-Death in the Country / Den'en ni Shisu- by Shuji Terayama
この世の果て、黄泉の入口、恐山。この山のふもとの寒村に住む母親と息子がいた。閉塞的な母との暮らしに嫌気がさした少年は外の世界を求めて村を飛び出した...。
20年前の体験を映画にしようとしている映像作家の私。しかし、フィルムの中で描かれる叙情的な世界は美化された絵空事で現実とは違っていた。
「もし、自分が過去の世界に行き、三代前の祖母にあって彼女を殺したら今の自分は存在しなくなるのだろうか?母を殺したら、今の自分とは違う人間になれるかも知れない」
私は時空を超えて少年時代の自分と対峙する。荒涼とした火山岩、イタコ、地蔵講の老婆たち、異形のサーカス団...。寺山ワールドの真骨頂ともいうべきコラージュ的作品。

邦題 『田園に死す』(1974)
監督・原作・脚本 寺山修司
出演 高野浩幸、菅貫太郎、八千草薫

b0069502_22421086.jpg

中学生のヒロユキ(高野浩幸)は早くに父を亡くし、母親と二人暮らしをしています。壊れた柱時計でいっぱいの我が家。しかし、母は修理するためとは言え、絶対に柱時計は柱から離してはならない、と主張。腕時計に憧れるヒロユキに「時間は持って歩くものではない」とわけのわからない考えを押しつけたり、何かと息子の行動を干渉するのです。偏執的な母親の愛情にうんざりするヒロユキ。気が滅入る度に死んだ父をイタコに口寄せしてもらうべく、恐山に足を運ぶ日々。
そんなある日、隣の家に若くて美しい嫁、火鳥(八千草薫)が嫁いで来ました。ほとんど買われるようにして、その家にやって来た火鳥は嫁ぎ先の家と折り合いが悪い様子。その可憐で悲しげな姿にヒロユキは心を奪われます。
それと同時期に村のはずれにやって来た謎のサーカス団。空気を入れると風船のようにふくらむ着ぐるみを着た"空気女"(春川ますみ)と小人の一寸法師(ミスター・ボーン)夫妻やせむし少女など、サーカス団と言うより見せ物小屋のようにテントは奇矯な人物でいっぱい。表向きはサーカスですが、実は村の男達が入り浸る、という別な顔も持っていました。
しかし彼らはヒロユキの知らない遠い町からやって来た者達であり、団員全員が自分の腕時計を持っていました。母親の偏愛に縛られていたヒロユキにとって、その腕時計は自由と独立の象徴として映り、自分も外の世界に飛び出したいという気持ちが芽生えます。その願望を煽るように、火鳥から持ちかけられた村脱出計画。憧れの女性と新しい世界への逃避行。その魅力的な計画を前に、ヒロユキは何のためらいもなく、母親を捨てる決意をするのです。それはまた、彼のこれまでの人生を大きく覆す決意でもありました。
明け方、まだ眠りの中にいる母親に別れを告げ、生家を後にするヒロユキ。薄暮の中、火鳥とともに歩く線路沿いの道で、古い布団が積まれた謎のトロッコが彼らとすれ違って行く....。

b0069502_2055416.jpg大人になった私(菅貫太郎)は未だに心の中で葛藤している。あの村での体験は心の内に秘めておいた方が自分の核となって生きるのではないか?作品化してしまうことで、事実は歪められ虚構のものとなってしまう。もっとも過去の自分自身も母親も、もはや実在するものではなく、想像上の人物になってしまったのだ、とも言える。それとも、今の自分が過去に舞い戻って、三代前の祖母や母親を殺して来たら、今とは違う自分が存在することになるのだろうか。
私の前に突如現れる少年ヒロユキ。偽りの過去を映像化しようとしている私を告発しに来たのです。少年の口から堰を切ったように溢れ出す赤裸々な事実。自分の中で風化していた記憶が次々と蘇り、残酷とも言える現実を改めて突きつけられる。火鳥は自分が理想化していたような女とは違っていたし、過剰な愛情を注ぐ母親ともすんなり決別出来たわけではない。そう、自分は結局、母親と縁を切れずに今日に至っている。
今度はヒロユキが失望する番なのでした。「母さんとまだ一緒にいるの?」
「そうだ」
「母さんを捨てたんんじゃなかったの?」
「どうやってもついて来るもんなんだよ」

この作品の主軸はおそらく母と息子の愛憎関係。呪うべき血の絆を絶ち切りたくとも、その呪縛から逃れられないもどかしさ。これは彼にとって人生最大のカルマ。この懸案事項を解決できない限り、私は永遠に苦しみ続けなければならないのです。
しかし、それだけにとどまらず、この作品にはあらゆる人物が登場し、それぞれに背景とエピソードがあって同時進行して行きます。
火鳥とその愛人、嵐(原田芳雄)の出会いと再会、そして心中。ててなし児を宿した草衣(新高恵子)の辿る運命、空気女と一寸法師の夫婦関係と裏切り。1本の映画の中に複数のドラマがあり、主人公と微妙につながっているので、ミステリーものとしても楽しめます。
でもでもでもっ、土壇場になっての草衣とヒロユキの絡みには度肝を抜かれましたわ。まぁ、その場面は予告編でもチラリとあったので、草衣がヒロユキに「ちょっと寄ってってよ」と誘ってるところで、「あわわわわわ、駄目だよ、ついて行っちゃ」とハラハラしてしまいました。でも、あの場所って草衣の家でもなくお寺ですよね。しかも結構立派な。神聖なところであんな場面撮っていいんかいな?

日本三大霊山のうちの一つに数えられる恐山。本州最北端に位置し、砂と火山岩が続く「地獄の道」や息を呑むほど美しい宇曽利湖の「極楽浜」、そして死者たちのメッセージを伝える究極のシャーマンなど、異空間としてこれほど完璧な姿を残す信仰の地は世界的にも類を見ないと思います。
硫黄の煙が立ち上る岩、イタコ、祀られる人形、風車などは実際恐山を訪れたら、そこここに見られる風景だし、この地に古くから伝わる土着信仰や伝説などがもとになっているような場面もあります。黒ずくめの老婆たち、賽の河原で舞踏する女は寺山の演出でしょうけど。しかし、これらの怪奇的なイメージも寺山のカメラの中に収まると、何かのパロディーみたいで、あまり恐怖心が感じられません。川を下ってくる真っ赤な雛壇も薄気味悪いというより「なんじゃ、こりゃ??」みたいな。
主人公が過去の自分と語らう田園で突如現れる部屋や床屋、家畜や恋人たちなど、まるでチラシの切り抜きを無作為に貼り付けたような雑然とした風景の羅列。相変わらず、映像的にはどこか垢抜けないながらも血のように赤い湖、畳の下から現れる恐山など奔放なイマジネーションを駆使した寺山ワールドが炸裂です。私的には、田園に子どもを連れた三上寛(役名がなぜか牛)が突然現れ、「下北半島がマサカリの先端だとすれば、津軽半島はまさに首を切られようとしている人の頭。そのちょうど頭頂部にあたる部分が俺の生まれた村!」と絶叫するところがツボでした。
少年に託した私の野望は予想外の邪魔が入って、結局果たされずに終わってしまいます。何も変えることが出来なかった過去と現在。
最後のオチが「本籍地、東京都新宿区新宿字恐山!」。
意味わからんような、わかるような。う〜ん、マンダム。でも、この『田園に死す』は好きな作品です。支離滅裂ながらも、自分の中にすーっと入ってくるというか、比較的とっつき易い寺山作品でした。
本作品も劇中で流れる音楽がよく言えばノスタルジック、悪く言えば貧乏臭い曲で印象に残りましたが、上映会が終わった後、誰かがそれを鼻歌で歌ってるのが聞こえてきました。あ、少年時代のヒロユキが白塗りなのにはちゃんと意味がある、と聞いたことがあるのですが、私的にはその理由が結局解らず、最後までエニグマのままでした。誰かご存じの方がいらっしゃいましたら、救いの手を。
b0069502_2054190.jpg

寺山修司って、彼が創り出した世界や作品たち以上に、その存在自体が独特の光を放っていると思います。彼の書く詩やスタイルは難解であるものの、映像やその他のビジュアル的表現が前衛的というより「先にやったもん勝ち」的勢いが目につくというか。こんなこと言ってる自分はおそらく寺山信奉者ではないのだと思います。
それでも、少年時代屈折した思いを抱えながら詩作活動に没頭し、上京後は芸術表現の限界めざして果敢に挑戦し、あらゆる方面の有名人や知識人と幅広く交流し、海外進出も果たした、というハングリーで精力的な生き方に惹かれます。仏頂系なのに、どこか親しみが持てる雰囲気というか、シャイで素朴な人柄がにじみ出ていた人なのではないかと思います。
生前親交があった、故山口小夜子さんがインタビューの中で「寺山さんは紳士的でしたか?」と聞かれて、「彼のことを男性である、とか異性である、というふうに感じたことがあまりないんですよね。だから、『紳士的な人だ』とも特別思ったことがないんです」と発言していたのには笑ってしまいました。

このレビュー、だいぶ前から準備していたにもかかわらず、アップするまでかなり時間がかかってしまいました。『上海異人娼婦館』 もそうでしたが、寺山作品って、いざ書こうとすると筆が進まないんですよね。それだけ難しいと言うこと?
でも、テラヤマン・レビューはまだ続きます。寺山作品は苦手な私、なかなかササッとアップ出来ないかも知れませんが、とりあえず楽しみにしていてください。
[PR]
by marikzio | 2008-05-09 20:56 | Movie | Comments(2)
Commented by Rimbeau at 2008-05-12 22:30 x
marikzioさん、こんにちは!

確か、私たちを寺山ワールドに引きずった(?)
あの方が白塗りの真相を話してたような
そうでなかったような・・・。

ところでテラヤマンが苦手だなんて・・・
なんだかんだこの作品ととっつきやすかったのですね。
イヤよ、イヤよも好きなうちってホントですね、ふふ。

ところで、私もこの作品見て、レビュー書こうとしましたが
手が硬直してムリ・・・だすわ。
いろいろな不思議な登場人物をどう消化していいのか・・・。
なのでmarikzioさんにたくします。ガハ。

それにしても毎度のことながら
ヒトをオブジェにしてるような描写があったような印象を受けましたが
何を表現しているのか理解するのが難しいですが
面白いですね。

小夜子さんの意味深げなコトバが私も面白いと思いました。
Commented by marikzio at 2008-05-13 09:09
Rimbeauさん、おはようございます。
実は私も「Rimbeauさんは田園のレビュー書かないのかな?」と思ってましたが、そうだったのですね。
そのうち寺山氏&彼の登場人物たちがRimbeauさんに憑依して、狂ったように書き出すかも知れません。そう、イタコのように。
あの方のブログでそんなことを言ってたのは覚えてるんですが、かなり前の記事なので、そこまで遡るのが大変そうで確認しに行ってません。
でも、今度掘り起こしに行ってもみようかな。

故小夜子さんも中性的なキャラですよね。あの世で感動の再会を果たしてるのでしょうか?
<< The Rocky Horro... "Oh Calcut... >>


marikzio=mahのブログにようこそ。私の好きな音楽や映画を紹介しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
最新のコメント
通りすがりです。 ペイ..
by 通りすがり at 23:57
https://www...
by Two-Tribes at 01:02
https://www...
by Two-Tribes at 23:51
シリーズ恋物語 「エロス..
by りゅう at 16:21
就小说艺术的角度而言,这..
by 安全套 at 01:47
I like the h..
by Cheap Snapbacks at 07:20
Hi there ver..
by Louis Vuit at 13:44
It¡¦s in poi..
by Pandora Charms at 17:50
millefeuille..
by marikzio at 14:01
あけましておめでとうござ..
by millefeuille at 20:50
☆Link☆
タグ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧