Juvenex Spa
コリアンタウンのど真ん中にあるJuvenex Spa。日本語で青春スパとか若返りスパとでも言うのでしょうか?
エンパイア・ステートビルやメイシーズ・デパートが近くにあるミッドタウン、ということもあって、すごい人出。Juvenex Spaはその雑踏の中で通り過ぎてしまいそうな目立たないビルの5階にありました。
b0069502_924259.jpg
画像元 Juvenex Spa.com

看板やWebsiteのモデルは白人女性ですが、韓国人経営。NYにはコリアンが経営するスパや美容サロンが数多くあります。私が宿泊したグラマシー地区にもスパがあって、美しい白人女性の看板が掲げられていましたが、窓から見えた従業員はコリアンでした。

Juvenex Spaは24時間営業。JTB出版の『るるぶニューヨーク』でも紹介されていたので、気軽に利用できそうな感じがしたのです。お昼過ぎに行ってみると、受付カウンターにはキュートな白人女性が。コリアン系だから若い韓流お嬢さんがいるとばかり思ってたので、ちょっと意表をつかれました。
「アポイントメントは取ってましたか?」と聞かれ、「No」と答える私。
メニューを見せられ、コースについて説明をしてくれましたが、サイトでチェック済みだった、一番オーソドックスなコースにしました。韓国式垢すり、シャンプー、フェイシャル、マッサージで90分と言うもの。

白人の受付女性が私にサンダルを出してくれ、「Let' Go!」
てっきり、ロッカールームは別室になってるとばかり思ってましたが、部屋ではなく、スペースでした。ロッカーと着替えをするところが背もたれの高いソファーを並べて、軽く目隠しされている、という感じ。マッサージのおばちゃん達が控えているミニ・バーからは丸見えです。
黄色いバスタオルが2枚渡されました。バスタオルとガウンがもらえると思ってたのに...。
大きい方のタオルにマジックテープがついて、落ちないように固定されるハズなんですが、何度も使い古されたとみえて、マジックテープがほとんど剥がれている状態でした。

b0069502_10027100.gif準備が整うと、おばちゃんがフロアの中央に案内してくれます。
大部屋の中央には大きなお釜みたいなサウナと3つの浴槽、その周りにはシャワー、スチームサウナらしきボックス、マッサージ台のコーナーになっていて、マッサージ台がある所は軽く仕切られていました。
受付カウンターの横に巨大なお釜サウナがあって、このサウナが目隠しとなって、スパの中が見えないようになってる、という仕組みなんですね...。もちろん、個室らしき部屋もいくつかありましたが。

まず、おばちゃんにシャワーを浴びるように指示されます。シャワーは3つあるのですが、真ん中のシャワーが壊れていました。
シャワーの後は、サウナに通されました。中は薄暗くライトアップされ、レモンの皮が入ったお水が運ばれてきたので、このレモン水を啜りながら、ゆっくり発汗するのを待ちます。
サウナから出ると、お風呂に入るように言われました。
他の方のブログによると、レモン風呂、日本酒風呂、朝鮮人参風呂の3つのお風呂を楽しめる、と書いてあったのに、3つの浴槽のうちの1つしかお湯が入っていませんでした。それも超ぬるいレモン風呂。自分が来た時間帯はお客さんがあまりいなかったので、お掃除中だったのかも知れません。
なんかソンした感じぃ〜。もうちょっと遅い時間帯に来ればよかったのか?


レモン風呂に入ったあとは、スチームサウナ。
写真の様なガラス張りの箱に入りましたが、一部に軽くヒビが入ってました。
私の前に別のおばさん客(韓国人)がいたので、入れ替わるようにして中へ。
最初、すごく弱いサウナだな〜と思ってたのですが、突如"ぷしゅ〜っ"と音がして、白くて熱い霧がもくもく出て来て、自分の周りは真っ白に。「前が見えないよ〜っ!!」
b0069502_10182139.jpg

スチームサウナが終ると、ここからが本番!
手術台のようなベットへと、案内されるmarikzio。途中、すでに垢すりが始まっている他のお客さん(スチームサウナにいた女性)の"あられもないお姿"が竹の仕切り越しに見えました。ネットでチェック済みである程度の覚悟ではいたのですが、いざ目の当たりにするとビックリ。

実は韓国式垢すりは初体験。
おばさんが手袋型の垢すりを手に、丁寧に擦ってくれるのですが、噂に聞くような too muchな強さはありませんでした。あれ?すごく痛いって聞いてたのに...。見ればそれほど垢も出てないような。あっ、昨日の夜、ボディ・ショップのサンプルで洗ったから、すべすべで垢が出にくいのかなぁ?まぁ、強過ぎる垢すりで肌が荒れる人も結構いるみたいだから、こんなもんでいいのかも知れない。
うつ伏せになったり、横向きになったり、いろんなポーズを取らされながら(きゃっ、恥ずかしい!)、きれいに垢すりしてもらったのですが、腕をあげられた時に肩を脱臼しそうな気がして恐かったです。湯冷めしないように、時々お湯をかけてもらいます。
そして、お次はフェイシャル・パック。
石鹸で軽くお顔を洗うと、紙シートみたいなのを被せられ、視界を奪われます。ひやっとする感触のキュウリ・ペーストをシートの上に乗せ、自分は肌が弱いことを思い出し、肌荒れしないか不安になる。パック中も垢すりは続行。
パックの後は、シャンプーとトリートメント。最後に、全身マッサージでリフレッシュ。垢すり後の肌もオイルでトリートメントされ、ツルピカになっていました。

最後にもう一度、お釜サウナに入ります。湯冷めで体が冷えていたので、少し長めに入りました。
HPで見ると、すごくお洒落感があって、期待もしてたんだけど、う〜ん、一回行けば充分かなぁ。これで125ドル(14,500円)は高いのか、安いのか?
サウナから出た後は、マッサージしてくれたおばちゃんが、ミニ・バーで、メロンとパイナップルが乗った大きなお皿をサーブしてくれました。最初、こんなに一杯食べられるわけないじゃん!と思ったけれど、ペロリと平らげてしまいました。ジュースはないのかよっ!
受付にいた女性がバスタオル姿の私に寄って来て、満足できたかどうか聞いて来ました。もちろん笑顔でYES!と答えてしまいましたが。
私の前にいた韓国人客のおばさんは心得たもので、湯冷めしないように、すでに服を着てからミニ・バーでフルーツを食べていました。バリバリのハングル語でスタッフと喋る喋る。
ヘアドライヤーもあるので、濡れたままの頭で帰る心配はご無用。でも、私はパウダーファンデーションしか持って来なかったので、日焼け止めもしないで街を歩くことになってしまいました...。

しかし、事前にサイトをチェックして行って良かったよぉ。
「24時間営業」なんて言われたら、いつ行ってもいいと思ってしまいますが、時間割当があって、朝の7時から夜の7時までが女性専用。19時以降はco-ed(混浴)になってしまいます。
19時以降、女性禁止!というわけではないけれど、「こいつ何考えてんだ?」的な目で見られるし、殿方にはギョッとされてしまうでしょう。まぁ、それはそれで、でぃ〜ぷなNY体験になっていいのかも知れませんが。
それにしても、19時以降も、スタッフは女性なのかしら?
さっきも書いたけど、更衣スペースもサウナもシャワーもお風呂も、一緒の大部屋にあって、半野ざらし状態。そんな中で男性たちが歩きまわったり、あらゆる角度から垢すりされるって、スゴ過ぎます!
ちょっと気になる、気になる。(笑)
ちなみにカップルコースもあって、別室でサービスを受けることができるみたいです。垢すり等なしで、お風呂、サウナだけ使うこともできます。

**************************************

Juvenex Spaに思ったほど満足できなかったのか、Hotel17の近くにある「Nail & Spa」というサロンが気になってしかたなかった私。
同じコリアン系だけど、高級住宅街のグラマシーにあるので、ちょっと上品な雰囲気。でも、2日続けて、垢すりは肌に悪いし、スパにばっかり時間とお金をかけてもいられない。そう言えば、まだNYに来てからまだマニキュアしてもらってなかったから、ここでお願いしてみよう。
店内に入ると、若い韓国人男性が出迎えてくれたので、「まにきゅあ、ぷりーず」と言ってみた。
その彼は受付係だと思ってたのに、エステシャンで、なんと私のマニキュアを担当してくれました!若い韓流男性に手を握ってもらうことになるなんて、これは韓国ドラマファンの母に自慢しなくてはなるまい。
その男性ネイリストは非常に手際がよくて仕事が丁寧。ちょっとラメの入ったピンクのマニキュアもきれいに仕上げてくれて満足♪マッサージが非常に力強くで上手だと思いました。
前回の旅で入ったネイルサロンより、少々高かったけれど、これなら納得できます。彼は黙って仕事してたけど、他の美容師さんは客がいても喋る喋る。世間話に花を咲かせるのはどこの民族も一緒ですな。
ネイル中、ゴキゲンそうな白人系のおじさんが店の奥から出て来ました。スパ客らしい。やっぱり、昨日行ったJuvenexより、こっちの方が満足度高かったかも知れないなぁ。

もちろん、NYには日系サロンやその他の高級サロンもいっぱいあります。でも、リーズナブルなコリアン系は魅力的です。もちろん当たりもあればハズレもある。しかし、執念と好奇心を持って探せば、アナタにもきっと見つかる、自分だけのコリアン・サロン。
[PR]
by marikzio | 2006-08-31 10:18 | marikzio、NYへ行く Ⅱ | Comments(4)
Commented by Rimbeau at 2006-08-31 20:07 x
スパ・サイトの[Services Menu]のお姉サマがたの
ベタなセクシー・ポーズが笑えました!

サイトでは「ゴージャス感」たっぷりだったのに
現実は「ゴージャス韓」だったのですね。。。

またNYに行かれた時、そしてスパに行かれた時に
満足できるスポットにめぐり合うといいですね♪
Commented by marikzio at 2006-09-01 09:41
ほんと、このサイトは良く出来てると思います。"罠"でしたわ...。(笑)
セクシーお姉さまもそうですが、カップル写真もかなり笑えます。
わざわざ、NYでコリアン系を求めるのは準同国人的な香りがするからかも知れない。ほんとはコリアン・グルメも堪能したかったのに...。
Commented by hao at 2006-09-01 22:09 x
コメントありがとうございました!

女一人旅のhaoです。
とってもとってもおしゃれなブログですねー。

HPも拝見いたしました♪
素敵な女性というのがすごく伝わってきました。

これからもよろしくお願いします!
Commented by marikzio at 2006-09-04 10:38
HPまで読んで頂き、ありがとうございます。
"おしゃれなブログ"だなんて、気恥ずかしいです。
haoさんのブログも実用的な情報満載で楽しみにしてます♪
<< Najoua Belyzel ... The Hotel Chels... >>


marikzio=mahのブログにようこそ。私の好きな音楽や映画を紹介しています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
最新のコメント
通りすがりです。 ペイ..
by 通りすがり at 23:57
https://www...
by Two-Tribes at 01:02
https://www...
by Two-Tribes at 23:51
シリーズ恋物語 「エロス..
by りゅう at 16:21
就小说艺术的角度而言,这..
by 安全套 at 01:47
I like the h..
by Cheap Snapbacks at 07:20
Hi there ver..
by Louis Vuit at 13:44
It¡¦s in poi..
by Pandora Charms at 17:50
millefeuille..
by marikzio at 14:01
あけましておめでとうござ..
by millefeuille at 20:50
☆Link☆
タグ
以前の記事
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧