさせます。
私はPerry Blakeとデュエットしている"graines d'etoiles"が一番好きです。

画像元 emilie simon.com
[PR]
by marikzio | 2005-06-20 19:07 | French Music | Comments(3)

Mylene Farmer 2nd single "QI"
"Avant Que L'ombre..."からの第2弾シングルは"QI"。
シングルジャケットを撮影したのはモデル出身でもあるファッション・フォトグラファー、Ellen Von Unwerth。
b0069502_2223867.jpg


b0069502_2211505.jpg左の写真はマキシシングルのジャケット。
ガーターベルトという極めて古典的な小道具を用いた表現。やはり、ガーター・ベルトはフェチズムの永遠なる象徴なのでしょうか?

「すべてはガーターベルトから始まった」
by 龍多美子
なんちゃって。




話題作りに余念のないミレーヌ。
これまでにもハーブ・リッツ(エイズで死去)や"Avant que L'ombre...”ではドミニク・イセルマンなどの売れっ子フォトグラファーを起用して、インパクトのあるヴィジュアルを発表してきましたが、私にとっては、ベスト盤"Les Mots"(2001年)でコラボレートした、Ellen Von Enwerth(えれん・ぼん・あんあーす)の写真が一番強烈でした。


b0069502_22215282.jpgエレン女史は1954年、ドイツ生まれ。
20歳の時にモデルとなり、パリの大手エージェンシー"エリート"に所属して活躍します。
モデル引退後は写真家として華麗なる転身を遂げ、"ヴォーグ"、"フェイス"、"アリーナ"などの雑誌に作品を発表。
ブランドの広告では"ゲス?"、"キャサリン・ハムネット"、"リプレイ・ジーンズ"などが有名。


b0069502_2241444.jpg"LesMots"(レ・モ)では、どぎついメイクとポルノ女優のような出で立ちで世間を仰天させたミレーヌ。この、目を疑うような写真を撮ったのがエレンだったのです。

レ・モの豪華ブックレットは写真集のように、エレンの撮り下ろしフォトがいっぱい。官能的と言うよりも、あざといまでに挑発的、限りなくお下劣。でも、カッコいい。
ページをめくる度にぞくぞくするほど刺激的。
もう、ミレーヌ様なら、何だっていい。ついて行きます、何処までも、そう思ったファンは私だけではなかったと思います。
当時、ミレーヌ40歳。

マドンナに憧れていたというミレーヌ、おそらくレ・モの時はマドンナ的なイメージをコンセプトに、エレン女史と話を進めていたのではないでしょうか?


b0069502_22541913.jpg
今回のアルバムは「影のある美しい女性」をテーマにしているような感じだから、前回にくらべると刺激は控えめ。(笑)
でも"F**ck them all"のジャケットがいまひとつだったので、このぐらいのセクシーさは欲しいですよね。

エレンの写真を見ていて、私は「この人ってレズビアンなのかな?」と思ってしまいました。
視点とか、女体に対する感覚がどこか男性的でいて、かつ「いかにもオンナが撮りました」的な匂いがプンプン漂う密度の濃い作品たち。
撮影現場はどんな感じだったのでしょうか?二人の熟女の火花が散り、ぶつかり合う、そんなエキサイティングな仕事場であったに違いありません。(私の希望)
自分も撮られる側にいて、これまでにも多くのセクシーな女性達にカメラを向けて来た、アンアース。彼女にとっても、ミレーヌは最高の被写体であったと、そう、思いたいものです。

画像元 
Ame-Stram-Gram.com
OPTIMISTIQUE.COM
Ellen Von Unwerthについての関連ページ
[PR]
by marikzio | 2005-06-19 22:09 | Mylene Farmer | Comments(0)

"Avant que L'ombre...a Bercy"のポスター出現
b0069502_13464728.jpg2006年1月に予定されている、ミレーヌ・ファルメールの"Avant que l'ombre"ツアーのポスターが出回り始めたようです。
黒い背景に血まみれミレーヌ...、ブキミです。









b0069502_14155872.jpg1999年のMylenium Tourのポスター→
がとっても素敵だったので、今回のポスターはいまいち地味だな、と思ったのですが、拡大した画像を見るとこんな感じです。↓

b0069502_1417544.gif

おお、ミレ様、なんというお姿...!。
もちろん素肌にじかに着ているわけではないんでしょうけど。
"COMPLET"ということは、ほぼチケット完売ということなんでしょうか?

う〜ん、でも、もうちょっといい意味での衝撃性とか、美しさを見せて欲しかったです。
な〜んか、これじゃ...、『○○座の怪人』みたい。(悲)

情報元 
OPTIMISTIQUE.COM
Filament de Lune ~MYLENE FARMER~
[PR]
by marikzio | 2005-06-17 13:50 | Mylene Farmer | Comments(0)

メンテようやく終了!
毎朝の習慣で、昨日(6月16日)も、我がブログを開いて見たら、エキサイトブログのメンテナンス中になっていました。
告示によると、1:00から17:00までの16時間の予定となっています。
今回は、随分時間がかかるんだな〜、いつもなら長くてお昼過ぎまでだったのに。これじゃあ、遊びに来てくれた方に悪いなぁ、でも、エキブロも加速的にブロガーが増えて、いろいろ大変なんだろうな、と考えました。
ついこの間、メンテしたばっかりなような気がするのに、先日すでに接続が重くなってたし。

仕事が終わり、帰宅すると、終了予定の17:00はとっくに過ぎています。
「もう終わったかな?」と思ってアクセスしてみると、まだメンテ中です。「申しわけございません。終了予定時間を延長させていただきます。」と告示が差し替えられていました。
あらま〜。随分作業に手間取ってるな。

それから2、3回アクセスしたものの、相変わらずメンテ中。お風呂に入り、12時近くに再度アクセスしても、"n'importe quoi!"は出て来ませんでした。
エキサイト側によると、今回のメンテはブロガーの増加やデジタル画像によるデータ量が膨大になってしまい、より強力なサーバーに移転?させるための作業なのだが、当初の予想よりはるかに時間がかかってしまったかららしい。
私みたいに毎回ペタペタ画像貼る奴いるからかなぁ?(^-^;ゞ
エキサイトのブログって、大きめの写真もアップできるから、画面が映えてほんとキレイになるので気に入ってます。(著作権云々というのも確かにあるんですけどね...。)

「皆さんのデータは確実に保護されているので、ご安心ください」
タダで使わせてもらっているサービスだし、もしそうなったとしても、あまり文句は言えないんですけどね。
でも、今まで駄文ながら130件以上も投稿してきて、それがきれいに消失してしまったとしたら、かなり凹みます。(T。T)
自分の約半年間の歩みというか、内容はともかく、それなりに蓄積されてきたものですから。
今度からバックアップ取るようにしてみようっと。

今日の朝、何事もなかったように"n'importe quoi!"を開くことができました。あとから不具合が出てきたらどうしよう...、ドキドキ。
とにかく、エキサイトの社員の方々、お疲れさまでした。
丸2日、ほとんど徹夜だったのではないでしょうか?今夜はゆっくりお休みくださいませ。
[PR]
by marikzio | 2005-06-17 13:37 | Comments(0)


marikzio=mahのブログにようこそ。私の好きな音楽や映画を紹介しています。
カテゴリ
ブログパーツ
最新のコメント
通りすがりです。 ペイ..
by 通りすがり at 23:57
https://www...
by Two-Tribes at 01:02
https://www...
by Two-Tribes at 23:51
シリーズ恋物語 「エロス..
by りゅう at 16:21
就小说艺术的角度而言,这..
by 安全套 at 01:47
I like the h..
by Cheap Snapbacks at 07:20
Hi there ver..
by Louis Vuit at 13:44
It¡¦s in poi..
by Pandora Charms at 17:50
millefeuille..
by marikzio at 14:01
あけましておめでとうござ..
by millefeuille at 20:50
☆Link☆
タグ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧