グィド・クレパクスの『O嬢の物語』
エロチック文学の金字塔として、今もなお輝き続ける『O嬢の物語』。
今年は作者ポーリーヌ・レアージュことドミニク・オーリ女史の生誕100年目に当たるのだそうです。その極限とも言えるエロス的世界を、イタリアン・エロティック・コミックの巨匠であるグィド・クレパクス(1933〜2003)がコミック化させ、これまた氏の代表作となっているのがこれです。
b0069502_18275221.jpg

『O嬢の物語1』

『O嬢の物語2』

これは96年にトレヴィルから出版され、絶版となっていた日本語版の再編集版。
装丁も変わり、監訳者・巌谷國士の新原稿を加え、クレパクス追悼資料・図版を補遺として収録しているそうです。全2巻。

b0069502_1840425.jpg

b0069502_18404589.jpg

いかにもヨーロッパらしい、濃度の高い画風ですね。コミックとしてだけでなく、美術作品としても評価できる質だと思います。でも、このフクロウさん怖すぎ〜!!!
さすがの私もこれには手が出ません。
すぐに入手困難になると思うので、ご興味ある方はお早めに。

エディシォン・トレヴィルによる内容プレビュー
[PR]
by marikzio | 2007-05-23 18:51 | Book | Comments(6)
Commented by かるろす まこう at 2007-05-24 17:51 x
いやぁ~懐かしいですねぇ~・・・って私の言っているのは絵ではなくて映画の話です(笑)。
ここまでマニアではありません。
『エマニエル夫人』であるとか『マダム・クロード』『ビリティス』『シビルの部屋』、はたまた『愛の妖精 アニー・ベル』など、あの頃はエロもの大流行でしたよね?
私が知らないだけかもしれませんが、こういうソフト・ポルノっていうべきかアート・ポルノっていうべきなのか・・・作られてないんでしょうか?
未公開ビデオで馬鹿馬鹿しそうなエロものは目に入るのですが興味をひきそうなのがないようです。
ああいう映画が普通の映画館であったのも一時期の流行でしかなかったのでしょうか?
まあ大人になった今、‘過激な描写がある’っていう宣伝があると、あんた普段、映画館なんか足運ばんやろというオッサンと一緒になるなんて御免ですけどね(笑)。
絵は、もちろん素敵です。
Commented by marikzio at 2007-05-24 21:08
『O嬢の物語』映画版はレンタル屋で見かけたことはありますが、青臭かった自分の目には非常にアングラでマニアックな印象があったのですが、『エマニエル夫人』と同じ監督が作っているそうなので、それほど怖がるものでもなかったのですね。
確かに今は、子供の頃話題になったようなお色気映画って見かけないですね。70年代から80年代初頭って、エロ映画を見に行くことが、恥ずかしいけど、どこか心トキメく時代だったんでしょうね。
Commented by かるろす まこう at 2007-05-24 22:06 x
あれ?marikzioさんもご覧になってなかったのですか?私もです。
観るのには若すぎました。
『エマニエル夫人』はTVで何とか観ましたけど、
『O嬢の物語』となるとちょっとぉ~家族の目が、トホホ・・・。
あそこまで行くと、TV放送は真夜中だったでしょうか?
なぜかケーブルTVでもやってくれません。
PS.全然関係ないですけど『レガシー』観たいです。
Commented by marikzio at 2007-05-25 08:44
そうなのです...。
目隠し&手首を縛られた女の人の写真が怖過ぎたのです。あと、かなり後にネットで読んだレビューで「『エマニエル夫人』の監督が2匹目のどじょうを狙った駄作」と書かれていたのを見て、余計見る気がしなかったんですね。
『エマニエル夫』もそんなに面白いと思わなかったので。今、You Tubeで見ると、結構おしゃれな映像なんですけどね。

『レガシー』という映画は知りませんでしたが、70年代のホラー映画なんですね。なかなか面白そうです。
Commented by Jade at 2007-05-25 12:39 x
どうもご無沙汰してます、Jadeです。
久しぶりに時間が出来たので色々と徘徊していたら、
なんとも衝撃的・刺激的な画像がっっっ( ̄□ ̄;)。

Rimbeauさんのところの「團十郎さん」にも度肝を抜かれましたが、
marikzioさんの「O嬢…」もなかなか。。。

フクロウが夢に出てきてウナされてしまいそうですよ…(;o;)。。。
Commented by marikzio at 2007-05-25 18:36
Jadeさん、お久しぶりぶりっです。
相変わらず、おバカな記事ですみません。私は『O嬢の物語』って言うと、澁澤氏訳による小説なんですが、映画を思い浮かべる人、結構多いみたいですよ。Jadeさんはご存知でしたか?
私はパリにあるアングラな博物館でフクロウのお面をかぶったボンテージ姿のマネキンを見て来ました。このブログにもかなり前にアップしてますけど...。
<< NAKED COWBOYのMY... Fred Goudon の世界 >>


marikzio=mahのブログにようこそ。私の好きな音楽や映画を紹介しています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
最新のコメント
通りすがりです。 ペイ..
by 通りすがり at 23:57
https://www...
by Two-Tribes at 01:02
https://www...
by Two-Tribes at 23:51
シリーズ恋物語 「エロス..
by りゅう at 16:21
就小说艺术的角度而言,这..
by 安全套 at 01:47
I like the h..
by Cheap Snapbacks at 07:20
Hi there ver..
by Louis Vuit at 13:44
It¡¦s in poi..
by Pandora Charms at 17:50
millefeuille..
by marikzio at 14:01
あけましておめでとうござ..
by millefeuille at 20:50
☆Link☆
タグ
以前の記事
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧